« 2014年少年犯罪、いじめ原因の事件 | トップページ | 鹿と猪、積極的に捕獲 »

2015年2月27日 (金)

姦通罪は違憲(韓国憲法裁)

 毎日新聞(2/27)から、

 韓国の憲法裁判所は26日、配偶者以外との性的行為を禁じた刑法の「姦通罪」について、違憲とする決定を下した。「個人の私生活に国家権力が介入してはならないというのが時代の流れ」との意見が多数を占めた。

 参照 韓国の姦通絡みの話題を取りあげた
    300日問題、前夫の子半数以下 2008/12
    やっと がてんんがいった 2007/10

 憲法裁では裁判官9人中7人が違憲、2人が合憲との意見を示した。2人のうち1人は唯一の女性裁判官で、「性道徳の乱れを招き、家族共同体が崩れかねない」と主張した。。違憲判断には6人以上が必要。

 1953年に刑法で定められた姦通罪は、既婚者が配偶者以外と性的関係を持った場合、2年以下の懲役を科してきた。87年の民主化後、国民の間に国家権力の過度な介入への拒否感が強まり、90年から4回にわたって姦通罪の違憲審判請求があったが、いずれも合憲との判断が示されていた。

 4度目の憲法裁の合憲判断(08年10月)以後、姦通罪で有罪となった約5400人は、今回の違憲決定によって再審請求が可能になった。

 韓国女性政策研究院の昨年6月の調査では、配偶者以外と性経験があると答えた既婚男性は36・9%、既婚女性は6・5%だった。姦通罪は、日本では47年に廃止された。

|

« 2014年少年犯罪、いじめ原因の事件 | トップページ | 鹿と猪、積極的に捕獲 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/61203872

この記事へのトラックバック一覧です: 姦通罪は違憲(韓国憲法裁):

« 2014年少年犯罪、いじめ原因の事件 | トップページ | 鹿と猪、積極的に捕獲 »