« 人手不足で「企業倒産」倍増ペース | トップページ | 政務活動費って何に使えるの? »

2014年7月11日 (金)

舞鶴高1女子殺害 無罪確定

 毎日新聞(7/11)から、

参照 舞鶴の高1少女殺人事件 2008/05

 京都府舞鶴市で2008年5月、高校1年だった小杉美穂(当時15歳)が殺害された事件で、殺人罪などに問われた無職、中勝美被告(65歳)の上告審で,最高裁第1小法廷(横田裁判長)は8日付で、検察側の上告を棄却する決定を出した。小法廷は「被告の犯人性を推認させる事実は見出し難い」と述べた。無期懲役とした1審・京都地裁判決を破棄し、逆転無罪を言い渡した2審・大阪高裁判決(12年12月)が確定する。

 被告は捜査段階から一貫して事件への関与を否定。凶器などの直接証拠がなく、状況証拠の評価が争点となった。検察側の死刑求刑に対し、1審は被告と被害者の遺留品の特徴を説明した捜査段階の供述などから「被告が犯人であると強く推認される」と有罪認定した。これに対し2審は、目撃証言が事情聴取を繰り返し受けるうちに変遷しており、被告の供述も捜査機関による示唆や誘導が影響した可能性を排除できないとして「被告が犯人とは認め難い」と判断した。

 上告審で検察側は、捜査機関の示唆や誘導は認められないと主張した。小法廷は状況証拠の信用性を改めて検討。「2審は1審判決の事実認定が論理的に不合理であることを具体的に示しており、判断に事実誤認があるとは認められない」と述べ、「示唆や誘導の可能性があるとした判断は合理的」と結論づけた。

 被告は2審判決後の13年5月、本を万引きした窃盗容疑で現行犯逮捕され、実刑が確定して服役中。

 Photo<解説>
 客観的証拠重視
 最高裁は証拠を再検討して無罪を維持したことで、状況証拠の積み重ねによる有罪立証の難しさを改めて示す形となった。

 状況証拠による立証のあり方について、最高裁は2010年、大阪市の母子殺害放火事件の判決で「被告が犯人でなければ合理的に説明できない事実関係が含まれることを要する」と述べ、高いハードルを課している。

 記録が残る1983年以降、死刑求刑に対する無罪判決が最高裁で確定するのは、広島市の母娘3人殺害事件の上告棄却決定(12年2月)に続き2例目。小法廷も判例に沿って目撃証言や被告の供述の信用性を精査し、2審判断を「合理的」と結論づけたとみられる。

 直接証拠がない事件で、死刑求刑に対して被告が無罪を主張した裁判員裁判では、鹿児島地裁が夫婦殺害事件で10年に無罪を、さいたま地裁が首都圏連続不審死事件で12年に死刑を選択している。

 今回の決定は、裁判員が最も難しい判断を迫られるこうしたケースで、捜査機関に客観証拠を重視した慎重な捜査を促したといえるだろう。

|

« 人手不足で「企業倒産」倍増ペース | トップページ | 政務活動費って何に使えるの? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/59965309

この記事へのトラックバック一覧です: 舞鶴高1女子殺害 無罪確定:

« 人手不足で「企業倒産」倍増ペース | トップページ | 政務活動費って何に使えるの? »