« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月31日 (土)

体罰処分教員 倍増3953人

 毎日新聞(1/31)から、

《教師は聖職か否か。マスコミを賑わしたことも今は遠い昔の話のように思える。》

 文部科学省は30日、2013年度に児童・生徒への体罰で懲戒などの処分を受けた公立学校の教員が3953人だったと発表した。過去最多だった前年度の1・8倍の大増幅。12年に大阪市立桜宮高で体罰を受けた男子生徒が自殺した問題を受け、各自治体で実態把握や処分の厳格化が進んだことが背景にある。猥褻行為での処分教員は過去最多の205人で1977年の調査開始以来始めて200人を超えた。

 調査対象は公立小中高校・特別支援学校など。13年度に免職、減給などの懲戒や訓告の処分を受けた教員は9494人。このうち体罰による処分は懲戒が410人(前年度比234人増)、訓告が3543人(前年度比1466人増)の計3953人(全教員の0・43%)。12年度の同省調査で判明した5415件の体罰事案が、12〜13年度にまたがって処分されたのが急増の要因。国立5人、私立217人を会わせると処分教員は4175人で、被害を受けた児童・生徒は計9256人に上る。

3_2 猥褻行為による処分は、計205人。最も多いのは前年度と同じ「体に触る」(56人)が、児童・生徒や同僚教員に電子メールで猥褻な文書・画像を送りつけるなどの性的嫌がらせが前年度の3倍の19人に増えた。

〖自治体の対策進む〗
 文部科学省が30日に公表した2013年度に体罰で処分された公立学校の教員は、過去最多の3953人で12年度と合わせ6206人に上った。自治体は再発防止策に取り組み、効果も出ている。

 体罰による処分教員が371人と、突出して多かった大阪市。12年に私立桜宮高で体罰を受けた男子生徒が自殺した問題を受け、市教委は12年4月に遡り再調査を実施。軽微な事案を加えたこともあり、処分人数が膨らんだ。ただ、このうち13年度発生分の処分は91人と大幅減。市教委は「指針策定や処分規定の厳格化などの取組みが浸透してきている」と話す。

 文科省は12年度に全国調査を実施したが、13年度以降も独自に調査を継続している自治体もある。神奈川県教委もその一つで「体罰禁止の意識づけにつながる」(担当者)。石川県教委は、13年度から部活動の問題を対象に研修を実施。生徒とのコミュニケーション力向上や怒りの感情を抑制する「アンガーマネージメント」に重点を置く。両県とも13年度の体罰発生件数は、前年度の5分の1に減った。

| | トラックバック (0)

2015年1月29日 (木)

特殊詐欺被害8割が高齢者

 毎日新聞(1/29)から、

 警察庁は29日、振り込め詐欺などの「特殊詐欺」を巡り、全国の警察が把握した2014年の被害額が約559億4000万円(前年比14%増)で過去最悪だったと発表した。被害額が500億円を超えるのは始めてで、被害者の約8割は65歳以上の高齢者だった。同庁は高齢者の被害が特に目立つオレオレ詐欺など3類型を捜査の優先対象とし、有力情報には対価を支払う制度も導入するなどして、被害抑止を目指す。

《特に高齢者に被害が多いことの背景には、家族からの便りなど連絡を待ちわびる年老いた高齢者たちの「待ってました」とばかりに受話器を取りあげる、孤立環境が浮き上がってくる。もう10年以上になる私の留守電(録音機能付き)利用による応対では、先ず、オレオレに騙されることがない。そばで呼び出しベルが鳴っても決して受話器は取りあげない。それに、「オレ、オレ」の呼びかけでは絶対に家族の誰も騙されることがない。それは、物心ついた頃から、私の家族は未だかつて自分のことを「オレ」と口にする兄弟はいなかったからだ。成長してからも全員「ぼく」としか表現しないから。私の長男も「ぼく」を使って40歳を超えた。話は逸れたが、「かかってきた電話には決して応対のためには出ないこと」が詐欺に遭わないですむ鉄則だ。1年ほど前に、警察から詐欺に要心の電話での呼び掛けがあった。それには上のように応対し、相手が話すことを聞いて確認してからでないと応対しないことを返事した。警察が誰かから聞いてそうしているのかと質問されたが、以前から迷惑電話で困っていたので、留守録を取り付けた随分昔から実施している旨答えた。その時の警察側の話で、詐欺する側は、録音されることを嫌うのでそれがベストの対策です、と教えてくれた。》

 1同庁によると、警察が被害を確認した件数は同11パーセント増の1万3371件だった。被害者のうち65歳以上は男性が2510人、女性が8030人。全体に占める「高齢者率」は78・8%で、統計を取り始めた11年に比べると16・1ポイント増えた。

 詐欺の形態別では、前年から増加した被害のほとんどは、現金を宅配便やレターパックで送る現金送付型が占めた。
 詐欺グループにとっては、
 ①現金自動受払機(ATM)利用限度額の制約がない
 ②被害者と顔を合わせる必要がなく、逮捕のリスクが少ない
⎯⎯⎯⎯のメリットがあり、現金送付型の被害額は同62%増の約212億円と急増した。

2 地域別では首都圏の被害が目立つが、現金送付型の被害について高齢者の人口で割って都道府県別に比べてみると、滋賀や宮城など地方圏も上位に並んだ。

 摘発のペースが遅れている地域が標的となっている可能性があり、ワーストだった滋賀県では現金送付型の摘発件数はゼロだった。警察幹部は「詐欺グループの拠点である首都圏だけでなく地方も含めた対策を強化する」と話す。

 警察庁が捜査の力点を置く3類型は、▽オレオレ詐欺 ▽医療費などの還付を装ってATMを操作させる還付金等詐欺 ▽投資などの取引を装う金融商品詐欺⎯⎯⎯で、被害額は全体の約7割を占める。
 
 一方、14年に警察が摘発した容疑者は同12%増の1990人で過去最多だったが、首謀格は74人にとどまった。

 容疑者の内訳で最も多かったのは「受け子」と呼ばれる現金受け取り役の1016人で、うち238人は少年だった。

 また、暴力団関係者の摘発が同38%増の689人に上り、資金源となっている傾向がさらに強まった。

 摘発強化策として、暴力団捜査などの情報窓口として最高10万円が支払われる「匿名通報ダイヤル」を活用し、4月からは特殊詐欺に関する情報も受け付ける方針。

| | トラックバック (0)

2015年1月28日 (水)

高校内カフェ

毎日新聞(1/28)から、

 高校の中に、カフェなどの形で生徒の居場所を設け、中退や不登校を防ぐ全国的に珍しい取組みが大阪にある。運営は若者支援に実績のある民間団体が担う。高校中退は、引きこもりやニートなどのように社会との接点を失うきっかけになるとも指摘される。カフェは生徒の「まだ悩みにもなっていない声」を掬い取り、社会に繋ぎ止める歯止めになってきる。

 文部科学省によると、2013年度の高校の不登校率、中退率はともに1.7%だが、大阪府は不登校率3.2%、中退率2.4%で、いずれも全国ワーストだ。

 内閣府が10年、高校を中退して2年以内の2651人に実施した調査(回答率44.4%)では、全体の56.2%が「現在働いている」としたが、その8割弱が「フリーター・パートなど」。全体の約7割が「将来に不安がある」と答えた。10代後半の子どもがいる家庭全体と比べ、一人親家庭の割合が高く、6割が家族の経済状況について「苦しい」と答えた。

 学校に来られなくなる生徒について、箕面東高(大阪府立、多部制単位制)の森本教諭(60)は「貧困、発達障害、対人関係の不得意さなど複雑な理由が絡み合っている。以前は『行きたいのに行けない』と葛藤する生徒が多かったが、今は葛藤する気力すらない印象だ」という。その上で「カフェで安心を得て初めて、生徒は困りごとに気づき、悩みk始める。長年教育相談に関わってきたが、外部機関と連携した学校内の居場所の効果を実感している」と話す。

  「あけおめ!」「正月何してた?」今月初めの箕面東高校。午後0時15分、昼休みのチャイムが鳴ると、生徒が弁当を手に「めいぷるカフェ」に集まってきた。二つの応接セットと木箱の簡易ベンチはすぐに満席に。大声で友だちとはしゃぐ子もいれば、1人で本を読む子もいる。

 午前9時から午後5時半まで、生徒は授業の空き時間や放課後などの好きな時に来て、それぞれの時間を過ごす。見守るのは、若者の就労支援などに取組むNPO法人「フェルマータ」(同高槻市)の20代のスタッフらと、学校心理士の資格を持つ森本教諭だ。一緒にゲームをしたり、談笑したりと「ただいるだけ」だが、生徒から「聞いて聞いて」とひっきりなしに声がかかる。

 箕面東高は、小・中学生時代に不登校の傾向があった生徒も少なくない。カフェは2013年5月末にオープンした。昨年度は全校生徒の4分の1が一度は来室し、今年度も1日に平均約20人が利用する。森本教諭は「教室には入れないが、カフェに来られる子もいる」と話す。

 3年の女子生徒(19)は「ここがなかったら、学校をやめてた」と言う。母子家庭だが、小学生の頃から母親がおまり帰らなくなり、体の悪い祖母だけが頼りに。「小さい頃から人付き合いが苦手。仲良くなっても、すぐ『嫌われるかも』と思って距離の取り方が分からない。高校に入ってクラスに溶け込もうとしたけど、すぐしんどくなった」。

 授業を欠席しすぎて卒業を諦めかけた頃にカフェができた。NPOのスタッフと話すのが楽しみになった。「本の感想とか、ストレスとか何でも聞いてもらえる。家で味わったことがないから『何、この不思議な感じ』って」。

 カフェに行き始めて数ヶ月後、母親と関係が行き詰まり家を出たが、カフェを通じて森本教諭らに相談したため、地域の支援団体につながり、安定した生活ができちえうR。

 こうした取組みは、大阪府が13年度から始めた「高校中退・不登校フォローアップ事業」で、現在4団体が私立も含め8校で展開している。

 事業展開のきっかけは、前年に始まった府立西成高校(大阪市)の「となりカフェ」の成果だった。運営に関わる一般社団法人「Officeドーナツトーク」の辻田梨紗(32)は「引きこもりの人など、生きづらさを抱える30〜30代を支援してきたが、高校中退者が多い。早い段階で支援ができたらと発案した。手応えを感じている」と語る。

 西成校は経済的に厳しい家庭環境の生徒が多く、1年に全校生徒約500人のうち1割ほどが学校を去ってしまう。となりカフェは週3日、昼休みと放課後に開かれ、常時20人が来る人気ぶりだ。スタッフは生徒の言動から「家に帰れていない」など生活環境の変化を察知し、深刻なケースの場合、学校と連携して解決に動く。中退してしまいそうな生徒も、法人が運営する別の就労支援の場や、他の団体や機関とつなげている。

 南野校長は「カフェで異変をキャッチしてくれたことで育児放棄が疑われ生徒が一時保護された例もある。家のように感じている生徒もおり、セーフティネットが一つ増えた」と喜ぶ。

 ただ事業は存続の危機にある。府は事業に国の緊急雇用創出基金を活用し、今年度は5253万円を充てたが、来年度の予算のめどが立っていない。

 子どもの貧困に詳しい大阪府立大の山野則子教授(児童福祉)は「生活保護世帯の子どもの約9割が高校に進学するが、中退率は一般家庭の約3倍。貧困が再生産されないためにも中退を防ぐための居場所づくりは意義がある」と指摘する。「他の自治体も、国も拡充を目指しているスクールソーシャルワーカーの活用など工夫次第で導入できる。それには、支援に入る外部機関と学校との信頼関係や、行政の福祉と教育分野との協力体制が大切だ」と話している。

| | トラックバック (0)

2015年1月26日 (月)

名前の漢字にルールがあるの?

 毎日新聞(1/26)から、

 今月から「巫女(みこ)」の「巫*」の字が人の名前に使えるようになった。名前に使える漢字は戸籍法の施行規則で定められいる。現在は常用漢字2136字、人名用漢字は「巫」が加わって862字になった。このほか平仮名や片仮名、「々*」など一部の記号も使える。

 巫 ‥‥ 音(ブ、フ)訓(みこ、かんなぎ)
 々 ‥‥ 繰り返し符号で 同の字点(ノマ点)

 Q どういう基準で決まるの?

 A 戸籍法は「子の名には、常用平易な文字を用いなければならない」と定めている。普段から使われていて、分かりやすい文字がいいという考えだ。法務省民事局によると、昔は使える文字に制限はなかった。1946年に当用漢字1850字が定められて以降、見直しを重ねて増えてきた

 Q 「巫」が追加されたのはなぜ?

 A 三重県松坂市の夫婦が、市役所で子どもの名前として認められなかったため、家庭裁判所に不服申し立てを行なった。昨年8月、名古屋高裁で申し立てを認める判断が確定したことを受けて、規則改定された

 Q 裁判所が使える文字を判断することもあるんだな

 A 子どもの名前などを届ける出生届は市区町村長が受理する。申し立てを受けて、裁判所が認めれば受理するよう命じる。2004年には大規模な規則改正で使える文字が大幅に追加されたが、「巫」と同様に裁判所で使用を認める判断が相次いだため、本格的な見直しを行なったという

 Q 決まった文字の中なら、何を使ってもいいのかな?

 A 常用漢字には、良くない意味を持つものもある。こうした文字を使った名付けが自治体や裁判所で認められなかった事例もある。難解なものや卑猥な意味の場合も「命名権の乱用」と判断される可能性がある

 Q 同じ漢字でも名前の読み方は人によって違うね

 A 戸籍法は、漢字の読み方を規定していない。このため通常の読み方と異なる名付けをするケースもある

 Q 気に入らない名は変更できるの?

 A 氏名を変更するには、裁判所の許可が必要だ。生活に大きな支障があるなどの事情があれば可能だが、好き嫌いという理由では難しい。名前は基本的に一生、使っていくもの。赤ちゃんに名付けをする人は、良い名前を考えてほしい

| | トラックバック (0)

2015年1月25日 (日)

死刑制度 容認8割(内閣府調査)

 毎日新聞(1/25)から、

《私は基本的に死刑賛成論者だ。》

 内閣府は24日、死刑制度の関する世論調査の結果を発表した。死刑を容認する回答は80・3%(前回比5・3ポイント減)で3回連続で8割を超え、制度への国民の支持は依然高いことが裏づけられた。廃止を求める人は9・7%(同4ポイント増)だった。ただ、終身刑を導入した場合の死刑容認派は半数程度にまで減るとの結果も今回初めて出た。1死刑存廃に関する選択肢は
 ①死刑は橋すべきだ
 ②死刑もやむを得ない
 ③分からない ⎯⎯⎯の三つ。
前回までの①どんな場合でも死刑は廃止すべきだ ②場合によっては死刑もやむを得ない ③分からない ⎯⎯⎯を有識者検討会の意見をふまえて変更した結果、容認派の減少と廃止派の増加につながった可能性がある。

 死刑容認派の理由(複数回答)は「廃止すれば被害を受けた人や家族の気持ちがおさまらない」が53・4%、「命で償うべきだ」が52・9%でそれぞれ前回より微減。「生かしておくと同じような犯罪を犯す危険がある」は47・4%で、前回より増加した。

 廃止すべきだとの回答の理由(同)は「裁判で誤りがあった時に取り返しがつかない」が46・6%。前回最多だった「生かして償わせた方がよい」(41・6%)や「国家であっても人を殺すことは許されない」(38・8%)が続いた。

 調査は1956年に始まった。10回目の今回は20歳以上の男女3000人を対象に昨年11月、面接方式で実施。1826人から回答を得た。前回は2009年、前々回は04年に実施している。

 今回の調査では初めて、仮釈放がない「終身刑」が導入された場合の死刑制度の存廃について尋ねた。その結果、「廃止する方がよい」が37・7%に達する一方、「廃止ない方がよい」は51・5%にとどまった。

 日本では、「懲役20年」よいったような満期が決まっていない「無期懲役」が死刑についで思い刑になっている。刑期は終身だが、刑法は10年を過ぎると仮釈放できると規定している。更生への意欲が認められたような場合が対象となる。

 法務省によると、2004〜13年に70人の無期受刑者が仮釈放されたが、仮釈放までの平均受刑期間は04年の25年10カ月から13年の31年2カ月長く待った。この10年で146人が受刑中に死亡しており、無期懲役は実質的に終身刑化しているとの指摘もある。

 今回は、無期懲役は「仮釈放される場合がある」、終身刑は「仮釈放される場合がない」と説明したうえで質問した。「分からない」は10・8%だった。

| | トラックバック (0)

2015年1月22日 (木)

祖母・母殺害少女を医療少年院送致に

 毎日新聞(1/22)から、

《人間の特性を作り上げるのは持って生まれた遺伝か、生まれ育った環境による影響か。相反する考え方があるが、現在の世の中の各方面で惹起する多種事件を見れば、個人的には環境説をとらざるを得ない。》

 北海道南幌町の自宅で昨年10月、祖母(当時71歳)と母親(当時47歳)を刺殺したとして、殺人の非行内容で札幌家裁に送致された高校2年の女子生徒(17)について、同家裁は21日、医療少年院送致とする保護処分を決定した。決定理由で栗原裁判長は「祖母と母から虐待を受けていた事実があり、非行(殺害)に至る経緯や動機に影響している」と認定。検察官送致(逆送)をして刑事責任を問うよりも、治療などによる社会適応が必要と判断した。

 少年法は、故意に被害書を死亡させた16歳以上の少年は原則、逆送すると規定。考慮すべき事情がある場合は例外的に保護処分にできるとしている。

 付添人弁護士によると、生徒は虐待により心的外傷後ストレス障害(PTSD)になっているという。

 栗原裁判長は決定理由で、生徒には事件当時、完全に責任能力があったと認定。「原則として逆送すべき事案。結果は極めて重大で、計画性も認められる」と前置きした。そのうえで、虐待が及ぼした影響を指摘し、「精神状態や年齢を考えると刑事処分は相当でなく、医療少年院に送致して治療や矯正教育で社会適応を図るべきだ」と判断した。

 付添人弁護士によると、生徒は幼少時から祖母と母親から虐待を受けていた。6歳ごろには祖母から複数回、足払いされて転び、頭に血腫ができた。

 通報を受けた岩見沢児童相談所は、児童福祉法に基づき自宅訪問や面談を重ねた。だが虐待は続き、高校入学後は、暖房設備がない自宅敷地内のログハウスで生活させられるなどしたという。

 弁護士によると、生徒を調査した家裁調査官は報告書で「壮絶な虐待」と記したという。弁護士は「決定は治療を受けながら更生にもつながり、順当な判断だ」と評価した。

 決定などによると、生徒は昨年10月1日未明、自宅で寝ていた祖母と母親の首を包丁で突き刺すなどして殺害した。

 札幌地検は鑑定留置の結果、生徒の刑事責任能力に問題はないと判断。昨年12月25日に家裁送致した。生徒の同級生や保護者らは、社会復帰の機会が損なわれないよう、公開で裁判を行わないことを求める嘆願書と計約1万9000人分の署名を地検と家裁に提出していた。

《同情するのはいいが、ただ、当人が矯正できるかどうかは別問題だ。》

| | トラックバック (0)

2015年1月21日 (水)

続・負けて言い訳はしないもの

 毎日新聞(1/21)から、

 参照 負けて言い訳はしないもの 2010/05

《クルム伊達という小母さんが、またまた負けて言い訳をした。それも昨秋に右足付け根(股関節か?)を傷めたことを理由にして。5年前にも同じような言い訳をしているのだが、相手に対して失礼な言葉であることを思いやることもできないのか。》

 44歳のクルム伊達は1968年のオープン化以降、女子シングルスの大会最年長出場記録を塗り替えたが、20歳年下のタチシビリにストレート負けした。昨秋の東レ・パンパシフィック・オープンで右足付け根を痛めた影響で本来の動きが戻らず、会見室で「約1カ月半、歩くことすらできなかった」と、悔し涙を流した。今月に入り、体がついて来ない日々が続き「年齢なのか、怪我なのか、気持ちなのか」と悩ましげだったクルム伊達。コートに立つべきか悩んだというが、21日のダブルスに向け「気持ちをしっかりとやりたい」と切り替えようとしていた。

《年にしては頑張っているなとも、偉いとも思わない。負けてぐずぐず言うくらいなら、さっさと止めればいい。》

| | トラックバック (0)

2015年1月20日 (火)

改正道交法(自転車)携帯使用事故も摘発2回で講習

 毎日新聞(1/20)から、

 悪質な自転車運転者に対し、安全講習の義務化を盛り込んだ改正道路交通法の施行例が20日、各切れって伊された。6月1日施行。施行令は、酒酔い運転や信号無視など計14項目の違反を「危険行為」と定めた。所管する警察庁によると、3年以内に2回以上、摘発された違反者が講習を受ける。全国での対象者は年間数百人になる見通し。

1事故を起こした際、携帯電話を使用していたケースも摘発の対象となり得る。事故を誘発する運転を危険行為と明文化し、運転者が「加害者」になる深刻な事故を抑止するのが狙いだ。

 危険行為は他に、一時停止や歩行者専用道での徐行運転義務の各違反、ブレーキのない自転車の運転など。

 警察庁によると、危険行為をした運転者はまず、警察官から指導・警告を受け、従わない場合には、交通違反切符を交付される。2回以上の交付で講習の対象となり、受講しないと5万円以下の罰金が科せられる。講習は3時間。内容や方法は施行までに決める。

 自転車と歩行者や、自転車単独、自転車同士の事故は2003年、全国で1万443件発生し、うち死亡事故は61件だった。だが13年には8141件で死亡事故は93件となり、死亡事故が割合、件数とも増えている。

| | トラックバック (0)

2015年1月18日 (日)

昨年の刑法犯認知件数 全国ワースト4位(埼玉)

<参考:昨年1年間の全国刑法犯認知件数>
 警察庁は8日、昨年1年間の刑法犯認知件数(速報値)が121万2240件だったと発表した。前年(131万4140件)比7・8%減で、12年連続の減少。年間で130万件を下回るのは1979年以来となる。罪種別では窃盗89万7309件と初めて90万件を切り、戦後最少を記録した。最多だった2002年(237万7488件)と比べると、車上狙いや自転車盗が大きく減っており、警察庁の担当者は「街頭犯罪対策や防犯意識の高まりが影響しているのではないか」とみている。

 2013年に戦後初めて1000件を下回った殺人は同12・4%増の1054件。刑法犯の罪種についrて、殺人や強姦などの凶悪犯 ▽贈収賄や詐偽などの知能犯 ▽窃盗犯 ⎯⎯などの5種類に分けたところ、知能犯だけが増加。振り込め詐欺が同22・2%の1万1241件に上ったことなどが影響したと見られる。

 一方、摘発件数は同6%減の37万600件、摘発人数も同4・3%減の25万1178人だった。いずれも10年連続の減少。検挙率は0・6ポイント増の30・6%だった。

 毎日新聞(1/18)から、
1埼玉県警は、2014年中の県内の犯罪状況(速報値)を発表した。刑法犯認知件数は前年より7295件少ない7万6859件。ピークだった04年以降10年連続で減少したが、東京、大阪、愛知に次ぐ全国ワースト4位(前年も同順位)で依然として高水準にある。なかでも振り込め詐欺など「特殊詐欺」の増加が著しく、前年より26・5%増えた。

 昨年中の刑法犯検挙件数は前年比2389件減の2万1300件で、やはり全国で4番目に多かった。検挙率は同0・4ポイント減の27・7%だった。

 警察官100人当りの刑法犯認知件数は678・1件で、大阪に次いで全国で2番目に多かった。警察官100人当りの検挙人員は134・1人で、同じく全国2位の高い水準だった。

 殺人や強盗、放火、強姦など重大な6犯罪に限定すると、認知件数は1054件で前年比95件増加。検挙件数は76件増の751件だった。検挙率は71・3%(前年比0・9ポイント増)で、2010年以降5年連続で70%を超えた。

 罪名別の認知件数は、放火が89件(同58件増)と大幅に増加。73件の殺人(同27件増)や295件の強盗(同19件増)も増えた。強姦は79件(同4件減)だった。

 詐欺の認知件数は2114件で、前年比443件の大幅増。増加分のほとんどが振り込め詐欺や投資詐欺などの特殊詐欺だった。

 一方、窃盗の認知件数は5万6920件(同6350件)で、02年の14万6175件をピークに03年から12年連続で減少。なかでも自動車盗は858件(同831件減)で半減した。ひったくりも608件(同276件減)で大幅に減ったが、検挙率は56・4%で前年比20・7ポイント低下した。

| | トラックバック (0)

2015年1月17日 (土)

リベンジポルノ法成立

 毎日新聞(1/16)から、

 リベンジポルノを規制する法律ができた。正式には「私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律」という名称。リベンジポルノとは、別れた恋人などのプライベートな写真や動画をインターネットなどに流出させること。最近、ストーカーの加害者などが嫌がらせのために画像をネット上に拡散させるケースが問題になっていた。自民党を中心に議員立法でまとめ、昨年11月の参院本会議で可決、成立した。

 Q どんなことが罰せられるの?

 A 写された人が特定できる方法で、個人的に撮影した性的な画像を不特定多数に提供すると、3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科される。広く拡散させる目的で、LINE(ライン)などで特定の少数者に提供しても1年以下の懲役または30万円以下の罰金になる

 Q リベンジポルノはこれまで罰する手段がなかったのか

 A いいや。児童ポルノ禁止法や刑法の猥褻物頒布罪、名誉毀損罪などを適用して立件していた。ただ児童ポルノ禁止法は被害者の対象が18歳未満に限られる。名誉毀損罪は被害者の社会的評価を低下させる恐れがあるかどうかの立証が難しく、それぞれにハードルがあった。今回の立法化でリベンジポルノという行為そのものが犯罪であることが明確になった

 Q 容疑者を摘発しても、ネットに広がった画像を削除するのは難しいよね

 A そうなんだ。問題のある画像が掲載されたサイトには警察が削除要請をする場合もあるが、海外のサイトの場合は責任者に連絡を取るのも大変で、要請しても拒否されればそれ以上の対応は無理だ。仮にサイトから削除しても、画像をダウンドードした人物が別の掲示板などに載せることもある。新しい法律ではネットのプロバイダー(接続業者)が被害者からの削除の申し出に迅速に対応できるようにした

 Q 被害に遭わないためにはどうしたいい?

 A ある相談機関によれば、被害を受けた少女らの多くは安易な気持ちで撮影させたり、「彼氏に頼まれて断れなかった」と話したそうだ。親しい間柄でも裸の写真は撮らせず、自分で自分を守ることが大切だ

《お互いに舞い上がった状況の時、ちょっとした悪ふざけをしたつもりが、後になって取り返しのつかない苦境に陥って泣きを見ることになる。》

| | トラックバック (0)

2015年1月16日 (金)

運転免許制度見直し(高齢者事故 減少期待)

《私は、81歳の誕生日で車から離れた。何度か受けた高齢者適性検査には不安はなかったが、61歳で左目を網膜剥離で2度の手術をし、その後、80歳を過ぎた頃から網膜剥離術後に現れる白内障で左目がかすみ出し、右目に頼る視野狭窄に不安を抱き、他人へ危害を加えることになる前に、思い切って車を手放した。心配していたことだが、83歳になった現在、買い物に出かける度に不便を覚えている。特に買い物で荷物が多くなったり、郵便局でないと取り扱わない用件の場合、片道10〜15分だった所要時間がその倍はかかるようになってきた。現在人口32万を超す市でも、50年ほど以前に村を寄せ集めて6万人ほどからスタートした町では、未だに不都合が至る所にあって毎日の買い物も、近所には小さなセブンイレブンが1軒だけ、そのため少ない本数のバスを利用したり、悪天候の時にはタクシーを利用することが増えた。今のところ救いなのは、網膜剥離で1カ月間と10日の入院と歯医者以外、半世紀以上病院に通ったことがないことだ。》

《記事にもあるが、高齢者の事故の減少は期待できるのかもしれないが、生活の足の利便性の悪さをどのように救済していくのかが、過疎地になるほど難しい問題として残るだろう。》

 毎日新聞(1/16)から、
          
1
 警察庁は15日、道路交通法改正試案を公表し、75歳以上が運転免許更新時に義務づけられている認知機能検査を活用、不十分だった認知症の進行具合の確認を強化する方針を明らかにした。高速道路の逆走事案の半数近くを75歳以上が占めるなど、認知機能低下が懸念される高齢ドライバーへの対応が急務となった事情がある。一方で、専門家からは、生活手段としてくる間が不可欠な地方の高齢者らへの支援が同時に必要だとの声も上がる。認知症と高齢ドライバーを取り巻く現実を追った。

 今月7日。東京都板橋区の5号池袋線。逆走していた茨城県稲敷市の男性(83)の軽乗用車が大型トラックと衝突し、男性が死亡する事故があった。警視庁高速隊によると、男性は前日正午ごろに自宅から外出したままで、家族が地元の警察に届け出ていた。家族は「認知症だった」と説明したという。

2_2警察庁によると2013年の免許保有者10万人当りの死亡事故件数で、75歳以上は75歳未満の約2・5倍。道交法は、認知症だと診断された場合、免許の停止・取り消しを定めているが、幹部は「認知症の人が見逃されてきたことは否定できない」と認める。

 実施されている認知機能検査は、30分にわたって当日の年月日を質問したりイラストの記憶力を調べたりして、認知症の進行度を3段階で判定する。

3_2 ただ、認知症の恐れありという最も深刻な第1分類と判定されても、過去1年間に逆走や一時不停止などの違反行為がなければ医師の診断を受けることなく免許を更新できた。警察庁によると、13年に検査を受けたのは約145万人に上り、このうち約3万5000人(2・4%)が第1分類と判定された。しかし医師の診断を受けたのは524人だけで、最終的な免許の取り消し・停止は118人だった。

 第1分類と判定された後も車に乗り、事故につながるケースもあり、13年は少なくとも7件の死亡事故があった。検査が導入された09年に診断を義務づけなかったことについて、警察幹部は「反発を考えるといきなりの義務づけは難しかった」。昨年6月施行の改正道交法では、認知症などの患者を診察した医師が任意で各都道府県公安委員会に届け出ができるようになったが、都内では昨年末時点で3件にとどまるなど、高齢者本人の意向に左右されかねない事態が続いてきた。

 試案では、第1分類と判定されれば医師の診断が義務づけられ、認知症と確定すると違反行為がなくても免許が取り消される。

《当然の対策だろう。思いやりが認知症老人の運転する車を「走る凶器」として野放しにしてきたことになるからだ。》

 また、認知機能の低下が深刻ではないと判定された第2、第3分類の人たちへの対策も強める。現行制度では、こうした人たちが更新後に逆走などの違反をしても、次の更新時期(3年後)までは検査や医師による診断機会はなかった。

 しかし認知症の新興度合いには個人差がある。昨年4月、広島県の高速道で89歳の男性が運転する軽トラックが約5㌔を逆走。男性は「自宅に帰るつもりだった」と話したが、方向は逆だった。男性は11年11月の更新時の検査では第3分類で、この後に認知機能が低下したとみられる。警察庁が1回目の検査で認知症の恐れがなかった人についてサンプル検査したところ、次回検査では1割以上の人の機能が低下していた。

 試案では、第2、第3分類と判定されて人でも一定の違反があった場合は臨時検査を義務づけ、機能低下の恐れがあれば講習を受けてもらう。検査で第1分類とされれば医師の診断が必要となる。

 認知機能が低下した人が運転することは、どんな危険をはらむのか。

 車の運転には「認知、予測、判断、操作」の能力が必要だが、認知症で行為や行動に影響が出てくると安全な運転が難しくなる。認知症の種類によって運転に表れる特徴が異なる。
 ▽アルツハイマー病では運転中に行き先を忘れる
   ・駐車や幅寄せが下手になる
 ▽ピック病では交通ルール無視・運転中の脇見
   ・車間距離が短くなる
 ▽血管性認知症では運転中に「ポーッ」するなど
   注意散漫になる・ハンドル操作などがおそくなる
⎯⎯⎯などの特徴がみられる。

 ただ、認知症と車の運転を研究している高知大医学部の上村直人講師(老年精神医学)は「『こうなったらやめさせるべきだ』という医学的基準について、完全なものは世界中でまだできていない。認知症だから運転能力がない、というわけではない。軽い人では能力が落ちていない人もいる」と説明する。

 車の運転ができないことは本人や同居する家族の生活の「足」を奪われる深刻な問題だ。島根県の精神科医、高橋幸男医師は「運転をやめるよう助言すると、『先生は私を殺す気か』と言われることもある。認知症になっても買い物など本人の暮らしは続く。運転をやめさせるなら、暮らしや生きがいを支えるための代替手段が必要」と指摘する。

《殺し文句の『私を殺す気か』は他人を殺してからでは言い訳にもならない。》
  
  認知症で運転を中止しなければならない時の家族や周囲の対処の仕方について、国立長寿医療研究センターの荒井由美子・長寿政策化学研究部長らが作成した家族介護者向けの「家族介護者のための支援マニュアル」が公開されている。

 マニュアルでは認知種の人が運転できなくなった場合、まずは家族や知人・友人で代わりに運転してくれる人を確認したり、地域で使える公共交通機関や移動支援サービスを市区町村窓口で尋ねたりするよう勧める。荒井部長は「ご本人にとっての運転の意味を確認したうえで、家族や周囲が代替移動手段を確保していく支援をすることが必要だ。運転に『楽しみ』や『生きがい』など移動手段以外の意味を感じている人も多い。運転代わって楽しめる活動を見つけることも大切だ」と話す。

| | トラックバック (0)

2015年1月15日 (木)

大学卒業要件厳格化へ

 毎日新聞(1/14)から、

 参照 大学生の意識変化 12/10
    「大学生数学基本調査」から 12/02
    公立高入試、推薦廃止が広がる 09/11
    多すぎる大学 06/06

 文部科学省は大学入試改革の一環で、各大学に対し入学者の「受け入れ方針」(アドミッションポリシー)や卒業させる学生像を明確に定めた「卒業方針」の策定を義務づける方針を定めた。国は大学入試と大学教育の一体改革を目指しており、「入り口」の入試改革を進めると同時に「出口」である卒業要件を厳格化。卒業する学生の質も確保することが狙いだ。来年度中に省令である大学設置基準の改正を目指す。

 大学入学者の「受け入れ方針」は、大学の強みや特色、それに沿って入試で重視する能力などを明示して「入学してほしい学生像」を示す。学生の「卒業方針」は、各大学が学生に身につけさせる学問やスキルを示し、社会に送り出す具体的な卒業生像を書き込む。

 受け入れ方針は現在、学校教育法施行規則で「策定した場合、公表する」という規定にとどまっている。このため、同省は大学が満たすべき設置基準を改正し、策定を義務づける。卒業の関する要件は、在学年数や習得単位数が現行の基準にもあるが、大学ごとに受け入れ方針と教育方針、卒業方針をセットにした一体的な見直しを求める。

【大学設置基準】
 学校教育法に基づき、旧文部省が1956年に定めた省令。大学教員の資格、学生定員、設備、カリキュラムなど大学を設置するうえで必要な最低基準を示す。大学新設などは、この基準をもとに審査される。91年には大幅に緩和され、各大学が専門教育重視の教育課程を組み、教養部の解体などを招いた。大学の質を確保する観点から緩和が行き過ぎではないかという批判もある。

 入試改革を巡っては、国は知識量を問う「1点刻み」型入試から「多面的総合評価」への大転換を目指している。受け入れ・教育・卒業方針の策定が義務化されれば、各大学は入試の募集要綱などで受け入れ方針を明示し、これに沿った入学者選抜を実施。教育内容や養成する学生の基準が明確になり、「卒業方針」の水準に達していない学生は留年させたり卒業見送りにしたりするなどして、安易に卒業させない大学作りが進むことになる。同省は、しっかりした学生を社会に送り出す責任を果たす大学を財政的に支援して、改革を加速させる方針だ。

 設置基準に罰則規定はないが、基準項目は7年以内に1度、各大学に義務づけられている第三者機関による認証評価で判定され、その結果が公表される。

 同省は、今年3月までに受け入れ方針の事例集を作成し、来年度中に指針を作成する計画だ。

〖現場が混乱する懸念〗
 中島哲彦・名古屋大学大学院教授(教育行政学)の話  大学の教育水準を上げるのが狙いだろう。多くの大学は今「このままではよくないと考え、格闘している。学生の現状を見ながら、どういう働きかけが効果的か、試行錯誤している最中だ。大学の自主的な改革を否定すると、現場が混乱する可能性がある。また、国が求める基準を満たさない大学、学生が排除されかねない。そういう意味では強引な印象を受ける。

〖学習成果の可視化必要〗
 中教審高大接続特別部会委員を務めた浜名篤・関西国際大学長の話  大学教育、学生の質の確保は確かに重要だ。現状の大学教員による成績評価は統一されたものではなく、適切とは言い難いのも事実。ただ、今の成績評価のあり方を単純に厳しくするだけでは問題が拡大してしまう可能性もある。各大学が成績評価の観点や基準を明確にし、学生の学習成果を可視化することが求められている。
  

| | トラックバック (0)

2015年1月14日 (水)

孤立する性的少数者

 毎日新聞(1/12)から、

 性的マイノリティー(少数者)の人権を巡る政策提言などを行なう民間団体「ゲイジャパンニュース」(東京)が、周囲に何らかの暴力を受けたことのあるトランスジェンダー(自認する性と体の性が一致しない人)や同性愛者ら性的マイノリティーの「女性」50人に面談調査したところ、半数以上が「自殺を考えたことがある」と回答したことが分かった。性的マイノリティーの「女性」に焦点を当てた調査は珍しく、周囲の無理会と支援体制の乏しさが浮かんだ。

【性的マイノリティー】
 自分自身をどの性別と考えるか、どの性別が恋愛対象かなどの認識が多数派と異なる人たち。レズビアン(女性同性愛者)、ゲイ(男性同性愛者)、バイセクシュアル(両性愛者)、トランスジェンダーなどさまざまで、頭文字から「LGBT」と称されることもある。

《と、書いていても、気持ち悪さに首筋に悪寒が走る。私はねっからの偏見の持ち主だ。ただただ嫌悪感で身震いがする。半数以上が自殺を考えた、というが、人生を生きていれば、殊更性的マイノリティーを取りあげなくても、ノホホンとは生きていない、物事を真剣に考える人間であれば、自殺を思う時期は恐らく多くの人にもあるだろう。》

 調査は2010年11月〜12年3月、マレーシアやフィリピンなどアジア5カ国で、同じ質問で実施された。日本では同団体が中心になり、東北から九州までの6地域で50人から話を聞いた。

 受けたことのある暴力として、心理的、身体的、性的の3形態から性的暴力を挙げたのは28人。「高校の時、女の子約10人に、『(性別は)どっとなんだ』と逃された」(女性に生まれ、男性を自認する人) ▽「豊胸手術をした時、叔父から興味本位で胸を繰り返し触られた」(男性に生まれ、女性を自認する人)⎯⎯⎯などだった。

 最多の31人が挙げたのが心理的暴力。「交際相手(女性)の母親から『生理的に許せない。気持ち悪い』と責められた(女性に生まれ、男性を自認する人) ▽「両親から同性愛の『治療』のため精神科を受診するよう説得され続けた」(同性愛女性)⎯⎯⎯などの差別を訴える声も聞かれた。

《両親の治療の勧めは自然なことだろう。同性愛を理解しろという方が無理だ。それを差別というのは、命に代えてもわが子を守りたい「親」を理解していないからだろう。》

 「自殺について考えたことがある」と答えたのは27人で、自殺未遂経験者も5人いた。1人は公的支援なども受けていたが、今回の調査から約半年後に自殺したという。50人全員が暴力の影響として自傷行為やうつ、自己肯定感の低下などを経験していた。

 支援を求めた経験については、無理解などを理由に10人が「誰にも助けを求めなかった」と回答。

《他人に助けを求めることはない、それでいいんだ。》

 医師やカウンセラーに相談した人でも、偏見に基づくアドバイスで更に傷ついたケースもあった。

| | トラックバック (0)

2015年1月13日 (火)

「プリン体ゼロ」体にいいの?

 毎日新聞(1/11)“なるほドリ”から、

 発泡酒に「プリン体ゼロ」と書かれたものを店頭でよく見かけるけれど、プリン体って一体何だろう。プリンといっても、甘い菓子とは全く関係ないものだ。肉や魚など食品の細胞に含まれる成分で、細胞核を構成している。例えば筋肉を動かすエネルギー物質(ATP=アデノシン三リン酸)やDNA(デオキシリポ核酸)もプリン体の一つで、うまみ成分でもある。

 Q ゼロだと何かよいことでもあるんだろうか

 A 食品を食べて体内に入ったプリンは尿酸となり、その尿酸が増えると足の指の激痛で知られる痛風になる可能性が高くなる。プリン体がゼロなら、ごくわずかとはいえ、その分だけ尿酸となる量を減らせるわけだ

 Q プリン体は発泡酒に多いの?

 A そんなことはない。公益財団法人痛風財団によると、通常のビールは銘柄で差はあるものの、100㍉㍑当たり約5〜10㍉㌘程度、発泡酒だと約3〜4㍉㌘含まれる。ウイスキーやワインは0.1〜0.4㍉㌘程度、日本酒は1㍉㌘程度だから、アルコール飲料同士で比べるとビールに多いというわけだ

 Q 他の食品は?

 A 脅かすわけではないが、レバー、白子、エビ、イワシ、カツオ、鶏肉や牛肉など肉や魚類には、ビールの10倍以上(100㌘当り約100〜300㍉㌘)も含まれて切る

 Q それなら、プリン体ゼロの発泡酒をどんどん飲んでも構わないということか

 A そこに落とし穴がある。実は「アルコール自体が尿酸値を上げる要因の一つだ。アルコールを過剰に摂取しないことがとても大事」(金子・帝京大薬学部教授)だそうだ。プリン体がゼロでもアルコールをたくさん飲んだり、つまみに肉や魚をたくさん食べたりすれば、むしろその方が健康によくないわけだ

 Q 「ゼロ」表示に惑わされないようにしなくては

 A その通り。「プリン体に注意しすぎて、肉や魚を食べないと今度は蛋白質の欠乏を招くこともある。食べすぎない、飲み過ぎないことが基本」(迫・日本栄養士会専務理事)。尿酸値は男性で上がりやすいことも知っておきたい。すでに痛風の症状がある人が、プリン体のない発泡酒を楽しむくらいの気持ちがよいようだ

〖参考〗(Business Journal)より抜粋。
 「プリン体0・糖質0」の発泡酒を飲んでいれば、本当に痛風は防げるのでしょうか?

 プリン体は、プリン骨格という構造を持つ物質の一種です。一般に「ビール=プリン体」というような印象が持たれていますが、それは大きな誤解です。特にビールだけに含まれているものではなく、穀類や野菜、豆類、肉類、魚類など、ほとんどの食品に含まれているといって過言ではありません。しかも、ビールに含まれる量は少ないのです。例えば、白米には100㌘当り25.9㍉㌘、豚ロース肉には同90.0㍉㌘、鶏レバーには同312.2㍉㌘、カツオには同211.4㍉㌘のプリン体が含まれます。これに対して、ビール350㍉㌘に含まれるプリン体は、わずか12〜25㍉㌘にすぎません。

 では、どうしてビールや発泡酒のプリン体がやり玉に挙げられるのでしょうか?

 尿酸は腎臓から尿の中に排出されますが、尿酸の量が多くなると、排泄能力を超えてしまい、体内に蓄積されて痛風の原因となります。プリン体は体内で尿酸に変化するので、プリン体の多い鶏レバーやカツオなどを毎日食べていると、尿酸値が高くなってしまいます。

 さらに、アルコールの作用が加わることによって、尿酸値が上がりやすくなってしまうことがわかっています。アルコールを毎日飲んでいる人は、痛風になる危険度が確実に上がるといいます。特にビールや発泡酒がクローズアップされて、実際以上に悪者にされてしまうのです。

 ところで、「プリン体0・糖質0の発泡酒はまずい」という声をよく聞きます。それもそのはずです。実はプリン体は、アミノ酸、脂肪と並ぶ三大うま味成分の一つなのです。そのプリン体をゼロにしてしまっているのですから、おいしいはずがありません。各メ−カーでは、調味料や酸味料、甘味料などの添加物を加えて、なんとか味を整えようとしていますが、本来の発泡酒の味を出すことは到底無理なのです。

| | トラックバック (0)

2015年1月12日 (月)

防衛費 過去最高に

 毎日新聞(1/11、12)から、

《米ソ冷戦時代を思い出す。仮想敵国を作り、これでもか、これでもかの軍事予算の嵩上げだ。安倍の好戦的な頭には尖閣諸島など南西諸島を口実に、4兆9000億円もの防衛予算を計上するようだ。》

 政府の2015年度予算案の防衛関係費が、過去最高の約4兆9800億円になる見通しとなった。3年連続の増加で、14年度当初予算比で約1000億円の増となる。沖縄県・尖閣諸島など南西諸島の防衛力を強化するために、装備品の調達予算を増加させる。海洋進出を活発化させる中国への対応を念頭に、防衛力強化の姿勢を鮮明にする。

 防衛関係費には自衛隊の維持運営費に加え、在日米軍駐留支援に必要な経費などを含んでいる。防衛省は14年度補正予算案で、与那国島の部隊拠点整備費や装備品の調達費として2110億円を計上しており、来年度の実質的な防衛関係費は約5兆2000億円規模となる。

 増額分は離島防衛力の強化などに充てられる。離島奪還作戦などを担う「水陸機動団」の新たな編成に向け、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ5機や水陸両用車30輛の取得費を盛り込む。

 潜水艦の探索能力や機動性に優れる国産新型哨戒機「P1」20機や、最新鋭ステルス戦闘機「F35」6機の取得費も計上する。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事を本格化させるため、移設工事費も14年度から倍増させて約1500億円を計上する見通し。

 防衛関係費は02年度をピークに減少傾向が続いたが、第2次安倍政権発足後の13年度で11年ぶりに増加に転じた。防衛省関係者は「安全保障環境が厳しくなる中での予算減額は誤ったメッセージを周辺国に送りかねない」と増額理由を説明した。

 社説から、
 ところで、当の普天間飛行場の名護市辺野古への移設に反対して昨年11月に翁長知事が当選した。ところが、安倍は翁長新知事との面会を事実上拒否し、来年度予算案の沖縄振興予算を減額して、移設問題での軟化を引き出そうと目論んだようだ。

《己の意に添わない考えの持ち主に、子供じみた嫌がらせ、ガキ大将か小中学生並みのいじめにしか思えない。「親分がそうなら」と菅官房長官も会おうとしなかった。上がそうならと、農相も面会に応ずることなく、沖縄振興予算に関する自民党本部の会合にも出席できなかった。このようなお粗末な頭脳の連中に、日本国民は選挙で白紙委任したも同様の(安倍を始め自民党の受け取り方だ)権力を与えたのだ。今後の国会は自民党お得意の多数決で押し切られる公算が目に見えている。》

《対して翁長知事は「多くの県民や本土の方々があるがままに見て考えてほしい」と語り、政権を牽制した。》

 社説も言う、対話もせずに移設問題の解決はない。政権はもっと広い視野に立って問題解決に努めて欲しい。と。

| | トラックバック (0)

2015年1月11日 (日)

女性管理職「1割未満」が76%

 毎日新聞(1/11)から、

 東京商工リサーチが全国の企業約3000社を対象にしたアンケートで、管理職に占める女性の割合が10%未満だった企業が全体の76・4%に達したことが10日までに分かった。安倍政権が目標とする30%を超えた企業は6・9%にとどまり、女性の積極活用に向けた企業の取組みの遅れが浮き彫りになった。

《さもありなん。最初から、安倍晋三がいう30%には何の裏付けもない。アベノミクスとかと同様、すべてはただのアドバルーンで、企業の実態知らずの中身は数字を並べるだけの虚しいものだ。》

 女性管理職が10%未満だった企業は、資本金が1億円未満では75・7%だったが、1億円以上では82・7%に達した。東京商工リサーチは「従業員の多い大企業ほど女性の昇進のハードルが高い」と分析している。

 今後の管理職の男女構成比について「女性比率を増やしたい」との回答は27・1%にとどまった。女性管理職の登用に向けた取組みは「特に何もしていない」が47・2%と半数近くに達し、「昇進・昇格基準の明確化」や「各種研修への参加」などの回答は少数にとどまった。

 調査は昨年11月20日から12月5日にインターネットで実施。3014社が回答した。

| | トラックバック (0)

2015年1月 8日 (木)

冷遇「妊婦マーク」

 毎日新聞(1/8)から、

《足腰弱った妻に代わって食料の買い物に出かける日が増えている。今日もバスを利用して出かけた。外からは空いているように見えたバスも空席はなく、カートを曳いて運転席の横まで歩いた。腰の曲がってきた白髪の爺さんに席を譲る人はいない。優先席もあるが、いつものように老人や病弱の人以外が座っている。運転手の横まで歩いて手すりを掴んだ時だった。後で婦人が立つ気配があった。「○○ちゃん、もっと横に詰めなさい」と聞こえたとき、私の左肩をトントンと叩かれた。「どうぞ」と言われて振り向くと、2、3歳の女児を座らせた若い母親が、胸に赤ちゃんをスリングに抱えて、立ち上がって空いた席を案内してくれた。咄嗟に「大丈夫ですよ、お母さん、子どもさんに手がかかって大変なのに、ありがとうございます」。と好意を断って立ったままで三つ先の終点まで乗った。》

《外出には毎回、同じバスを利用する私は、以前、子ども連れの母子や、乳母車を畳まないまま座席に荷物まで置いて澄まし顔の母親のことを取りあげて、冷たく書いたことがある。》

【閑話休題】
 4月の予定日を控え、おなかは日々大きくなる。時々胃を押し上げられ、腰もじんわり痛い。できれば座りたいが、殆どの場合、席は埋まっている。

 東京都江戸川区の女性(31)は毎朝、世田谷区の会社まで乗り換えを含め約1時間の電車通勤をしている。勤務時間は長女(3)の保育園迎えに会わせているので、午前8時前後のラッシュを避けられない。

 かばんに「マタニティーマーク」を付けている。周りに妊娠を分かってもらえるから。途中の錦糸町駅から約40分乗る東京メトロの電車では、必ず優先席の前に立つ。普通席の人に気を使われると何となく心苦しいが、ここなら車窓に妊婦のステッカーが貼られているので少し気楽だ。

 先月3日のことだった。いつものようにつり革を握ると、前に座っていた中年男性がそれまで読んでいた本を閉じ、下を向いて目をつむった。しばらくして駅に着くと、みぞおちを右ひじで突かれた。「どけっ」。男性は言い放って立ち去った。

 呆然とした。そして悲しくなった。ツイッターで目にした文章を思い出した。マークを付けた妊婦への嫌がらせ。「やっぱりあるんだ」

 2014年2月、インターネット版の雑誌「WebR25」に、「マタニティーマークは危険?」と題した記事が載った。「電車なんかのんなよ! と暴言を吐かれた」「足をかけられてこけた」などツイッターやネット掲示板に書かれた事例を紹介し、「付けることによる危険性はゼロと言えないのが実情なのかもしれない」と結んでいた。

 一方、この記事を紹介したサイトには、過激な反発のコメントが書き込まれた。「満員電車乗るなら流産する覚悟はできてるだろうけど」「だって蹴って下さいマークだろ?」。電車を利用する妊婦へのバッシングがネット上で拡散した。

 2月に出産予定の大田区の女性(34)はこの攻撃を見て、マークを付けるのをやめた。「席を譲ってもらえることはまずない。好奇の目で見られるだけ」と元々感じていた。

 「席を取り合う形となった男性に『バカ』と言われた」(39歳日本語教師)。「優先席に座っていたら、年配の女性から『替わって。妊娠しているだけでしょ』と言われた」(25歳アルバイト)。いくつか妊婦の声を聞いた。国は昨年3月、電車内で「ベビーカーを折り畳まなくてもいい」との見解を示したが、最近もベビーカーを押して電車の乗った途端、嫌な顔をされた母親がいる。

 実情を知りたくて私(連載7おわり:伊藤奈々恵)は先月後半の平日8日間、肘打ちされた女性の朝の通勤に同行した。この間、彼女が立った前の優先席には、述べで男性18人、女性4人が座っていた。

 耳にイヤホンをしてスマートフォンを触っているビジネスマンらしき男性。ずっと目をつむっている40代ぐらいの女性。新聞を読み続ける男性。みな席を譲るどころか、視線さえ上げない。妊婦への嫌がらせはなかったが、他人への「無関心」を感じた。気づきながら、見て見ぬ振りの人もいたかもしれない。

 また、マタニティーマークを知らない人もいただろう。マークは厚生労働省が06年に作ったが、14年7月の内閣府調査で知っていた人は54%、男性の認知度は4割にとどまった。

 肘打された女性はその後もマークを外そうと考えたことはない。悲しい思いをしたのはその時だけ。体調が悪い時や万が一倒れたとき、マークがあれば周囲の対応も違う。付け続けることでより広く知ってもらい、肩身の狭い思いをする妊婦が減ればと祈る。

 同行3日目、途中の停車駅で優先席が一つ空いた。女性は隣に立っていた少し年上らしい女性から腕を軽く叩かれ、座るよう促された。棚から荷物を取り腰を降ろそうとしたところ、マークに気づいたらしい。

 月1、2回程度だが、こんなこともある。「譲ってもらえると、『きょう1日、この人にいいことがありますように』って願うんですよ。

《最後に書いてある妊婦さん、妊娠何ケ月目かな。私の勤務中のこと、妻が身重(中期)だったころ、自宅で棚の物を取ろうとして体を伸ばした途端にお腹に痛みが走って倒れ、たまたま、お隣の奥さんがいたことで救急車を呼んでくれ、大事にならなくてすんだことがあった。記事の妊婦さん、棚への上げ下ろしには問題ないのだろうか。迷信と軽く見る人もいるようだが、胎盤剥離などたまには発生するようだ。》

《思うことだが、女性専用車の利用を考えれば良いのでは。各鉄道会社は、妊婦の通勤利用時間帯、車輛の停車位置、利用に便利な乗降ドアの位置などを詳細に調べ、女性専用車輛をくっつけたからいいではなく、車輛の連結位置なども詳細に調べることだ。》

《若い独身の頃から私自身は、目で判る妊婦には手を引いてでも必ず席は譲ったし、特別優しかったと思っている。自分の足で立つことのできる年齢の子どもには、どんなにぐずっていようが決して席は譲らないが、母親となることが約束されている人には羨ましいほどの思い入れがあった。命を生み育てる「たらちね」「母なる大河」。胸を開いて乳房をふくませる風景には、男には叶わない羨望の目で眺めていたものだった。》

| | トラックバック (1)

2015年1月 6日 (火)

自治体消滅 防げるか

 毎日新聞(1/3)“なるほドリ”から、

 参考  生産年齢8000万人割れ(日本人人口25・3万人減)2014/04

《個人的には、これまでに何度も取りあげてきたが、既に遅きに失していると考える。東京よいとこと、煽られて、出てくれば何とかなる式に集まった結果だ。集まり過ぎたから、散ってくれと言われても、過疎化した地方に戻るには地方は余りにもさびれすぎた。》

 人口減少によって、将来的には行政サービスや、水道や道路などの維持ができなくなり、その地域で住むのが難しくなるかもしれない。民間有識者でつくる「日本創成会議」(座長・増田寛也元総務相)は、こうした自治体を「消滅可能性都市」と名付け、具体的な市区町村名を公表した。

 Q どれくらいが消滅するの?

 A 全国市区町村(福島県を除く)の半分に相当する896自治体について、2040年には「消滅可能性都市」になると推計した。このうち、人口1万人を割る523自治体は「消滅の可能性が高い」とし、より深刻な事態になるとみている。出産の中心世代となる20〜39歳の若年女性に注目し、その数が半分以下になるかどうかを「消滅」の目安にしたいる

 Q 消滅を避けるには何が必要なのか

 A 人口推計は比較的正確で、国内全体で人口が減ることは避けられないとみられるが、自治体レベルで一定程度抑制することは可能だ。2040年の若年女性の増加率が全国トップの石川県北町(15・8%増)は、県庁所在地の金沢市に近いといった利点もあるが、1980年代から企業誘致を積極的に進め、税の増収分を子育て支援費に充てたことが功を奏した。仕事が出産や子育ての妨げとならないようなワーク・ライフ・バランスと呼ばれる生活スタイルの普及も大切だ

 Q 企業誘致は経済状況に左右されるし、交通アクセスが悪い地方はどうしたらいいんだろ

 A 農林水産業や観光などといった地元に元々ある資源を活用し、地域雇用を創出できるかどうかがカギを握るといわれている。最近は、太陽光や風力、地熱といった再生可能エネルギーの利用のほか、農林水産業者(1次産業)が、食品会社など商工業者(2次)と連携して加工し、販売(3次」につなげて、商品に付加価値をつけて都心などへの販路拡大を目指す取組みが注目されている。1次×2次×3次で6次産業と呼ばれる

 Q 一朝一夕に解決できるものではいだろう

 A 特効薬はない。これまでの少子化対策が十分な効果を発揮しなかった原因について、創成会議の増田は「各省庁の縦割り(タテ)」「全国横並び(ヨコ)」「対策が地域に浸透しない(セン=浅)」「対策が短期的(タン)」⎯⎯⎯ の四つを原因に挙げている

【解説】
 政府は昨年末に閣議決定した地方創生5カ年計画「総合戦略」で、地方への移住を柱の一つに掲げた。しかし政府には、今回調査のような移住者数の統計調査はない。これから本格化する移住推進の対策づくりを前に、各自治体の支援策の利用状況にとどまらない全体像を政府が調査する必要がある。

 人口減に悩む自治体の移住支援策は花盛りだ。大都市圏での移住説明会はもちろん、格安家賃、保育料無料、3人目の出産時の祝い金、新規就農への助成、特産品の提供などでアピールする。

《欲に目のくらんだものが飛びつきそうな、随分子どもだましのことを考えるもんだ。》

 しかし、一部ではまるで移住者を奪い合うサービス合戦になっている。「『隣の自治体はこんな支援をしてくれたのに』と相談者に言われて困ったことがある」と、打ち明ける担当者もいる。奪い合いや地域間格差を避けるため、識者からは出身地へのUターンをより積極的に推進すべきだとの指摘もある。

 内閣府の昨年の調査では、都市部の20〜40代で地方に移住してもよいと思う人が過半数を占めるなど、若者が都市部から地方へ回帰する傾向もみられる。政府が移住の全体状況を踏まえ、移住者の希望と移住先の状況を合わせる工夫を行なうことでバランスの取れた移住政策になる。ひいては、東京への一極集中の是正や人口減少対策につながるはずだ。

| | トラックバック (0)

2015年1月 5日 (月)

スノボの3人生きていた

 毎日新聞(1/5)から、

《「スノボの3人救助」の見出しが目について、「なんだ、死んでいなかったのか」とがっかりしたのが本心だ。こんな奴ら死んでくれた方が世のためだ。ヘリを始め救助に当たってどれだけ多くの人たちに迷惑をかけたことか。ルールも守ることができない奴らが遭難騒ぎを起こすことは、海に山に(夏山、冬山を問わず)毎年決まって発生する。その度に思う、お前たちさっさと死んじまえって。今度の3人、いけしゃーしゃーと記者会見までして、リーダーらしきけったいな帽子を冠った男は涙を流す芝居までして見せたが、帽子くらい脱げ!。》

 新潟県神楽沢町の神楽ケ峰(2029㍍)にスノーボードをするために昇り、2日夜から連絡が取れなくなっていた東京都の男女3人は4日朝、同峰の同県津南町側の斜面で、捜索していた同県警のヘリに発見、救助された。3人は軽い凍傷。

 救助されたのは東京都世田谷区給田1、煉子広寿(45)、と妻で会社員の真美(44)、夫妻の友人の杉並区今川3、会社員、山本亜紀さん(40)。

 同県警南魚沼署などによると、3人は2日朝、スキー場のリフトで山頂付近に昇り、ゲレンデのコース外の斜面を滑る「バックカントリー」を楽しむうちに、スキー場より西側の斜面に迷い出てしまったという。県警ヘリが4日朝、山頂から西に2㌔の斜面で手を振る3人を発見した。同署などは、コース外に出る際、登山届けの提出を求めているが、3人は出していなかった。

| | トラックバック (1)

2015年1月 4日 (日)

クロマグロ資源量最低

 毎日新聞(1/4)から、

 《魚といえば、マグロの名しか知らないように「マグロ、マグロ」としか口にできない日本人が、世界の海からマグロを消していく。だが、これからは年収5000万円以上の収入がないと口にできなくなるかもしれないクロマグロ。それもいい、どうせ、美味い不味いをミシュランの星の数でしか選別できない味覚音痴たちだ、近大マグロで十分過ぎる味を味わうことも可能だろう。》

 1_22014年に生まれた太平洋クロマグロの資源量は、00年以降最低となる見通しであることが水産総合研究センターによる調査で明らかになった。絶滅の恐れが指摘されるクロマグロの乱獲が深刻化していることを示すデータだ。

 太平洋クロマグロは赤道以北の太平洋を広く回遊するが、確認されている産卵海域は、日本の南西諸島周辺と石川県から山口県沖にかけての日本海だけ。産卵海域での禁漁措置導入など、一層の対策を求める声が強まりそうだ。

 南西諸島周辺で生まれたクロマグロが取れる西日本太平洋沿岸などでの14年7〜9月の漁獲量を基にした解析結果によると、14年生まれの漁獲量は13年に比べて20%、12年の33%と低水準で、08〜12年の平均値の10分の1近くまで落ち込んだ。こうしたことから、南西諸島周辺で生まれたクロマグロは13年を大幅に下回ったと推定した。

 島根県・隠岐諸島周辺での1日1隻当りの漁獲量も13年の23%と低調で、このデータを基に推定した日本海で14年に生まれたクロマグロの資源量も、13年を下回ることが確実となった。同センターは「14年生まれのクロマグロは00年以降で最も少なかった12年を下回る可能性が高い」と結論づけた。太平洋クロマグロは昨年、国際保護連合(IUCN)によって絶滅危惧種に指定された。

| | トラックバック (1)

2015年1月 1日 (木)

「出生率1.8」叶うのか

 毎日新聞(1/1)

 14年人口推計では出生数100万割れ寸前、死亡数、戦後最多126.9万人。1年間に生まれる子どもの数(出生数)は、記録の残る1499(明治32)年以降、最少の100万1000人で、100万人を維持するものの、大台割れ寸前と予想した。死亡数から出生数を差し引いた人工の「自然減」は、過去最大幅の26万8000人。結婚数も戦後最少を更新するとみており、人口減少傾向に歯止めがかからない状況が浮かんだ。

 出生数は前年の102万9816人(確定数)に比べ、約2万9000人の減。一っぽう、死亡数は高齢化に伴って前年より約1000人増え、戦後最多の126万9000人に上るとみている。人口の自然減は8年連続。
 死因は 
  ①悪性新生物(がん)
  ②心疾患
  ③肺炎
  ④脳血管疾患 ⎯⎯ の順。

 少子化による若年層の減少と、晩婚・非婚の増加で、結婚する男女も前年より約1万2000組減の64万9000組にとどまると推測している。離婚数は約9000組減の22万200組と見込んでいる。

 “なるほドリ”から
 「国民希望出生率」って? 昨年12月、政府が閣議決定した「地方創生長期ビジョン」で示された数字のことかい。若い世代の結婚や出産に関する希望が叶った場合に想定される出生率で、「1.8」と算出された。計算には、国立社会保障・人口問題研究所の「出生動向基本調査」(2010年)の結果を用いている。18〜34歳の女性のうち既婚者の場合(34%)と夫婦が予定する子どもの人数(平均2.07)や、独身女性の場合(36%)と結婚希望率(89.4%)、顧望する子どもの人数(平均2.12)から算定する。さらに離別や死別の影響を考慮すると、おおむね1.8になる。

《希望出生率などという希望が叶った場合に想定される数字でなく、肝心なのは、子どもが生める世代の女性たちに単なる願望ではなく、結婚できる条件(男性との出会いを含め)を創出することだ。希望的数字だけを操作した拵えごとの数字など、ビジョンという寝言に過ぎない。》

 Q 数字には、どんな意味があるのか

 A 現在、1人の女性が生涯に産む子ども数を示す合計特殊出生率は1.43。この水準が続けば人口は減り続け、60年には約8700万人になると推計されている。逆に、30年に合計特殊出生率が希望出生率の1.8になり、その後上昇すれば1億人程度を維持するとみている。国民の希望が実現すれば、人口減少を一定程度抑えられる。なお1.8は経済協力開発機構(OECD)諸国の半数が実現している水準で、例えばフランスは2.01、イギリスは1.92、アメリカは1.88。国内で上回っているのは1.91の沖縄だけで、東京は1.13にとどまっている

《言葉がすり替えられている。国民が出生率1.8を希望しているわけではない。政府がそのように計算しただけだ。国民は、結婚して家庭が持て、出産できる生活条件を希望しているだけだ。また、OECD諸国を引き合いに出すが、生活基盤や経済基盤の違いなどあり、出生率だけを比較しても何の意味もない。》

 Q どうすれば希望が叶うのだろう

 A そこが最も重要な点だ。「長期ビジョン」では、若い世代の就労、結婚、子育ての希望を阻害する現状として、若年者の3分の1が非正規雇用であることや、男性の家事・育児時間が極端に短いことを指摘している。男女とも安定した就労環境で、安心して仕事と子育てを両立できることが求められるだろう。

《100時間残業が当たり前の一桁世代でも、子育てはやってきた。出産後の沐浴は乳児で首の座らない子を怖がる妻に代わって、首がしっかり座るまで私の担当で沐浴の時間は不規則になったが、欠かさずやってきた。勿論布の時代のオムツの取り替えもやった。浴槽の掃除、便所の掃除も私が分担した。風呂、トイレは男性の平均寿命が過ぎた今でも、私がやっている。》

 また、首都圏、特に東京の出生率が地方と比べて低いことから、地方に人口が分散すれば出生率の向上が見込めるとしている。東京一極集中を是正するために、地方に仕事を作り、進学や就職のために地方を目指す若者を増やす方策が必要だ

《そのために何をどうするかが最も大事なことではないのか。出生率はそれからの話だろう。夢物語で安心することはできまい。》

 Q 個人の問題ではないんだ

 A その通り。企業や国、自治体、大学など社会全体で取り組まなければ結果につながらない。一方で、結婚するかしないか、子どもを持つか持たないかは個人の自由だ。また、誰もが希望を叶えられるわけではない。個人の幸福に大きく関わることなので、柔軟に考える必要がある

| | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »