« 結婚適齢期なくなる? | トップページ | 「Hしてくれる人を募集」・・子どもの書き込み »

2013年10月 1日 (火)

大学入試は今・・

 毎日新聞(9/30、10/1)から、

18150122_4
 <「教育理念」をコンサルタントに相談も>
 (要約)東京・西新宿にあるそのコンサルタント事務所に、5月の大型連休が終わる頃、全国から大学入学試験担当者がこっそりと訪れるという。

 「お恥ずかしい浜氏ですが」。初めて訪れる大学の担当者は、そう切り出し事務所の代表者に頭を下げるのだが、翌年には「今年もよろしくお願いします」と、その表情は「依頼して当たり前」に変わっているという。

 事務所は、首都圏や関西の予備校講師約300人と契約している。6月ごろから、この「プロ」が教科ごとにチームを組み、大学側の「設問数、平均点の目安、制限時間」など、多様な注文を受けて、翌春実施の問題作成にかかる。大手予備校が公表する偏差値ランキングを見ながら、依頼された大学に「ふさわしい」問題を如何に作るかが腕の見せどころとなる。「プロ」との作問についての連絡には漏洩対策としてメールは使用しない。

 代表は大手予備校の講師を辞めて10年前に事務所を設立した。契約は「順調に増えている」という。大学職員間の口コミで広まり「顧客」は現在20校。1教科約100万円で受注する。今では大手予備校の関連会社が受けた入試問題作成の孫請けも手掛けるようになった。

 中小の予備校もこの業界に進出し始めている。首都圏に本部のある、ある中堅予備校も5年前から受注を開始した。来春入試の以来は12大学から。「彼らは依頼に来ても絶対に名刺を置いて行かない。証拠は残さないんです」。

 入試問題の作製は本来、大学教員の仕事だが、研究など通常業務と並行して作るため、腐乱は大きい。入試の多様化で実施回数が増えたうえ、教養課程の廃止で入試に詳しい教員が減るなど負担は増す一方だ。文部科学省調査では、2013年度入試で外注していた大学は全国で98校。07年度に比べ27校も増えた。

 だが事務所代表は「実際は200校は下らない」とみる。なぜか。「それは『サンプル』として使われることもあるからですよ」。依頼した大学は受け取った問題の順番を入れ替えたり、言葉の一部を変えたりして入試で使うという。同省の調査は大学の自己申告。「学内で作っている」と大学は言い張ることができる。

 「教育理念を無断引用」。08年11月、こんな記事が新聞の社会面を賑わせた。前橋市立前橋工科大が07、08年度の学生便覧に掲載した「教育理念」が岡山大からの無断拝借だったことが明らかになったのだ。

 事務所には最近、教育理念の作成までも相談してくる大学もあるという。ここまで大学の力は落ちたのか。「一部の有力大学を除き、本当の意味で『自力』で入試問題を準備する余裕は今の大学にはない」。代表はそう言い切った。

 日本の大学は、選ばなければ入学できる「全入時代」になった。一部を除き、入試が選抜機能不全に陥りさまよう中、政府の教育再生実行会議では改革論議が進む。入試はどうあるべきなのか。

 <私大の半数 学力試験なし>
 以下を漢字に直しなさい。「『カンシン』した」。今春、関西の私立大入試で出された問題だ。答えは「感心」。「感」は小学3年、「心」は小学2年で習う。別の関西の私立大は「Solve(解決する)」の意味を答えさせた。ある高校教諭は「中学2年の定期試験並み」と呆れる。

 問題の中身だけではない。北海道大の佐々木名誉教授の調査によると、2009年度入試では学力試験を課す私立大のうち、2科目以下が半数を占める。建徳学科で数学を課さない、「グローバル人材育成」をうたいながら外国語を受験しなくても合格できるなど「僅少科目受験」は拡大の一途。科目を減らせば受験生が集まる。4割が定員割れしている私立大は志願者増に躍起なのだ。受験料は1試験当り3万円ほど、1000人志願者を増やせば3000万円の「増収」も見込める。

 しかも、私立大入学者の半数は学力試験を経ない。文部科学省によると、12年度の入学者に占めるアドミッション・オフィス(AO)入試利用者は10・2%(4万7210人)。推薦入試(40・3%、18万7361人)もあわせると5割を超す。

 AO入試は「偏差値偏重」を見直そうと1990年代以降、私立大を中心に広がった。面接、作文など「人物重視」の入試とされてはいる。

 だが――、

 「学力が厳しい生徒にはAOや推薦を勧めている」。関西の市立高の男性教師は打ち明ける。数年前、こんなことがあった。不登校気味の生徒の進路指導に悩み、いくつかの大学に電話をした。すぐに飛んで来た入試担当者は開口一番「AOなら大丈夫です」。 中には電話口で合格をほのめかす担当者もいた。

 AO入試はローマ字読みして「青(青田買い)」と揶揄される。大学ジャーナリストの石渡嶺司は「少子化で、早く学生を確保したい大学と一人でも多く現役合格させたい高校の思惑が一致した結果」と言う。「入試は最早選抜でなく形だけの儀式だ」

 大学は学生の学力低下に直面する。文科省之調査では、高校までの内容を教える補修授業の実施大学は09年度で全体の35%。「入学前教育かリメディアル教育(中学高校レベルの学び直し)に取り組む大学は11年度で7割超」。研究学会はそう報告している。

|

« 結婚適齢期なくなる? | トップページ | 「Hしてくれる人を募集」・・子どもの書き込み »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/58302061

この記事へのトラックバック一覧です: 大学入試は今・・:

« 結婚適齢期なくなる? | トップページ | 「Hしてくれる人を募集」・・子どもの書き込み »