« 復讐ポルノ被害甚大 | トップページ | 注意!! 高齢者の低栄養 »

2013年12月26日 (木)

安倍晋三 靖国詣で

 毎日新聞(12/26)から、要約と私見

 参照 首相 靖国参拝見送り 2013/07/
    靖国と安倍外交 2013/07/
    合祀から外し「家」の墓に 2006/04/

 安倍晋三は政権発足1年を迎えた26日午前、東京・九段北の靖国神社を訪問した。彼は靖国神社参拝に意欲を示してきたが、中国、韓国との関係改善を優先し参拝を見送ってきた。参拝を受け、冷え込んでいる中韓両国との関係のみならず、靖国参拝の自制を求めてきた米国との関係にも影を落とすと見られ、日本外交全体に大きな影響を及ぼすのは必至だ。

《歴史の上からは、中国、韓国との関係が問題ではない。日本人自身の歴史認識からは、戦場に向かわせ、死ぬことを命じた戦犯と、その戦犯に命じられて戦場に散った英霊とを、どう区別して参拝するのだろうか。最初に「国のために命を捧げて散ったあなたたち」、続いては「今日は東條たち戦犯を拝みに来たのではないのです」とでも言訳けしたのだろうか。それとも、どちらも死ねば神として祀られたんだから、皆一緒とでも考えているだろうか。》

 安倍は参拝後、記者団に「残念ながら参拝が政治、外交問題化している。その中において安倍政権の歩みを報告した。二度と戦争の惨禍に人々が苦しむことがない時代をつくる決意を伝えた」と語った。また、「中韓の人々の気持ちを傷つける考えは毛頭ない」と強調した。

《何と白々しいことか。隠している二枚目の舌で彼は、あわよくば憲法改正を実現させ、再び天皇を元首とし、国軍を持ち、女性兵士まで編成し戦場に送り出して戦わせることさえ考えているのだ。》

 現職の首相による靖国神社参拝は2006年8月15日の当時の小泉純一郎首相以来、7年ぶりとなる。

 靖国神社によると、安倍は献花し、「内閣総理大臣 安倍晋三」と記帳する予定という。首相周辺は「私的参拝」と語った。

 安倍は昨年の自民党の総裁選で、「第1次安倍内閣で首相在任中に参拝できなかったことは、痛恨の極みだ」と表明。その後も「国のために命を捧げた方々に尊崇の念を表することは当然」などと繰り返し述べ、在任中の靖国参拝に強い意欲を示してきた。

《テレビカメラは彼の参拝姿を映し出したが、何が私的参拝だ。税金を使い、公用車の周りをがっちり警護させて登場し、降りても身辺警護に固められて行動していたのだ。私的というのなら、単身で身軽に参拝すればいい。》

 一方、A級戦犯を合祀している靖国神社への参拝に強く反発している中国、韓国との関係を優先し、4月の春季例大祭、8月の終戦記念日、10月の秋期例大祭とも参拝せず、真榊と呼ばれる供え物や玉串料の奉納にとどめてきた。

 しかし、参拝を1年間見合わせたにも拘らず、中韓両国との関係改善は進まず、靖国参拝を今後見送ったとしても改善は見込めないと判断し、靖国参拝を決断したとみられる。

 安倍は第2次政権は経済成長を優先すると表明し、靖国神社参拝は当面見送るとの見方が強かった。菅官房長官や外交プレーンの谷内内閣官房参与ら周辺も、参拝は当面見送るよう安倍に求めていた。

 安倍が靖国神社に参拝したことで、安倍の歴史認識を問題視していた中国や韓国の反発は必至で、さらに関係改善への道筋は遠のいた。安倍に冷静な対応を求めてきた米国も、日本に対する不信感を再燃させるとみられ、日本外交全体への悪影響は避けられないとみられる。

 岸田外相は26日の閣議後の記者会見で、靖国の参拝について「承知していない」と事実確認を避けつつも「参拝は個人の心の問題だ。いずれにしても、こうした問題が政治問題化、外交問題化することは避けなければならない」と間接的に懸念を示した。

 安倍は、日米関係を日本外交の基本としている。日中。日韓関係の悪化を憂慮する米国内では当初、安倍を「タカ派」とみて警戒する見方もあったが、終戦記念日や秋期例大祭の参拝を見送ったことなどで、米国には安倍への信頼感も出ていた。それだけに、政府関係者も「唯一の頼みの綱の米国にそっぽを向かれてしまう」と危機感を募らせる。

 小泉純一郎が靖国を参拝した当時は、日米関係の悪化は招かなかったが、「小泉とブッシュの個人的な関係が強かったから大丈夫だった。安倍とオバマにそういう個人的な関係はない」と懸念する声もある。

 尖閣諸島や防空識別圏問題を抱える中国とは20日、岸田と程永華駐日大使が初めて公式会談し、対話による戦略的互恵関係の推進で一致したばかり、韓国とも17日、東京で外務次官級協議が行なわれ、外務次官同士の日韓戦略対話を年明けに行なう方向で調整していたが、それへの影響は確実だ。

《国民無視の国会運営や閣議決定で下り坂を滑り出した自民党の頭領として、起死回生の人気取りのつもりになったのか、切羽詰まったのか、靖国詣でとなった。第1次政権を握った時に感じた危険なキナ臭さ、ヒットラーにさえ酷似して見える唯我独尊の考えや行動には、一日も速い安倍の凋落、終焉を望んでいる。》

|

« 復讐ポルノ被害甚大 | トップページ | 注意!! 高齢者の低栄養 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/58824894

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍晋三 靖国詣で:

« 復讐ポルノ被害甚大 | トップページ | 注意!! 高齢者の低栄養 »