« 液体入りパック型洗剤の誤飲、どう対処? | トップページ | 69回目の敗戦の日 »

2014年8月13日 (水)

万引き顔写真 警視庁が中止要請

 毎日新聞(8/13)から、

 参照 万引き 4 2009/12
    万引き 3 2009/10
    万引き 2 2009/06
    万引き   2008/10

 おもちゃを万引きしたとされる人物に、返品しなければ顔の映った防犯カメラの画像をホームページ(HP)で公開すると警告していた古物商「まんだらけ」(東京都中野区)は13日未明、画像の公開を取りやめた。警視庁が「容疑者の逃亡など捜査に支障が出る恐れがある」と公開中止を要請しており、これに応じた。今後は捜査に任せるという。

《テレビでも取りあげ、弁護士やタレントたちのコメント、或いは街頭にまで出て、一般の人たちを巻き込んで騒がしい。街頭では「盗んだヤツが悪い」と一刀両断の意見に混じって、「顔まで出されては家族が・・」と盗人家族への同情を寄せる見解の人も。》

 まんだらけによると、4日午後5時ごろ、中野店4階で、ゼンマイで動くブリキ製の玩具「鉄人28号」(価格25万円)が盗まれた。同社は5日、顔にモザイクをかけた「万引き犯」とみられる男性の画像をHPに掲載し、「1週間以内に返しに来ない場合はモザイクを外す」と警告。期限を13日午前0時に設定していた。

 13日未明、同社のHPに「警視庁の要請により顔写真の全面公開は中止させていただきます」との説明文が掲示された。「容疑者の身内と思われる女性」から電話があったため「(返しにくるのを)期待して待っていた」が、「12日に報道陣が(中野店の)ビル付近に集まり(容疑者が)入って来られる状況になかった」と記載。今後について「証拠は十分あるので、警察の力を信じて任せる」としている。

 ▽近代法治国家では、刑罰を科す権利(刑罰権)は国家にあり、たとえ被害者であっても個人にはない。このため、インターネット上の中傷問題に詳しい清水弁護士は「私的制裁を加える私刑は禁止されており、やり過ぎだ」と批判する。名誉毀損に当たる可能性もあるとし、「犯罪抑止のためなら公益性が認められるだろうが、私的な恨みを晴らすことが目的なら違法の恐れがある」と話す。

 画像公開が捜査の武器になっているのは事実だ。警視庁によると、2012年2月以降、画像を公開した56事件中20事件で容疑者が摘発された。先月あった強制猥褻事件では、公開画像を見た容疑者の男が翌日出頭し、「自分だとわかると思った」と供述した。

 ただ、今回のエースについて、警視庁は画像を公開せず、店側に「容疑者の逃亡など捜査に支障が出る恐れがある」と公開中止を要請していた。

1_4

 万引きの発生件数は近年、高止まりしており、小売店の経営を圧迫している。NPO法人「全国万引犯罪防止機構」(東京)の福井事務局長は「まんだらけの対応の是非は判断が難しいが、止むに止まれぬ状況でもある」と同情的だ。

 まんだらけの客の賛否も割れる。さいたま市の男子大学生(21)は「自衛策として理解できる」とし、中野区の女性会社員(29)は「公開処刑だ」と批判した。

《盗人の悪を懲らしめるには公開処刑でいい。》

 警視庁によると、全国の万引きの認知件数は2004年の15万8020件をピークに減少傾向にあるが、13年も約12万6000件あり、被害額は約27億円に達する。一方「全国万引犯罪防止機構」が全国550社から回答を得た実態調査では、万引きの推計被害額は13年度だけで837億円と、警視庁統計の約30倍に達する。中小企業では被害届の提出などに手間がかかるため、申告していないケースが多いという。

 警視庁によると、13年の摘発人数は8万5464人。年代別では65歳以上の高齢者が32・7%(2万7953人)で最多で、次いで14〜19歳の少年が19・6%(1万6760人)を占めた。

 高齢者は食料品など比較的安価な日用品を盗む割合が高く、少年や20〜64歳の成人は貴金属類や映像・音楽ソフトなど換金性の高い物品が目立つ。動機は高齢者が「生活の困窮」「借金返済」などを挙げる一方、少年や成人は「遊興費目的」が目立つ。13年の検挙率は71・1%で罪の意識の低さがうかがえる。

|

« 液体入りパック型洗剤の誤飲、どう対処? | トップページ | 69回目の敗戦の日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/60145147

この記事へのトラックバック一覧です: 万引き顔写真 警視庁が中止要請:

« 液体入りパック型洗剤の誤飲、どう対処? | トップページ | 69回目の敗戦の日 »