« 安倍晋三の仲良したちの舌禍 | トップページ | 18歳は大人でしょ »

2014年2月16日 (日)

ショッピングセンターが増えている

 毎日新聞(2/16)”読みトク!経済”から、

《日本中にあって賑やかだった商店街が大型店舗の進出で、次々に閉店に追い込まれ、閑散としたシャッター街と化し、それに輪をかけたような毒々しいスプレーの落書きが並び、街を汚し、寂れ放題になってすきま風が吹き抜ける死んだような街になって久しい。》

 ショッピングセンターは、スーパーなど核となる大型店を中心に、衣料や雑貨、レストランンなどの専門店を備えた大型の商業施設。1969年に東京・世田谷に開業した「玉川高島屋ショッピングセンター」が先駆けで、大手スーパーや不動産会社などが運営している。昨年の新規開業数は65施設で、前年の35施設からお大幅に増加。14年も60施設を超えそうだ。昨年、13施設を開業したイオンは、今年も15施設を追加する予定。三井不動産も東京・日本橋などに5施設を計画している。最近の施設は、食品スーパーの約10倍の広さに、60程度のテナントが入るイメージだ。

 Th_ 日本ショッピングセンター協会によると、ショッピングセンターは昨年末に3134施設あり、この10年で、スーパーの店舗数は7%、百貨店は15%それぞれ減少した。昨年のショッピングセンター全体の売上高は前年比2・6%増の28・9兆円だった。

 Q なぜ増えたの?

 A 開業数は07年の97をピークに、一旦減っていた。景気低迷に加え、大型店の出店を中心市街地などに限定する法改正がお婚割れたためだ。大型店の郊外での出店を規制し、商店街から客が逃げないようにするための法改正だったが、商店街に活気が戻ったとは言えない。そこで地方自治体は、雇用や税収を増やそうと、、ショッピングセンターの誘致に舵を切った。ショッピングセンターが出店できる地域は自治体が都市計画で決められるため、ショッピングセンター事業者のニーズに応じて変更できるからだ。11年には1カ所当り1600人の雇用が生まれた。アベノミクス効果で消費が改善しつつあるのも追い風だ

 Q ショッピングセンターの強みは?

 A 沢山の種類の店が揃い、一カ所で買い物を済ませられること。客も大型店を好む傾向が強まっている。スーパーが単独で営業するのと違い、幾つもの店があって、定期的に入れ替えることもできるので、流行や客の好みに合わせた品揃えが可能だ。高速道路のインターチェンジ近くや幹線道路沿いで大型駐車場を備えた施設も多い。
 最近はテーマパークのような体験型の施設も充実させ、家族連れが来店しやすい環境を整えている。昨年12月に千葉市に開業した「イオンモール幕張新都心」は東京ドーム4個分の広さ。屋上のフットサル場や、お笑い芸人が登場する劇場、子どもが「仕事体験」する施設などを設けた。三菱地所が昨年6月、横浜市に開業した「マークイズみなとみらい」は、自然をテーマにしたミュージアムに、巨大スクリーンの映像を見ながら風や匂いを体感できるシアターや、氷点下20度の世界を体感できる展示室がある

《「自動車で家族連れ」、聞こえはいいが、一人暮らしの多くなったじいさん、ばあさんたちが、下駄履きで出出掛けられる店が無くなった。ショッピングセンターもいいが、これからも増える年寄りの買い物は益々不便になって行く。》

 Q そんなに人気なら売り上げも好調なんだ

 A 店が増えて全体の売上高は伸びているが、店舗当りの13年の売上高は前年比0・5%減と2年ぶりに減った。小売業全体の販売額はピークの96年から6%減少。人口が減る中、右肩上がりは期待できない。新規出店が増えて、ショッピングセンター同士の競争も激化している。運営者は家族層だけでなく、退職して金と時間があるシニア層や、外国からの観光客など新たな客に来てもらうことがカギと見ている。落ち着いた雰囲気の売り場に改装し、シニア向けの案内係を置いたり、外国人従業員を配置する取り組みも始まっている。小売業全体に占めるショッピングセンターのシェアは約20%で、米国の約58%に比べて低いため、まだ施設を増やす余地は大きいとの見方もある

 Q 近所のスーパーや商店街に人が来なくならないか

 A イオンは郊外の大型ショッピングセンターに力を入れる一方、都市部でも小型スーパーを約500店舗出店している。都市部では徒歩圏内にスーパーがない地域もあり、コンビニエンスストアではカバーしきれない需要を取り込もうとしている。ただ、消費全体が増えなければ、ショッピングセンターに客を奪われたり、ショッピングセンター同士の競争で経営が厳しくなる事業者も出てくるだろう。このため、規模拡大で体力をつけようとする動きも強まっている。最近では、阪急阪神百貨店などを運営する会社と、関西地盤のスーパー、イズミヤが統合を発表。昨年はゼブン&アイ・ホールディングスが岡山の天満屋ストアへの出資を決めるなど、買収や合併が活発化している

|

« 安倍晋三の仲良したちの舌禍 | トップページ | 18歳は大人でしょ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/59146219

この記事へのトラックバック一覧です: ショッピングセンターが増えている:

« 安倍晋三の仲良したちの舌禍 | トップページ | 18歳は大人でしょ »