« 「大人の学力」日本トップ | トップページ | 黒髪ブーム »

2013年10月10日 (木)

援助交際や下着の売り出しなどで補導89人

 毎日新聞(10/10)から、

 警察庁は10日、今年4月から9月末までに、インターネットの掲示板や交流サイトで下着の購入を持ち掛ける書き込みをした18際未満の子ども89人を「サイバー補導」したことを明らかにした。

 警視庁と北海道警や大阪府警など9道府県警が試行していた取組みを集計。警察庁は今月21日から全国でサイバー補導を実施するように指示する。

 サイバー補導は、警察官が18歳未満によるとみられる不適切な書き込みを見つけた場合、身分を明かさずにやり取りし、実際に会った際に警察官であることを告げて直接注意や指導をし、保護者に引き渡す。

 警察庁によると、89人のうち女子が88人で男子が1人。約半数が過去に児童買春に遭っており、60人は非行や補導歴がなかった。

 目的別では下着販売が53人、援助交際が33人、両方が3人。中学生が14人で、平均年齢は16歳だった。最年少は中学2年の13歳少女。これとは別に18、19歳も8人補導した。

 サイバー補導の対象となった書き込みは約2000件。警察官らが直接会ったのは115件だった。補導をきっかけに事件を摘発したケースもあり、警視庁は7月、補導した高1の少女の話から、この少女に現金を渡して淫らな行為をしたとして児童買春・ポルノ禁止法違反で千葉県の男を逮捕した。

《増加する草食男子を嘲笑うように、女子の肉食系が低年齢化していくようだ。》

|

« 「大人の学力」日本トップ | トップページ | 黒髪ブーム »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/58357543

この記事へのトラックバック一覧です: 援助交際や下着の売り出しなどで補導89人:

« 「大人の学力」日本トップ | トップページ | 黒髪ブーム »