« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月31日 (月)

ハーグ条約発効

 毎日新聞(3/31)“社説”から、

 参照 ハーグ条約 2013/05

《国際的には遅れていて、いろいろとトラブルもあった日本の条約加盟、遅まきながらやっと、国際的に仲間入りができた、ということだ。》

 国際結婚が破綻し、一方の親が無断で子どもを連れて出国した場合、原則としていったん元の国に子どもを戻す国際的なルールを定めたのがハーグ条約だ。日本が加盟を決めたこの条約が4月1日に発効し、昨年国会で成立した関連法が施行される。

 日本人と外国人の国際結婚は年間4万件前後。結婚関係が破綻し、子どもの監護権をめぐり争いになることも少なくない。「子ども連れ去り」に発展した場合、元の国から誘拐で指名手配されることさえある。

 欧米の主だった国が条約に加盟し、既に91カ国に上る。日本の早期加盟を求める声は強かった。子どもの利益を最優先に、国際社会の枠組みで紛争解決を図る第一歩としたい。

 条約と関連法で決まった手続きは次のようだ。無断で外国から子どもを日本に連れ帰った場合、配偶者の申し立てがあれば、外務省が子ども所在調査をし、東京、大阪家裁のいすれかで返還の是非を決める。逆に、日本から無断で外国に子どもを連れ去られた場合、外務省が相手国と交渉し、相手国で返還の是非を判断する。

 子どもは元の国に戻すのが原則だが、例えば連れ去った理由に配偶者の暴力などがあれば、返還拒否が拒否できる規定がある。ドメスティックバイオレンス(DV)については、各国で既に司法判断の実績が積み重ねられている。そうした事実も参考にしながら、子どもにとってより良い解決の道を探るべきだ。

 子どもの帰属をめぐる争いは、「返す」か「返さない」かの二者択一だ。「返す」となれば、母親と幼い子どもを引き離すといった作業も伴う。親が子どもを抱えて抵抗した場合、子どもの精神的ダメージを考慮して、裁判所の執行官は無理強いしないといった対応も細かく規定されている。

 できれば、穏便な解決が望ましい。実は、条約には裁判外の調停での話し合い解決が望ましいと書かれている。例えば、子どもを連れ去った母親が、配偶者と子どもの面会を認めれば、配偶者が返還請求を放棄するといった解決が現実には少なくない。

 国内でも、東京や大阪の弁護士会が、紛争解決センターなど既にある裁判外の調停組織を活用して問題解決を図る準備を進めている。条約の運用実績の長い英国やドイツなど欧州では、児童心理士や精神科医といった専門家が、こうした話し合い解決の場に加わっている。

 だが、日本では法律家以外の専門家が加わる体制はまだ不十分だ。例えば子どもの返還命令が出た場合、当事者を落ち着かせたり、外国から子どもを連れ戻した後に、日本での生活に早く慣れさせたりといった場合も、こうした専門家は不可欠だ。しっかり体制を整えたい。

| | トラックバック (0)

2014年3月29日 (土)

急増 オレオレ詐欺(埼玉)

 毎日新聞(3/29)から、

《いつもなら鳴りっぱなしにするところだが、連絡先からの返事待ちだった。受話器を取りあげた。警察から女性警官の声で、オレオレ詐欺に喚起を促す内容だった。「我が家は100%留守電にしておりますから。」と返事を返した。「誰かから教えて貰って?」「いえ、うるさい勧誘などが多いので。何年、そう、ほぼ10年以上も前からずっと。」「それが一番なんですよ。オレオレで掛けてくる人は、自分の声が留守電に録音されてアシがつくのを避けるんです。」それにしても未だにオレオレに引っかかる人がいることが信じられない。まして増えていることが。》 

 今年1〜2月のオレオレ詐欺などの被害が総額4億1412万円(140件)に上り、前年の同じ時期に比べ2倍以上になったことが県警のまとめで分かった。3月も同様の勢いで増加しており、このままのペースが1年間続けば、過去5年間で最悪だった昨年(被害件数700件、総額18奥6856万円)を上回る恐れもあるとして、県警は体制を強化して摘発に力を入れて行く。

 県警捜査2課によると、オレオレ詐欺や架空請求詐欺などの被害は、今年2月だけで85件(総額2億6890万円)に上り、前年同月比30件、1億4636万円増加。なかでも親族などと偽ってだまし取るオレオレ詐欺は77件(前年同月比28件増)と、特殊詐欺全体の9割を占めた。

 オレオレ詐欺の手口も、被害者にATM(現金自動受払機)から振り込ませる方法から、被害者と待ち合わせして現金を直接手渡しさせる方法に変化してきており、この手交換被害が8割以上になっているという。待ち合わせ場所も被害者の自宅以外の場所を指定するケースが増加。2月に発生した手交型被害のうち、自宅以外は約6割に迫り、なかには東京都内や千葉など県外まで呼び寄せるケースもあったという。

 手交型が増えてきた理由について、同課は「金融機関などの協力で、振り込み型詐欺に必要な口座が作りづらくなっている」と分析。被害者に対しても、手渡しすることで「振り込め詐欺」ではないと錯覚させる効果も狙っている可能性があるという。

 多発する詐欺事件に対して、県警では4月から同課内に特殊詐欺捜査室を40人体制で新設。今年になってから特殊詐欺全体で38人を検挙している。 

| | トラックバック (0)

2014年3月28日 (金)

修復が終わっても、高松塚壁画は墳丘に戻さぬ決定

 毎日新聞(3/28)から、

 参照 無残!! 高松塚古墳壁画 2008/05
    「私の」NHK と 飛鳥美人 2007/05

 奈良県明日香村の高松塚古墳(七世紀末〜8世紀の初め)の極彩色壁画(国宝)について、文化庁の「古墳壁画の保存活用に関する検討会」(座長、永井・政策研究大学院大客員教授)は27日、2007年の石室解体から10年間をめどに進めている修復作業が終わっても墳丘に戻さない方針を決めた。「現在の科学的・技術的水準で安全な環境で戻すのは困難」と判断した。解体時に決めた「将来的には現地に戻す」との方針は堅持し、戻さないのは「当分の間」と限定したが、具体的な期間は示されなかった。

 文化庁は」、壁画を墳丘に戻す場合の問題点として
 ▽カビなどの影響を受けない環境の確保は困難
 ▽漆喰がもろくなっている
 ▽石材に亀裂があり、強度も低下
 ▽墳丘に保存施設を設置すると、遺構を破壊し外観に影響する
・・・などを挙げた。

 解体時に決めた「将来的には、カビ等の影響を受けない環境を確保した上で現地に復旧する」という恒久保存方針に基づき、墳丘に戻す検討を続ける必要性を指摘。その上で「当分の間は、古墳の外の適切な場所で保存管理や公開を行なう」と結論づけた。

 検討会には委員17人中16人が出席し、おおむね了承した。「当分の間」については「長期間になるだろうが、5〜10年先と誤解されるのではないか」という意見が出た。保存や公開のため新しい施設を求める発言も相次ぎ、引き続き検討会で議論する、としている。

| | トラックバック (0)

2014年3月25日 (火)

規制できないSNS

毎日新聞(3/25)から、

 ストーカー行為の手段として電子メールの連続送信が使われた神奈川・女子ストーカー事件を受け、警察当局は2013年、ストーカー規制法を00年の施行以来初めて改正し、嫌がる相手に難度もメールを送りつける行為を新たに規制対象に含めた、しかし、この数年で急速に普及した無料通信アプリ「LINE(ライン)」などのソーシャル・ネットワークキング・サービス(SNS)の連続送信は対象外で、摘発することができない。捜査の現場からは、「法が社会の実態に追いついていない」との声が上がっている。

 1《詳細な禁止条項を並べ立てたところで、犯罪を犯す人間にとってはその結果が「死刑」であっても止めることはできない。注意、警告、摘発、逮捕、罰金、短期の懲役程度では効果はない。被害者の多くは女性だが、興味本位で自ら出会い系サイトへ首を突っ込む。そうなってからでは遅いのに、自ら飛んで火に入る夏の虫になるようなものだ。このような例は日常普通に情報としてこぼれるほどにも目に耳に、入ってくる。情けない話、どうしてこの程度の学習ができないのかと思う。》 

 「また男か」
 「シカト?」
 警視庁田無署に2月、逮捕された東京都練馬区の無職、安部容疑者(26)は今年1月31日、携帯電話で元交際相手の女性(23)に1589件ものメッセージをラインで送信したとされる。20日後にも、「電話に出て」「来ないなら今日いくからな」などとラインで1660件のメッセージを送り、女性宅に押しかけたという。

 女性からの110番を受け、田無署は2月20日に捜査を開始。女性の携帯の履歴からラインで繰り返し送信している事実は確認できた。しかし、
 ①SNSの連続送信は規制対象外
 ②ラインの文言自体に、「面会や交際、復縁の要求」や
  「行動の監視を告げる行為」など法で禁じている
  「つきまとい行為」に明確に該当するものが見当たらない
 ・・などの理由でストーカー規制法の適用を見送ったという。

 最終的に同署は、安倍容疑者が女性の頭を携帯で殴ったなどとする事案に着目し、2日後の22日に暴行容疑で逮捕した。

 警視庁によると、ストーカー事件で加害者が元交際相手らに送信するメッセージは、徐々に表現がエスカレートし凶暴化するケースが目立つという。しかし、SNSの連続送信は摘発できない。ある捜査幹部は「これだけ普及しているのに時代に合っていない。他の容疑を適用できる事案ならいいが、そうでなければ被害者を危険にさらし続けることになりかねない」と法整備の必要性を訴える。

 一方で、現行のストーカー規制法自体の使い勝手の悪さを指摘する声もある。同法の規定によれば、復縁要求や待ち伏せなどのつきまとい行為があったとしてもそれだけでは摘発できない。さらに「社会通念上、身体の安全、住居の平穏が害されるのではないかと相手に不安を与えた場合に限る」というハードルを乗り越えなければならないからだ。

 別の捜査幹部は「『会いたい』など、ごく普通のメールが何度か届いただけで、『不安にさせた』とまで言えるかどうかは判断が難しい。罰則(6カ月以下の懲役または50万円以下の罰金)も軽い。脅迫行為が確認できればこうした容疑で立件する方が早い」と実情を語った。

| | トラックバック (0)

2014年3月22日 (土)

アフリカに広がる反同性愛

毎日新聞(3/22)から、

 アフリカで同性愛者迫害が広がっている。ナイジェリアで1月、ウガンダでは2月下旬に同性愛禁止を強化する新たな法律が制定、施行された。欧米各国や国際人権団体は両国への批判を強めるが、西洋の影響で同性愛が広まったと信じる反欧米感情や、米国からアフリカに進出するキリスト教保守派の影響も指摘され、「反同性愛」機運の高まりの背景は複雑だ。

2 ナイジェリアのジョナサン大統領が1月署名し発効した新法では、同性婚関係となったカップルに対し最高で禁固14年が科せられる。ゲイクラブや同性愛団体などの運営に携わったりした者にも最高で禁固10年が科せられる。

 一方、ウガンダでは先月24日、ムセベニ大統領が新法に署名。こちらは、同性愛関係を持った者に対し「初犯」の場合は禁固14年、未成年と関係を持つなど「悪質」と判断されると最高で終身刑を科される。

 国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル」(本部・ロンドン)によると、アフリカ(54カ国)で、同性愛を違法としている国は36カ国あり、モーリタニア、スーダン、ナイジェリア北部、ソマリア南部・・では最高で死刑が科せられる。

 国連はナイジェリア、ウガンダ両国の新法を人権侵害とみなして批判。米国も強い不快感を示し、デンマーク、オランダ、ノルウェーは即座にウガンダに対する援助停止を決めた。

 欧米の懸念が強まる一方で、英紙デーリー・テレグラフによると、ウガンダでは新法支持者が97%に上る。

 同性愛は西洋文化が持ち込んだもので「反アフリカ的」との見方が社会に一定程度広がり、反同性愛の世論を支えている。アフリカ各地では同性愛者への攻撃も報告される。新法を批判する欧米に対し、ムセベニ大統領は「社会帝国主義」と反発を強める。

《古代ギリシャやローマからの同性愛の歴史を考えると、2000年以上の年月をかけてやっと 「偏見による犯罪」禁止法の成立をみることになった国もある。にも拘らず、そのことを背景に、アフリカに「右に倣え」と迫るのは短兵急、余計なお世話というものだ。アフリカの歴史において自身が、同性愛や同性婚を認めるのはこの先10年、いや100年かかっても不思議ではない》。

 参照 米「偏見による犯罪」禁止法 2009/10/

 反同性愛の法制化には政治的動機があるとの指摘がある。ウガンダの人権活動家、ケネス・バロンゴ(43)は本紙の取材に「2016年の(ウガンダ大統領・議会)選挙をにらんだ政治的利用だ」とし、実際に法案署名後、大統領の人気が上昇していると話す。

 一方で、ウガンダなどアフリカ各国に進出する米国のキリスト教保守派の影響が法制化につながったとの見方もある。ナイジェリア、ウガンダでは英植民地時代の法律を継承する形で従来同性愛は非合法だった。だが、かつては、ナイジェリアではシャリア(イスラム法)が敷かれる北部に比べ、南部では同性愛に寛容で、ウガンダも同様だった。

 しかし、現在のアフリカでは、キリスト教の中でも同性愛を批判する保守派の福音主義者が勢力を拡大している。アフリカ南部のザンビア出身の英国国教会司祭で米シンクタンク研究員のカピャ・カオマ師は論文で「米国の保守福音主義者がアフリカでのホモフォビア(同性愛嫌悪)を促進するのに大きな役割を果たしている」と主張する。保守派が同性愛の「危険性」を訴えることで、人権擁護に熱心なキリスト教主流派を追い込んでいると分析した。

 バロンゴ氏も今回の法制化について、「米国の福音主義者は表面には出て来ないが、背後から支援している」と指摘した。

 参照 米、同性婚容認に賛否 2013/06
    同性愛者受難(南アフリカ)2012/06
    セサミストリートの人気キャラに同性婚させてと署名に活況 2011/08
    同性婚禁止は「合憲」2006/10

| | トラックバック (0)

2014年3月20日 (木)

鳥獣保護法の改正

 毎日新聞(3/19)から、

 シカやイノシシによる農作物被害などが深刻化し、鳥獣保護法が抜本的に改正される。改正に向けた答申をまとめた中央環境審議会(中環審)小委員長の石井信夫・東京女子大教授(専門は哺乳類保護管理)にインタビュー。

 ☻中環審の答申を基に鳥獣保護法改正案が今国会に提出された。そのポイントは?

 現行法は野生鳥獣の捕り過ぎを防ぐ仕組みが基本になっている。改正案は、ニホンジカやイノシシなど、種によっては積極的に捕獲を進めて数を減らすという考え方を明確に打ち出し、そのための仕組みを定めている。
 これまで捕獲の主な担い手は趣味で狩猟をするための免許を持つ人たちだったが、技能や安全管理体制などの基準を満たす団体や企業を「鳥獣捕獲等事業者」として認定する制度を導入し、捕獲を専門とするプロの育成を促進する。都道府県や国が〔鳥獣捕獲等事業」を認定事業者に委託して実施することで、より効率的に捕獲が進むと期待される。

 【鳥獣捕獲等事業者】
 鳥獣保護法改正案に盛り込まれた新制度。捕獲に関する安全管理体制や、所属する狩猟者の技能・知識が一定の基準に達している企業や団体を都道府県知事が認定する。ビジネスとして狩猟を担う団体が参入することで、効率的に捕獲が進められると期待される。

 ☻野生鳥獣に被害はそれほど深刻なのか

 鳥獣による農作物の被害額は、農林水産省が調査を始めた1999年度から年に200億円前後で推移し、2010年度は239億円に上っている。そのうち、90年代から目立つようになったニホンジカによる被害額が約80億円、イノシシと合わせて全体の6割以上を占めている。
 シカが植物を食べることによって、ササなどの下草がなくなる、樹木が枯れて森林が衰退するといった自然環境の激変も日本各地で起こっている。南アルプス高山帯のお花畑の消失、尾瀬の湿原の荒廃など、多くの国立公園でも歴史上初めてといえる事態が起きている。植生が変われば、そこに見られる希少な植物や鳥、虫なども消えてしまう。こうしたことの背景には個体数の増加と分布域の拡大がある。シカの分布域は78〜03年の間に1・7倍、イノシシは1・3倍になり、その後も拡大している。

 ☻シカやイノシシが増えた原因は何?

 狩猟圧の低下と、生息に適した環境の増加が主な要因と考えられている。狩猟免許所持者の減少と高齢化は急速に進んでいる。天然林を伐採してスギやヒノキを植える戦後の拡大造林はシカの餌場を増やした。シカやイノシシの良い住み場所になる耕作放棄地や利用されなくなった里山林も広がっている。冬期の死ぬ率が低下したこと、狩猟規制の緩和が遅れたことなども関係していると言われている。

 【狩猟免許所持者】
 減少が続いており、最近40年で6割以上減り、2010年度は約19万人。高齢化も進み、60歳以上が約64%を占める。鳥獣保護法で認められる捕獲には、①趣味などの狩猟 ②都道府県知事などによる許可捕獲(被害防止、個体数管理)があるが、②の場合も実際の捕獲は地元猟友会が行なうことがほとんど。免許所持者の減少が許可捕獲の担い手不足に直結している。

 ☻捕獲強化には、動物愛護などの観点から反対の声もある。

 動物を殺すのはかわいそうという気持ちは自然な感情だと思います。でも「捕獲は安易で、殺さずに済むやり方があるのではないか」という考えは都市生活者の幻想です。農作物や生活環境の被害を抑えるために、今でも都道府県知事などの許可の下に「有害鳥獣駆除」や「個体数調整のための捕獲」が行なわれ、鳥獣捕獲数は年約100万頭に上っている。そのうち、10年度はイノシシが約25万頭、シカは約20万頭で、2種ともに狩猟による捕獲数を超えている。
 これだけの動物を毎年殺すことによって、野菜や米など私たちの食料が生産され、生活が守られていることを認識してほしい。時に危険な「有害駆除」に携わっている人たちには感謝するほかない。しかし今の捕獲レベルは十分でなく、今回の法改正提案に至った。捕獲しなければ、動物の数は更に増えて農林業被害はもっと深刻化し、衝突事故や生活被害も増える。自然からも多くのものが失われる。それは誰も望まない。

 ☻自然との関わり方が改めて問われている。

 動物である人間は生態系の中の「消費者」であり、他の生き物の命を取り、住む場所や食物を巡って他の動物たちと争わなければならない存在だ。昔の人にとっては、農作物を荒らすシカやイノシシの数を抑え、山に押し込めることは、死活問題だったと思う。今はその緊張関係が弱まっている。自然から切り離された都会に暮らしていると分からないが、ある側面では本来の人と自然の関わり方に戻ることが求められていると思う。

 ☻今後の課題は何?

 新しい仕組みができたとしても、実際に効果を上げるには、人材の確保や育成が必要だ。捕獲事業が適切に行なわれるよう専門家を自治体に配置するなど体制作りも欠かせない。捕獲強化だけでなく、長期的には生態系全体の保全を考慮して山の環境を整えていくことも重要になる。
 また、現状や捕獲の必要性を多くの人に理解してもらう普及啓発が課題だ。捕獲された動物を山の幸として活用することも、そのために役立つと思う。狩猟が自然を守るのに貢献することを広く知ってもらい。特に若い狩猟者が増えることを期待っしている。

《常々、殺した動物の肉を口にしながら、クジラやイルカの捕獲に、同じ口で異を唱える動物愛護を唱える人たちを筆頭に、殺した動物の皮を纏って暖をとる人、足に履く人、肩から下げたり脇に抱える人、首に巻く人たち。可愛がるつもりの動物自身には余計で迷惑なトリミングや首輪にくさり、人間の独りよがりの自己満足でしかないのが理解できないのか。石井教授の説も分かるが、動物たちが現状のように住みにくくなったのも、我が物顔の偉ぶった人間の開発に次ぐ開発の結果そうなったものだろう。記事には特に目立つ大きな字で「狩猟は自然を守る」と書くが、私には、人間の勝手な言い分にしか聞こえない。私はこれまでに『命』の問題として多くを書いてきたが、数篇を参照に付す。》

 参照 世界遺産「白神山地」シカ食害危機 2013/10
    「秩序ある狩猟」 2011/09
    知床、尾瀬国立公園で初の鹿駆除実施へ 1010/07

| | トラックバック (0)

2014年3月19日 (水)

大学生内定率改善82・9%

 毎日新聞(3/19)から、

 1今春卒業予定の大学生の就職内定率(2月1日現在)は、前年同期比1・2ポイント増の82・9%だったことが18日、文部科学、厚生労働両省の調査で分かった。過去最低だった2011年2月の77・4%から5・5ポイント改善し、3年連続で前年を上回った。

 文科省の担当者は「景気の回復傾向で企業の採用意欲が増していることに加え、学生も諦めずに就職活動を続けている結果ではないか」と分析するが、リーマン・ショック前の88・7%(08年2月)からは5・5ポイント低く、内定を得ていない学生も約7万8000人いると推計される。同省は厚労省、経済産業省と連携し、引き続き学生を支援する。

 全国の国公私立大62校4770人を抽出して推計した。

 大学の校種別や分離別で見ると、国公立大は84・9%(前年同期比1・6ポイント減)、私立大は82・3%(同2・2ポイント増)。文科系は81・2%(同0・8ポイント増)、理科系は90・7%(同3・2ポイント増)で、男女別では男子が82・2%(同0・9ポイント増)、女子は83・7%(同1・7ポイント増)。

 地域別では関東が最も高く88・3%(同5・3ポイント増)。次いで近畿83・4%(同0・7ポイント増)▽北海道・東北81・4%(同0・1;ポイント減)▽中部81%(同0・5ポイント増)▽九州74・8%(同2ポイント減)の順。

 一方、厚労省がハローワークや学校を通じて調査した14年3月卒業の高校生の内定率は1月末現在で90・7%(前年同月比2・4ポイント増)となり、08年のリーマン.ショック前の水準を回復した。90%を超えるのは1994年以来、20年ぶり。

 男子生徒は92・4%(同1・8ポイント増)、女子が88・3%(同3・2ポイント増)。求人数は約25万人(同13・3%増)で求人倍率は1・49倍(同0・20ポイント増)と増えている。求人は、建設業35%、サービス業20%、飲食業17%が前年より増加、内定率上昇の一因となった。

| | トラックバック (0)

2014年3月17日 (月)

ペットのにおい 対策は

 毎日新聞(3/17)から、

《現在は吸わなくなって20年経つが、まだ30代(うーん、半世紀も前のことだ)のころ、人より遅く吸うようになっていてタバコを買うのは常に「たばこ屋」だった。ある日、初めて訪れたばこ屋で購入することになったが、小さなガラス窓の向こうに着物姿のお婆ちゃんが、隣に犬を座らせて店番をしていた。私の求めに応じてそのお婆ちゃんがガラス窓を開いた途端、部屋の奥からの生暖かい空気とともに、飼い犬の吐き気をもよおす淀んだ空気が鼻を突いた。思わずそれ以上息を吸い込むこともできず、無言で息を殺し、たばこを奪うように手にして支払いをすませると後ろを向いて息を吐いた。》

 家族の一員としてペットが室内で暮らす場合、「においがきつい」「来客に臭いと思われたくない」と悩む飼い主は多く、さまざまな消臭グッズも増えている。愛犬や愛猫と一緒に心地よく暮らすためにはどのようなにおい対策を取ればよいのだろうか。

 小林製薬(大阪市中央区)が昨年11月、室内で犬を飼う全国の210人を対象に尋ねたところ、47・1%が「自宅でのにおいが気になる」と答えた。においが気になる時(複数回答)は、犬に近寄った時(52・5%)▽犬のいる部屋(43・4%)▽帰宅時(28・3%)▽来客時(18・2%)・・の順だった。

《自分の帰宅時に気になるにおいが、来客時には10%も低いとする神経は、他人への迷惑を気にしない随分勝手な神経だ。》

 フランスの高機能ペットフードメーカー「ロイヤルカナンジャポン」(東京都港区)の獣医師、原田洋志(48)は、「『臭い』とにおい消しに走る前に原因を知ってほしい。においは健康のバロメーターです」と話す。

 原田によると、犬のにおいは主に①体臭②口臭③糞尿集・・の3種類。犬の汗は皮脂や蛋白質を多く含み、酸化して毛穴が詰まり細菌が繁殖することで体臭になる。人間て言うワキガ臭と同じ原理。皮脂の分泌が増えると体臭が強まるが「食事の栄養バランスが重要で、脂肪分が多過ぎても少な過ぎても皮脂の分泌が増えます。また、亜鉛や銅などのミネラル不足やビタミンA不足でも、皮脂の分泌が増えます」(原田)。

 口臭は歯垢や歯石に繁殖した細菌がにおいもの。放置すると、歯槽膿漏で歯を失ったり、心臓病や腎臓病を引き起こしたりする。原田は「歯の治療は全身麻酔が必要な大治療なので、できれば、小さい頃からの歯の掃除を嫌がらないよう躾けるのが望ましい」と話す。また、糖尿病や肝臓病で口臭が発生することもあり、普段と異なる強いにおいは注意が必要だ。

 糞尿集は腸内で未消化の蛋白質が分解される時の悪臭。原田は「消化の良い蛋白質を与えることや、食物繊維を多く含む食事で腸の働きが改善します。また、運動不足だと腸の働きが鈍ります」とアドバイスする。いずれも食べるものの影響が大きい。「どんなペットフードが適するかは犬種や年齢で異なるので、ペットショップに相談してほしいい」。

 ペット用のタオルやシートが不潔でにおう場合もある。ライオン商事(東京都墨田区)と東京農工大獣医学科が先月発表した共同調査では、室内飼育のペット周辺の衛生環境を調べたところ、細菌や真菌(カビ)が通常の100〜1000倍検出された。これは洗剤で洗濯するだけで通常程度に減少したという。

 乳幼児や高齢者など抵抗力の弱った人が日和見感染を起こすこともあり、同社は「唾液や汚物が付着しやすいタオルやマットなどペットの使用する布製品はこまめに洗濯し、清潔を保つことが重要」としている。

 健康と衛生に気を配っても気になるにおいには消臭グッズを上手に使いたい。「犬は嗅覚が鋭く、嫌いな香りには歯を剥き出して吠えたり、後ずさって逃げたりするストレス行動を見せます」。犬2000頭を対象としたテストで、犬が好むのはカモミールやローズマリーなど草むらや土のような香りであることが分かった。

 猫は、獲物に近づいて狩りをするために体をなめてにおいを消す習性があり、体臭や口臭は犬よりずっと少ない。糞尿集はおしっこが濃いと強くなるので、水分を十分に与えること。水を飲みたがらない性格の場合は、ドライフードよりもウエットフードが水分を補給できるという。

 

| | トラックバック (1)

2014年3月14日 (金)

社会的な常識

 毎日新聞(3/14)から、

《今朝のテレビを見ていて感じた。父親の突然の死で悲しみに暮れる彼女にあまり辛辣なことは言いたくないが、32歳にもなっていて、公共の電波で話す言葉に父親の死に同情というよりも、アナウンサーの問いかけに答えるのに、自分の父親を「おとうさん」「おとうさん」と繰り返し何度も連発する言葉に耳を疑った。これまでも随所で書いてきたが、彼女に限ったことではない。近ごろの言葉の乱れは昔の小学生でも上級生になれば、(「パパ」や「ママ」で育つ現在とは違うが、家庭内教育や教師の教えもあった)きちんと使い分けられた「父」と「おとうさん」、(「母」と「おかあさん」も同じだ)を時と状況で使い分ける区別ができないのだ。父の死を悲しむ彼女に同情するよりも、社会的な言葉も使い分けられない彼女に同情する。》

 11日に父栄勝さん(享年61)をくも膜下出血で亡くしたレスリング女子の吉田沙保里(ALSOK)は13日、津市で営まれた通夜の前に報道陣の取材に応じ、国別対抗戦「女子ワールドップ(W杯)」(15、16日・東京)への出場を明言した。涙を流しながら「(代表コーチをしていた)お父さんは絶対に出ろと言う。お父さんのためにも、優勝に力を貸せるよう頑張りたい」と気丈に語った。

 14日は午後0時半から葬儀に参列した後、東京都内で行なわれる計量に向かう。55キロ級五輪3連覇の吉田は今回、新設された53キロ級でエントリーしている。吉田は「新しい階級になって、お父さんも楽しみにしていた。お父さんはれレスリングを優先してきたので、一緒に戦ってくれると思う」と語った。

 11日から練習は行なっていないが、榮和人・女子日本代表監督は「問題はメンタル面だけ。なぜ出場させる、と言われるかも知れないが、本人が決めたこと」と話した。

 参照 23年度「国語に関する世論調査」2012/09
 

| | トラックバック (0)

2014年3月13日 (木)

2060年の労働人口3795万人に

 毎日新聞(3/13)から、《》内は私見

 参照 東京の人口 2060年に300万人減少 2013/11
    2020年、1人暮し世帯(単独世帯)が34・4%に 2009/12

《何も考えず、のんびりと生きている人たちには想像することも及ばないだろうが、いずれ、そのうちに日本という国は、近くの大国の属国、いや属州にでもなるのだろう。国家としての存在も危ういのに、メディアも政府も、ただただ数字を弄くり回すだけで、数字が何を意味するのか、その内実に関して問題提起もせず、趨勢に呑み込まれ、流されていくだけなのだろう。》

 内閣府は、15歳以上の就業者と完全失業者を合わせた日本の労働人口が2060年に3795万人に減る恐れがあるとの推計をまとめた。13年の6577万人から約2800万人減る計算だ。

 推計は女性や高齢者の労働参加率や出生率などが現状から改善しないケースで実施した。労働力人口は13年から30年までは毎年平均53万人、30年から60年までは平均63万人減ることになる。日本経済の実力を示す「潜在成長率」は31年から30年間の平均で年率マイナス0・9%になるとの見通しも示した。

 一人の女性が生涯に産む子どもの数を示す「合計特殊出生率」が現在の1・4程度から、人口が減らないとされる2・07に上昇し、女性や高齢者の労働参加率が大きく改善したケースでも5407万人にとどまるとした。

 内閣府は「日本経済の存在感が失われかねず、今から出生率の改善や生産性向上に本腰を入れるべきだ」(幹部)と警鐘を鳴らした。

《問題は、外国人の労働力の増加だけで補えると捉える程度の「日本経済の存在感」などではない。出生率の低下は、日本国そのものの生存が危うい状況なのだ。》

| | トラックバック (0)

2014年3月11日 (火)

硫黄島の遺骨収集

 毎日新聞(3/11)
 連載『現代史探検』の最終回12回[硫黄島の遺骨収集]から

 太平洋戦争末期の1945年、太平洋の孤島である硫黄島(東京都小笠原村)で日米両国が激突し、日本軍2万人以上が戦死した。戦後70年近く過ぎた今も、半数の遺骨が現地で眠ったままだ。「未完の戦後」を象徴するかのような同島だが、事態が大きく動く可能性が出てきた。

 参照 硫黄島の遺骨収集 2010/12
    硫黄島の遺骨収集は 2009/07
    硫黄島 2006/11
    遺骨収集事業 2005/12

 昨年12月。硫黄島にある滑走路の移設に着手し、滑走路地区全体を掘削、遺骨収集に着手することが、関係省庁の会議で決まった。スケジュールなど詳細は未定だ。「とにかく、政権として全面的な遺骨収集という方向性を決めたかった」。新藤総務相は2月末、社のインタビューに対し、語った。

<中略>

 *《滑走路下に埋められていることは早くから分かっていた。日本の敗戦も近い時期、日本本土爆撃の拠点として硫黄島がB29の出撃飛行場として必要なアメリカ軍が、多くの日本兵の遺体を一緒に地ならしし、その上に滑走路を施設したことは、旧いブログの参照でも触れておいた。同島では米軍人も6821人が戦死しているが、小笠原諸島返還(1968年6月26日)前にすべて掘り起こし、米国のアーリントン墓地に移した。また、同飛行場は1968(昭和43)年以降、自衛隊が使用。》

 日本政府による遺骨収集は52年度に初めて行なわれ、68年度からほぼ毎年行なわれている。1年で2837柱を収容したこともある(69年度)。だが次第に減り、2009年度までの10年間は年平均で64柱だった。

 10年、事態は大きく動いた。民主党政権の菅直人首相は「アメリカに資料があるはずだ」として、米国通の阿久津衆院議員(いずれも当時)を米国立公文書館に派遣。現在の自衛隊滑走路西側と、激戦地だった擂鉢山の麓に集団埋葬したとする記録を発見した。これに基づいて調査したところ、10年度だけで822柱、11年度は344柱を収容した。「政治主導」が成果を上げた一例である。

 それでも、今年2月までに収容した遺体は約1万柱で、戦死者の半数程度にとどまる。

 長年懸案になっているのが、島の中央部にある自衛隊航空基地の滑走路下だ。

 <中略>

 防衛省は「高性能地中探査レーダ」を開発し、12〜13年度、l滑走路や誘導路などの調査を行った。地下10メートルで50センチ規模の空洞を、地下4メートルでは直径3センチの円柱状の固形物を探査できる。前者は日本軍の地下壕を、後者は遺骨の大腿骨を想定したものだ。この結果、滑走路下で3カ所の壕が確認された。このうち1カ所は未探査だ。また1798カ所で、固形物が埋まっているとの反応があった。

 4月以降、レーダーで反応があった場所を掘削し、遺骨が見つかれば収容する。その結果を踏まえ、現滑走路の移設に着手し、地区全体で掘削と遺骨収集を進める。一連の事業には10年以上、総額500億円程度かかる見込みだ。

 滑走路地区に、どれほど遺骨が眠っているのか。滑走路付近で試掘したところ、固形物の反応があった9カ所のうち8カ所から出土したのは石だった。もう1カ所はレーダーが地層の変化に反応したと思われ、やはり遺骨は見つからなかった。「掘ってみなければ分からない」のが現状だ。

 生還者の一人、元海軍上等兵曹、金井啓(09年、85歳で死去)は生前、インタビューにこう語った。「米軍の攻撃が激しく、目の前で倒れた戦友さえ埋葬できなかった。せめて遺骨を帰してあげたい」。

 戦没者遺骨は、海外で100万柱が眠ったままだ。硫黄島は、離島とはいえ首都東京の一部。そこでどのような成果を上げるのか。生還者や遺族が高齢化する中、政府にとっての試金石である。

《遅きに失するが、遺骨が戻って来られる戦死者はまだいい。海戦で海の藻屑と消えた人、神風特攻隊で敵艦に突っ込んで粉砕していった若者、敵艦にまでとどかず、空中で撃ち落とされて海中に沈んで行った若者たちは、日本に、故郷に、父や母、妻や恋人、兄弟姉妹のもとに、帰って来る望みはないのだ。》

 参照 戦争はまだ終わってはいないー、放置されたままの「英霊」 2008/10
 

| | トラックバック (0)

2014年3月 9日 (日)

子宮に異形成細胞、原因は

 毎日新聞(3/9)”Dr北村のクリニックようこそ”から、

 Q 子宮頸癌の検診を受けたら、「前癌状態の『異形成細胞』が気になるので子宮の入り口を切除しましょう」と言われました。原因は性行為でうつるウイルスなのですよね。まさか夫が浮気をしたのでしょうか。(64歳)

 A 一般的なウイルスで、浮気とは無関係

 子宮頸癌の早期の発見・治療のために細胞を採取した検査の結果はとても重要です。私たち産婦人科医は、細胞診の検診結果を踏まえて、子宮頸癌の原因であるHPV(ヒトパピローマウイルス)のタイプが高リスクかどうかを確認し、さらに精密検査を行ない治療に進めるかを判断します。子宮の入り口を切除するというのは、異形成がある部分を円錐状に切り取る円錐切除のことだと思われます。

 僕自身は、検査を受けた以上、異常が発見されたら潔く決断し、行動するのが大事だと考えています。いたずらに時間が経ち、心が決まった時には手術も困難なほどに癌が進んでいたのでは泣くに泣けないですからね。

 気になるのは「性行為でうつるウイルスが原因なら、夫が浮気して自分にうつしたのでは」と危惧していることです。「私は夫以外との性行為はない」という自信に満ちた言葉と受け止めています。子宮頸癌はHPVの感染が原因で起こることが知られています。大雑把なデータになりますが、1万人の女性が性行為をすると、数週間から2年ほどで6割以上がHPVに感染します。でも、うち9割近くから間もなくHPVが検出できなくなります。検出できないのは、免疫力で自然に治癒したのか、組織内にウイルスが潜伏したのか意見の分かれるところです。その後、数年から十数年でHPVに感染した1〜6%程度が前癌期を迎えます。それでも、約5%は自然に治ります。

 子宮頸癌になって手術や放射線療法、化学療法などを施さなければならなくなるのは感染者の0・1%、60人ほどと言われています。HPVは子宮頸癌の原因ですが、感染したからといって必ず子宮頸癌を発症するわけではないことをご理解ください。また、子宮頸癌になっても、他人に感染するわけではありません。そこがクラミジアや淋菌、HPVなどと異なり、子宮頸癌を性感染症と呼ばない理由となっています。

 HPVはごくありふれたウイルスですから、性行為以外でも感染の危険性があります。例えば、ドアのノブに付着したHPVが、手指から性器へ感染したという報告もあるので、夫の浮気を疑うのはアホらしいと思われます。

 大切なのは、HPVの出所を突き止めることではなく、体にできた異形成細胞が癌へ移行する前に進行を断ち切れるかどうかです。もちろん、円錐切除をしたとしても、その後の定期検診を怠るわけにはあいかないことを申し添えます。(日本家族計画協会クリニック所長、北村邦夫)

| | トラックバック (0)

2014年3月 8日 (土)

1日の家事労働 日本男性1時間2分

 毎日新聞(3/8)から、

 「OECD加盟国中 やっぱり最低レベル」とある。

 経済協力開発機構(OECD)加盟国中、男性が家事労働に充てる時間は日本が最低レベルとの調査結果を、8日の「国際女性の日」を前にOECDが7日までに発表した。ロイター通信が報じた。

 調査結果によると、日本の女性が家事や買い物など「無償労働」に1日約5時間を費やすのに対し男性は1時間2分にとどまった。

 最も「協力的」だったのはノルウェーの男性で約3時間、女性は3時間半を充てていた。家事労働に最も長時間を費やしていたのはトルコの女性で6時間だった。

《これら他国の労働を含む生活様式、家族構成や慣習が分からないので、発表された比較をそのまま信じていいものか。同じ女性といっても専業主婦なのか共働き家庭なのかの区分もデータでは分からない。日本の共稼ぎで家事や買い物にどうして5時間も充てられるのか。記事を読んで、「あっ、そうなの」で終わるだけだ。》

| | トラックバック (0)

2014年3月 7日 (金)

続・代理出産を限定容認(自民PTが3素案)

 毎日新聞(3/7)から、

 参照 ①代理出産を限定容認(自民PTが素案)2014/01
    ②学術会議報告案「代理出産 全面禁止」2008/02

 自民党の「生殖補助医療に関するプロジェクトチーム」(PT、座長・古川俊治参院議員)は6日、不妊治療などの生殖補助医療に伴う第三者の精子・卵子使用や代理出産を、条件付きで認める法案の素案を示した。第三者が関与できるのは法律婚の夫婦に限定し、代理出産は妻が医学的に妊娠できない場合に限った上で、条件の異なるA〜Cの3案に分類。生殖補助医療で生まれる子どもと親の法的関係も定めている。

Photo 素案は精子・卵子のいずれかが第三者提供である場合に加え、精子、卵子がともに第三者提供というケースも容認。代理出産は、妻が先天的に子宮がなかったり摘出したりした場合などに限って認め、実施する医療機関を厚生労働相が指定する点は共通している。

 その上でA案は代理出産について、夫婦間の精子・卵子による受精卵のほか、妻に卵巣が場合は夫の精子と第三者の女性の卵子を使うことも認める。一方、B案では精子・卵子使用を夫婦間に限っており、さらにC案は代理出産自体を家裁による許可制とした。

 夫婦や提供者の斡旋や同意書の保存は厚労相の指定機関が行ない、同意書は80年間保存。第三者の精子・卵子で生まれた子どもの遺伝情報を確認できる仕組みだが、子ども自身に出自の確認を認めるかは賛否が割れており、今回の法案では結論を出さない方針だ。

 法的な親子関係は3案とも出産した女性を「母」と認定。ただC案では家裁の許可を得て行なう代理出産の場合、依頼した夫婦の側を「父母」とした。PTは議員立法で今国会の法案提出を目指すが、伝統的な家族観を重視する自民党保守派の反発も予想され、意見集約は不透明だ。

 法案の焦点の一つが、第三者に妊娠・出産をしてもらう代理出産を認めるかどうかだ。

 代理出産を巡っては、斡旋業者を介して米国やインドなどの海外で依頼する日本人夫婦が後を絶たない。

 しかし、生まれた子の引き渡し拒否 ▽子の引き取り拒否 ▽引き受けた女性の死亡 ▽子どもの傷害による中絶 ——などさまざまなトラブルが報告されている。国内でも、ごく一部の医療機関で実施され、国内で公的ルールを整備し限定的に道を拓くよう求める声が上がっていた。

 妊娠.出産は女性の心身に大きな負担やリスクを伴ううえに、代理出産には「女性の体を道具として使うことにならないか」という倫理的な懸念がある。

 このため、厚生労働省の部会は2003年、代理出産を禁じる法制化を求めたが、国会議員の反対などで見送られた。日本学術会議も08年に原則禁止の提言をまとめた(参照②)。また、日本産科婦人科学会も実施を認めていない。

 今後の議論では、海外の事例から予想されるトラブルへの対応策、出産を引き受ける女性や生まれる子どもへの十分な配慮が求められる。

 3/8、追記【参考】
《子どもの出自を知る権利はしっかりと法整備するべきだ。すでに1万5000人以上の赤ちゃんが誕生している。将来に亙って数が増えれば、確率は小さいが、兄弟姉妹間の婚姻が発生することもないとはいえない。》

 提供精子で誕生の男性の「遺伝場の父 知りたい」。
 
 第三者の提供精子による人工授精で生まれた横浜市の医師、加藤英明(40)が「遺伝上の父親を知りたい」と、治療を実施した慶応大病院(東京)に精子提供者の情報を開示するよう求める文書を7日、送付した。

 提供精子を使った不妊治療は「非配偶者間人工授精(AID)」と呼ばれ、国内で60年以上前から実施されてきた。1万5000人以上の赤ちゃんが誕生されたとされるが、生まれた子どもが遺伝上の父の開示を文書で請求数するのは極めて異例。

 慶応大病院のAIDの責任者である吉村泰典教授(産婦人科)は取材に「約40年前のことなので(加藤さんを含めて)記録画が遺棄され、提供者は確認できない」とした。

 加藤は医大生だった2002年12月、血液検査の実習がきっかけで父親と血のつながりがないことを知り、精子提供で生まれたことを母親から聞かされた。「自分の体の半分が、名前も分からない誰かでできているという感覚は今も消えない。精子提供者の開示を認める精度を整備してほしい」と話す。

 出自を知る権利をめぐっては、厚生労働省の部会が03年の報告書で精子提供者開示の制度化を盛り込んだが、実現していない。

 参照 卵子・精子提供 親が子に告知「必要ない」37% 2013/09

《親といえども、子の出自を知る権利を隠蔽し、妨害する権利はない。》

| | トラックバック (0)

2014年3月 6日 (木)

児童虐待 最多2万1600人

 毎日新聞(3/6)から、

 参照 児童虐待 最多248件 2012/09
    児童虐待 過去最多更新 2012/07

《相も変わらず、データを寄せ集めては、増えた増えたの大騒ぎをするだけだ。また、通告をしたというが、通告をしただけで虐待が減るものならそんな楽な仕事はない。》

 全国の警察が2013年に虐待の疑いがあるとして児童相談所に通告した子どもの数は前年比31・8%の2万1603人で、統計を取り始めた04年の22倍に上り、過去最多だったことが警察庁のまとめで分かった。子どもの前で配偶者に暴力を振るう「面前DV(ドメスティックバイオレンス)」)が同48・8%増の8059人で全体の数字を押し上げた。同庁は「DV事案の認知件数が増加したことや面前DVも虐待という認識が広まった」と分析している。

1_2 通告を類型別にみると、「生まれて来なければよかった」との暴言を繰り返すなどの心理的虐待が1万2344人(前年比49・3%増)で全体の約6割を占め最多。うち65%が面前DVだった。続いて、身体的虐待6150人(同17・8%増)▽食事を与えないなどの育児怠慢・拒否2960人(同8・2%増)▽性的虐待149人(同8・6%増)・・だった。

 警察によると摘発件数と摘発者数は、それぞれ467件、482人で、いずれも過去最多だった前年と同水準だった。摘発件数で最も多かったのは身体的虐待で334件。心理的虐待は被害の立証が難しいこともあり、摘発は子どもに刃物を突きつけるなどした16件にとどまった。

 摘発された事件で被害者となった子どもの数は475人で、うち25人が死亡した。子どもの側からみた加害者との関係は、割合の多い順に ▽実父37% ▽養父・継父24% ▽実母20%・・などだった。

 一方、警察が昨年に摘発した児童ポルノ事件は前年比3%増の1644件、被害者の子どもは同21%増の646人で、きずれも過去最多だった。

| | トラックバック (0)

2014年3月 5日 (水)

小便小僧ならぬ・・・

 NHK 衛星放送で長年続いている「世界ふれあい街歩き」という番組がある。
 2008年5月に放映分の『クロアチアのドブロブニク』再放映が4日にあった。現在は60分枠になっているが以前は45分枠だった。録画したあと、DVDにダビングして眺めていた。

 番組の終に近く、高台に上る途中、ウェディングドレスを仕立てる(これまでに街の花嫁の300人近いオーダーのドレスを縫い上げてきたという)寡婦と会話した後、暇(いとま)を告げて城壁を上に向かう途中、婦人の工房の屋上花壇を通り過ぎる途中、それを発見した。

 撮影クルーは興味を惹かれて立ち止まって眺めていると、中の階段から追いかけるように婦人が屋上に顔を出し、「面白いものを見せるわ」と案内したものが、小便小僧ならぬ小便婦人だった。

 「3年前に亡くなった主人が、小便小僧があるんだったら、小便婦人があってもいいや、と造って飾ったのよ」と説明しながら、止まっていた水道水の栓を開いた。女の石像は股間から勢いよく小便を迸らせた。

 女主人は、亡くなった夫のいたずらを懐かしむように語りながら、再びクルーを室内を抜けて海の見えるテラスに案内して、ドブロブニクの景色を自慢した。

P3051039_4P3051043_2

《以前より『小僧』があるのなら、『少女』か『女』があってもよかりそうなもの、と考えていた。世の中には、同様に不公平さを作品に、と考えつく人もいるものだ。或いは考えても、実践して像を創る洒落っ気のある芸術家がいなかっただけなのだろうか。》

| | トラックバック (0)

2014年3月 4日 (火)

進まぬ新法解剖「死因不明の遺体解剖」

 毎日新聞(3/4)から、

 犯罪死の見逃しなどを防ぐために「新法解剖」が導入されて11カ月。期待された解剖率の向上や地域格差の改善は進まず、実態は当初の思惑とはほど遠い。法的な枠組みが変わっても解剖医が不足し、かつ偏在するという構造的問題が解消されていないためだ。

 解剖医は全国に約170人とされるが、本社の全国調査によれば、長野や岐阜、高知など13県では昨年1〜9月に司法解剖を行なった解剖医は1人だけだった。一方、私立大の医学部が集中する都市部では、東京17人、大阪9人、京都、神奈川各7人・・などで偏在ぶりが目立つ。新法解剖を実施するのは大半が司法解剖と同じ医師であり、地方の実情はより深刻だ。

 日本法医学会の池田理事長も「地方の法医学教室の態勢は司法解剖だけで手いっぱい。新法解剖が導入されても解剖件数は増えるわけがない」と指摘する。

 2007年に時津風部屋の力士が暴行され死亡した事件で警察が当初病死と判断し解剖に回さなかった問題などを受け、警察庁の研究会は11年、解剖率が諸外国より低い点を指摘し、「解剖率を5年程度で現在の倍の20%、将来的には50%に向上させるべきだ」と提言。大学の法医学教室のスタッフ増員などを求めた。

 しかし、臨床分野でも医師確保は困難で、法医学分野にだけ多くの学生を集めるのは難しい。国公立大学の法人化で経営効率化が迫られている影響もある。また、人材育成には相当の時間と適切な環境が不可欠。解剖数だけを無理に増やそうとすれば医師のオーバーワークに拍車がかかり、解剖の質の低下も懸念される。

 打開策として医師関係者から提示されているのが、遺体をCT(コンピューター断層撮影装置)やMRI(磁気共鳴画像化装置)で撮影するAi(オートプシーイメージング=死亡時画像診断)だ。

 Aiに詳しい放射線科医は「CTで全体の3割、MRIなら6割の死因が分かる」。死因判定率7〜8割とも言われる解剖には劣るが、現状は遺体を外から見て調べる「検案」のみで判定している場合も多く精度は向上するとみられろ。画像診断が専門の放射線科医は約5000人おり、日本はCTとMRIの整備率が世界トップクラスであることもプラス材料だ。

 ただ、Aiにしても利用拡大には、CTなら1体約5万円とされる画像診断料の公費負担など財源問題をクリアすることが必要だ。12年に成立した死因究明推進法は「死因究明の推進は生命の尊重と個人の尊厳の保持につながる」とうたう。国が財政措置を含め早急に態勢整備を進めることが求められる。

2_2 全国調査の回答からは、新法解剖が於かれている現状と課題が見え隠れする。

 山形県警は「司法解剖を実施するほどの犯罪の疑いが認められないものの死因が不明な遺体について、警察所長の判断で解剖が可能になり、犯罪性の有無の判断に役立っている」とする。

 新法解剖は遺族の承諾が不要。犯罪死が見逃された過去のケースでは遺族が容疑者だった例もあり、真相究明に役立つとの期待はある。茨城県警は「身元不明の遺体や遺族と連絡がつかない遺体も解剖して死因を明らかにできる」。ただ、遺族に解剖の必要性を説明することは求められ、長野県警は「抵抗感がある遺族もいて理解を得るための説明に苦心している」と明かした。

 解剖医や予算の不足など態勢不備を指摘する声も根強い。

 3_3 香川県警は「解剖数が増加し、解剖医の負担が増えている」と懸念する。岡山県警は「欧米レベルまで解剖率を向上させるためには、解剖医及び解剖施設の絶対数を大幅に増加させるとともに、解剖による死因究明の必要性について国民的な認識の向上を図る必要がある」と強調した。

 また、栃木県警は「(法施行から)半年を経過した時点で年間予定解剖数を超過しており、今後いかに知事部局に理解を深めてもらい、予算を獲得するかが課題」。広島県警は「1体当りの費用が限定され、解剖医が絶対的に自信が持てる結果が得られない遺体もある」と答えた。

 新法解剖導入後も解剖率が伸びていないことに対し、警察庁の担当者は「必要な解剖を実施した結果」とだけ答えた。

 また、遺族の承諾を得て行なう「承諾解剖」について、今年度当初に計上された予算額を各都道府県に聞いたところ、東京(23区を除く)が1億3830万円でトップ。茨城1100万円、沖縄1008万円 ― などが続いたが、全体のほぼ半数は数十万円台で、静岡、富山はゼロ。こちらも都道府県間の格差が目立った。

| | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

5歳の娘、机の角で股間を・・・

 毎日新聞(3/3)から、

 5歳の娘のことです。暇さえあればテーブルの角に股間を押しつけています。注意すると維持的にやめるのですが、気がつくとまたしています。どうしたらいいでしょう。(36歳・母)

 <回答は日本家族計画協会クリニック所長・北村邦夫>
 女の子に限らず、男の子の親ごさんでも同じような光景を目にし大騒ぎをする方がいます。「3歳の息子に『ママ、おちんちんが気持ちいいよ』って言われて。見ると、ズボンの上から性器を刺激しているのです。どいしたらいいのでしょうか」との嘆きの電話が入りました。

 「それは大変でしたね」と慰めの言葉をかけながら、「大人と同じように、子どもも性器に触れていれば勃起もするし、気持ちよくなるのは当たり前」とお話ししました。

 大人はつい、「そこは触るところではなでいしょ」とか「不潔な手で触ってはダメ」と叱りますが、余計に性器への関心を集中させてしまいます。子どもは大人ほど性器へのこだわりはありません。「ママと一緒に走ろうか、よーいドン!」とか「お菓子を食べる?」と気持ちを切り替えさせてみてはいあかがでしょうか。

 また、時には見て見ぬ振りをするのも大切なことです。娘さんのことも同じように考えて接して上げてください。

《昔はどこの家庭にも男性のための小用をたす便器が備えられているのが普通だった。現在40歳を過ぎた長男が、やはりお尋ねの娘さんと同じ年頃のこと、私の小用を足す横にまで来て、「お父さん、ちんちん触っていたら大きくなったよ」って話したことがあった。「そうか、そのうちにもっと大きくなって破裂するぞ」って返したことを思い出した。その後長男が、破裂するかどうかにチャレンジしたのか、やめたのかは不明のままだ。》

 注意したいのは、性器やお尻が不潔なために痒くなり,性器を机の角に押しつけたり、触ったりすることがあるということです。トイレット・トレーニングがうまくいっていないことも考えられます。洗浄便座が増えてるとはいえ、紙でお尻を拭く時に、前から後ではなく、後から前に拭いていませんか。これでは、雑菌が性器を汚してしまうことにもなりかねません。それが、膣炎や鬼頭包皮炎の原因となる場合もあります。子どもは自分の状態を上手に話せず、気持ちを紛らわすために性器への刺激を繰り返すこともあります。下着の汚れが気になるようでしたら、正しいトイレット・トレーニンングをしてみましょう。

《長男のことがあった同じ頃だった。同僚の娘さんのことに話しが及び、上のドクターと同じように女の子の排便時のお尻を拭く時の注意として、前から後への動作を話ししたことがあった。医師でもないのに、育児にはそれほど心を配っていた。》

 また、主として小児期に見られる寄生虫の「ギョウ虫」が、悪さをしていることもあります。産卵時期のメスが肛門周囲に卵を産み落とすと、かゆみでお尻をかきむしったり、細菌感染したりする原因になります。性器いじりや性器を机の角に押しつけるなどの行動が、実はこうしたかゆみを抑えるための場合もあります。ギョウ虫の診断は、朝起きて立ち上がる前に、肛門に粘着性のセロハンテープをつけて、顕微鏡で付着した卵を見つけます。治療法には駆虫剤がありますので、小児科の先生に相談してください。

 性器いじりは大人の目には気になるものですが、原因を突き止めて必要な措置を講じてあげる。まずはそこから初めてみてください。

| | トラックバック (0)

2014年3月 2日 (日)

子どものネット依存、対策は?

 毎日新聞(3/2)から、

1_3 インターネット社会の進展とともに社会問題となったネット依存症。10代を中心とする子どもの患者は不登校や引きこもりで社会との接点を失うことが多く、事態は大人の患者より深刻だ。どうすればネット依存を予防することができるのか。

《今の社会、「駄目なものは駄目」と言える社会倫理が全くない。幼児からの家庭教育は無責任な親や保護者の育児監督の放棄、躾けは全くなっておらず、学校教育は子どもを叱ることもできず、我慢や制約の必要性を教える人がいない。世間は隣が何していようがお構いなし。現状のままでは、これからも依存症は増え続けることは必至。対策など見当たる訳もない。》

 東京湾を抱える三浦半島の先端近くにある独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター。毎週火・水・金の各曜日、ネット依存治療研究部門(TIAR)で診察を受ける患者が病院の問を叩く。2011年7月の設置だが、患者の約6割は未成年。2月下旬に来院した小学6年の男児(12)は「昼夜境なく1日10時間前後オンラインゲームに耽り、学校もしばしば欠席する」状態だったという。

 「親の財布からクレジットカードを抜き出し、課金制ゲームをしたり、ゲーム機を買ったりする子もいる」。医師や看護師ら7人からなるTIARを率いる樋口院長は深刻な現状に警戒感を隠さない。

 樋口院長によると、ネット依存の温床となりがちなのは、パソコンのオンラインゲーム。特に、複数の仲間とチームを組み、敵を倒しながら冒険するロールプレーイング型ゲームは要注意だという。「途中で抜けると仲間に迷惑をかける」との罪悪感から、ずるずるとゲームを続けてしまう傾向があるからだ。

 ラインやツイッターなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の普及も、ネット依存症を増やしている。子どもとネットの関係などを助言する全国webカウセリング協議会の安川理事長は「ネット上で陰口を叩かれたくないため、子どもはチャットから抜けられなくなる」と語る。

 ラインは、会話のようにリアルタイムで短いメッセージをやり取りするのが特徴。子どもたちの間では「ラインのやり取りはリアルタイムで」という不文律があり、ネット依存に拍車をかけている。

 日本大医学部の大井田教授らが12〜13年、全国の中高生約10万人を対象にネット依存に関するアンケートをしたところ、ネット依存度が高い生徒は全体の8%に達した。大井田教授らは調査結果から「中高生約52万人がネット依存状態」と推計した。子どものネット依存は、もはや他人事ではなさそうだ。

 子どもがネットの世界に没頭するきっかけとされるのが、部活やクラスでの人間関係の行き詰まり。ネット社会に詳しい東京大大学院情報情報学環の橋元教授は「孤独感が強く、人間関係にじしんがない子はネット依存に陥りやすい」と語る。

 ネット依存は精神面だけでなく、身体的にも悪影響が大きい。睡眠傷害は思考力や集中力を低下させる。また「ネットの傍らカップ麺ばかり食べて栄養不足になり、基礎体力の衰えや足の骨密度低下もみられる」と樋口院長は指摘する。

 ネット依存から子どもを守るにはどうすれば良いのか。

 まずは現状把握が重要だ。。米国臨床心理学者のキンバリー・ヤング博士が考案した「インターネット依存度テスト」によると、ネットを使う時間や心理状態に関する質問への回答を通じて、依存傾向を把握できるという。

 安川は、
 ▽子ども部屋ではスマートフォン(スマホ)に触らせない
 ▽時間を制限する
 ▽課金サービスのパスワードは親が管理する、
などを提言する。

 ただ、ネット依存に関する相談に応じる「エンジェルズアイズ」の遠藤代表は「本人が納得しないうちにいきなりネット環境を取りあげても、反抗されるだけで逆効果」と指摘する。普段から親子でコミュニケーションを取り、ネット依存の原因を把握することが大切だ。

《私見だが、遠藤代表の指摘には異論がある。このような親の、厳しさのない甘やかしが、子どもをずるずると深みに嵌らせるもっと大きな要因になっているのだ。》

 アルコール依存などと比べ、ネット依存は病状の進行が非常に早い。疑わしい症状があった時は、先ず医師やカウンセラーに相談しよう。また、ぶり返しやすいのもネット依存の特徴。樋口院長は「症状の変化に一喜一憂しないで。ネット以外の世界に徐々に関心が向くよう、子どもを仕向けてほしい」と訴えている。

<ヤング博士考案「インターネット依存度テスト>
①ネットに夢中になっていると感じる
②利用時間が長くなった
③ネットの使用時間を短くしたり、やめたりしようとしたが、
 うまくいかない
④やめようとすると不機嫌になる
⑤意図したより長時間ネットにオンライン状態になっている
⑥ネットで人間関係・学校のことを台無しにした
⑦熱中し過ぎを隠すため家族などに嘘をつく
⑧問題や嫌な気持ちから逃れるためネットを利用する
 ※ 一部改変。5項目以上に当てはまると依存傾向あり

| | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »