« 学食で朝食を | トップページ | 酒のCMには規制があるか? »

2014年1月27日 (月)

インフルエンザ 唾液で簡単チェック

 毎日新聞(1/27)から、

 人の唾液からインフルエンザウイルスを検出する技術を持つ鹿児島大学(鹿児島市)発祥のベンチャー企業、スディックスバイオテック(社長・墨田泰生鹿児島大大学院)が、この診断法を米食品医薬品局(FDA)に認可申請する準備をすs目ている。今秋にも治療を開始し、2015年にも申請。早期の実用化を目指す。FDAに認められれば唾液を使った手軽な検査法が世界の医療現場に広がる可能性があり、重症化予防効果が期待される。

 現場で現在主流となったいる簡易検査キットは、鼻の粘膜を取ってウイルスを検出する。しかしウイルスが増殖しないと感染を断定できないなど精度が低く、初期症状での診断はできない。墨田教授によると、唾液検査の精度は同キットの50万倍以上で、粘膜を取る痛みもない。医師は本格発症前から薬を処方できるようになる。

 人の細胞の表面には、鎖状の糖(糖鎖)が張り巡らされている。糖鎖の研究をしていた隅田教授は、研究手段の一つとして、糖鎖をナノメートル単位(ナノは10億分の1)の金属に固定化した粒子(糖鎖固定化金ナノ粒子)を人工的につくり出すことに成功し、07年ごろまでに特許を取得した。

 一方、ウイルスが糖鎖に付着して感染することにも着目。金属の「おもり」のついた金ナノ粒子と付着すれば、重くなったウイルスを遠心分離で沈殿させやすくなり、唾液内の極微量のウイルスでも検出できることを突き止めた。

 スディックス社は06年に創業し、厚生労働省などから数億円単位の研究費を複数獲得。鹿児島県内の医療機関などとも連携して研究を進め、流行するウイルスが毎年変わっても、検出できることを確認した。検査費用は、薬代だけなら数千円以内で収まるという。国から承認を得て、5年以内の実用化を目指す。隅田教授は「唾液なら痛みを嫌がる子どもも気軽に検査できる」としている。

《病院を恐がり、行きたがらない子どもを持つお母あさんたちには、待ち遠しい朗報だ。》

|

« 学食で朝食を | トップページ | 酒のCMには規制があるか? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/59020715

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザ 唾液で簡単チェック:

« 学食で朝食を | トップページ | 酒のCMには規制があるか? »