« 交流サイトで性犯罪被害の子ども | トップページ | 鳥獣「保護」から「管理」へ »

2014年5月22日 (木)

「日本人の意識」調査結果発表(放文研)

 毎日新聞(5/22)から、

 NHK放送文化研究所は昨年秋に実施した世論調査「日本人の意識」の結果を発表した。1973年から5年ごとに行なっているもので、ちょうど40年目の節目を迎えた。東日本大震災後初の調査だが、近年の傾向から変化は少なく、震災による顕著な影響は見られないとしている。

 調査が行われたのは昨年10月19、20日。16歳以上の5400人を対象に面談方式で55項目について尋ね、約57%に当たる3070人から回答を得た。

 結婚することについて「必ずしも必要はない」と答えたのは63%で「するのが当たり前」とした33%のほぼ倍。93年の調査以降、差が広がり続けている。子を持つことについては、「必ずしも持たなくてよい」が55%、「持つのが当たり前」は39%。前回調査(2008年)では、それぞれ48%と45%だった。

 ナショナリズムに関する質問では、「日本は一流国だ」とした回答が54%に達するなど、祖国に対する自信を取り戻す傾向がみられた。

 コミュニケーション手段では、「欠かせない」ものとしてスマートフォンやインターネットを重視する傾向がより進んだ。「本を読む」は微増したものの、テレビ、新聞、友人との会話は減少した。

〖参考資料〗
Th_nhk1_3
Th_nhk2
Th_nhk3
Th_nhk4
《第18問、かりにあなたが、新しくできた会社に雇われたとします。しばらくしてから、雇われた人々の間で、・・とあるが、設問する側に差別的なにおいを感じる。どうして「就職したとします」、「従業員の間で」と問いかけられないのだろうか。》
Th_nhk5_2
Th_nhk6

|

« 交流サイトで性犯罪被害の子ども | トップページ | 鳥獣「保護」から「管理」へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/59688063

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本人の意識」調査結果発表(放文研):

« 交流サイトで性犯罪被害の子ども | トップページ | 鳥獣「保護」から「管理」へ »