« 米、同性婚容認に賛否 | トップページ | 参院選、ねじれは必要 »

2013年7月 2日 (火)

世界の絶滅危惧種

 毎日新聞(7/2)から、

 国際自然保護連合(IUCN)は2日、世界の絶滅危惧種は2万934種に上るとした最新版の「レッドリスト」を発表した。生息状況を評価した計7万294種の約30%に当たるという。

〖レッドリスト〗
 絶滅の恐れがある野生生物の種のリスト。植物や動物など個々の種の絶滅の危険度を評価し、剪定している。IUCNは絶滅危惧種を「ごく近い将来に絶滅の危険性が極めて高い」「危険性が高い」「危険が増大」の3ランクに分類し、国際交渉などで保護の優先順位を決めるために利用されている。

 参照 生者必滅会者定離 2006/10/

 IUCNはニホンウナギを絶滅危惧種に指定するかどうかの検討を始めており、5日まで英国で開かれる専門家を集めた会合で議論する。決定すれば、次回以降のレッドリストに掲載される。

 IUCNによると、今回は中国の揚子江に生息する淡水イルカの仲間「ヨウスコウスナメリ」が「ごく近い将来に絶滅の危険性が極めて高い種」に分類された。1980年代から年5%のペースで減少し、2006年の生息数は約1800頭と推計されていた。

 また淡水に生息するエビの全種を評価し、28%が絶滅危惧種と判明した。98年に全種を評価したスギの仲間についても再評価し、絶滅危惧種が34%に達した。乱開発などにより評価が悪化した種もあるが、保全活動の効果で回復している種もあるという。

 米アリゾナ州の川に生息していたメダカの仲間があらたに絶滅種に認定された。水の枯渇が原因という。

 ほかに淡水エビの仲間と、1912年に最後に目撃されたトカゲの1種も追加され、絶滅種は799種となった。

|

« 米、同性婚容認に賛否 | トップページ | 参院選、ねじれは必要 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界の絶滅危惧種:

« 米、同性婚容認に賛否 | トップページ | 参院選、ねじれは必要 »