« 大学入試改革「達成度テスト(仮称)」基礎レベル試験骨子案 | トップページ | 子ども対象のフィルタリング利用率減少 »

2014年2月19日 (水)

衛藤補佐官が安倍の靖国参拝を批判した米に反論

 毎日新聞(2/19)から、

 衛藤首相補佐官が動画サイト「ユーチューブ」に投稿した国政報告で、昨年12月26日の安倍晋三の靖国参拝に「失望」声明を発表した米政府を批判していることが18日、分かった。衛藤は、米側には事前に説明していたとして「むしろ我々の方が『失望』だ。米国はちゃんと中国にものが言えないようになっている。中国に対する言訳として(失望と)言ったにすぎない」と指摘した。

 衛藤は投稿で、自分が昨年11月20日に訪米し、国務省のラッセル次官補やアーミテージ元国務副長官らと会談した際。「首相はいずれ参拝する。ぜひ理解をお願いしたい」と伝えたことを紹介。12月初旬には在日米大使館にも出向いて「(参拝時には)できれば賛意を表明してほしいが、無理なら反対はしないでほしい」と要請したことを明らかにした。いずれも米側からは慎重な対応を求められたという。衛藤は安倍政権発足以来、首相に参拝を促してきた。

《衛藤はアメリカまで子どものお使いをしに行ったのか。交渉を交わして双方が約束したのなら、相手への批判もよかろうが、相手への「説明」を勝手に「約束」を取り付けでもしたように、また手柄でも立てたように、小躍りしながら戻ってきただけの話だ。約束を取り付けて戻ったのなら文句のつけようもあろうが、「失望」するのは子どものお使い程度で国費を使ってアメリカを往復した衛藤本人のことだ。 何よりも,靖国参拝は、他国の顔色をうかがいながらすることではない。参拝するしないは、日本人自身が歴史を振り返り、日本人自身で靖国を考えることこそ必要なのだ。靖国にのうのうと祀られているA級戦犯は、日本全土を焼け野原にし、あまつさえ原爆被害を被った日本国民に対する戦争犯罪人なのだ。安倍を始め現政権の面々は、口々に自衛を唱えるが、古来戦争とは「自衛」を口にすることから始めるのが常套手段だ。昭和天皇が、戦犯が合祀されていることを知ったことから、同じく現天皇も即位後も靖国を参拝しないことを考えてみることだ。安倍が大戦で死んだ人たちの「御霊安かれ」と祈る言葉はいかにも欺瞞だ。戦犯とその戦犯に「死んで来い」と命令されて前線で死んだ人たちを、どう区別して参拝できるのか、なぜ父天皇と同じく現天皇は靖国を参拝しないのか、靖国参拝を容認する人たちも含めて、ぞろぞろと参拝する国会議員たちに、問い質したいところだ。》
 

|

« 大学入試改革「達成度テスト(仮称)」基礎レベル試験骨子案 | トップページ | 子ども対象のフィルタリング利用率減少 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/59164065

この記事へのトラックバック一覧です: 衛藤補佐官が安倍の靖国参拝を批判した米に反論:

« 大学入試改革「達成度テスト(仮称)」基礎レベル試験骨子案 | トップページ | 子ども対象のフィルタリング利用率減少 »