« ヘイトスピーチ、「違法」「賠償命令」 | トップページ | 援助交際や下着の売り出しなどで補導89人 »

2013年10月 9日 (水)

「大人の学力」日本トップ

 毎日新聞(10/9)から、

 経済協力開発機構(OECD)は8日、加盟国を中心に世界24カ国・地域を対象に、社会生活に必要な能力を調べた初の「国際成人力(PIAAC、ピアック)」の結果を発表した。調査は「読解力」「数的思考力」「IT(情報技術)活用力」の3分野で、日本は読解力、数的思考力の平均点で1位。「IT活用力」は、高い習熟度を持つ人の割合は10位だったが平均点では1位となり、全3分野で平均点がトップだった。文部科学省は、義務教育と企業の社員教育の成果を理由に挙げている。
          
1_3
 日本での調査は2011年8月〜12年2月に実施。16〜65歳の男女1万1000人を住民基本台帳から無作為に選び、そのうち5173人から回答を得た。国から委託を受けた調査会社の調査員が、対象者の自宅などで専用のノートパソコンを使って対面式で調査した。ただ、対象者がコンピューターを使えなかったり、拒否したrした場合は、紙による調査に切り替えた。

 調査内容は知識の有無ではなく、日常生活の中で接する情報を活用する能力を重視。調べたのは①読解力②数的思考力③ITを活用した問題解決能力(IT活用力)― の3分野。対象者はこのうち1〜2分野を受けるが、紙による調査を受けた場合、IT活用力の調査は対象外。

 1人当たりの問題数は受ける分野で異なり、計20〜46問。共通問題のほか対象者の能力に応じて難易度が自動的に変わる仕組みで、一つの問題に正解する次はより高い難度の問題が出題され、不正解だった場合はより易しい問題が出題された。問題は難易度に応じて、読解力と数的思考力は高い順にレベル5〜1未満の6段階、IT活用力はレベル3〜1未満の4段階。

 テストはコンピューター(使えない人は紙のテスト)で実施。読解力(文章を理解、評価、利用する力)▽数的思考力(統計などの数学的な情報を利用、解釈、伝達する力)▽ITを利用した問題解決能力(コンピューターやインターネットを使い、実生活に利用する力)― について各0〜500点で採点。日本は読解力が平均296点で、2位のフィンランドに8点差をつけて1位。数的思考力でも2位フィンランドに6点差の288点でトップだった。

 IT活用力は、全解答者(コンピューターと紙テストの合計)のうち得点上位のコンピューター回答者の割合で、国民の能力を測った。日本は35%で、20カ国・地域中10位。1位はスウェーデン(44%)だった。これとは別に、日本の国立教育政策研究所でコンピューター回答者だけで平均点を独自算出したところ、日本は294点で、2位(フィンランド289点)を引き離してトップ。また、年齢や学歴などを考慮して分析すると、日本の成績はOECD平均より上位と下位の差が小さい▽中高年になってもレベルがおちない▽中卒者の読解力は、高卒者のOECD平均とほぼ同等 ― などが確認された。

|

« ヘイトスピーチ、「違法」「賠償命令」 | トップページ | 援助交際や下着の売り出しなどで補導89人 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/58353087

この記事へのトラックバック一覧です: 「大人の学力」日本トップ:

« ヘイトスピーチ、「違法」「賠償命令」 | トップページ | 援助交際や下着の売り出しなどで補導89人 »