« 生活保護法改正案、不正受給の罰則強化 | トップページ | 赤身の肉を多く食べる男性、糖尿病危険4割高く »

2013年5月20日 (月)

乳癌に重粒子線治療

 特定の遺伝子に変異があり、遺伝性の乳癌のリスクが高い人に、健康であっても乳癌を防ぐための乳房を切除する手術を行なったとして、米女優アンジェリーナ・ジョリーがニュースになった。早速国内でも実施するとして、聖路加国際病院(東京都・中央区)が病院の倫理委員会に臨床研究として申請、実施態勢を整えている。

 毎日新聞(5/20)から、

 放射線医学総合研究所(千葉市)は20日、60歳以上の早期乳癌患者を対象に、粒子線で癌を狙い撃ちする「重粒子線治療」の臨床試験を始めると発表した。国内では初めて。対象者約20人を募集する。

 重粒子線治療は、専用の加速器で光速の約85%まで加速した炭素のイオンを患部に照射する治療法。X線を使った放射線治療とは違って、癌だけを狙い撃ちするため、副作用が殆どなく、患者への負担が少ない。現在さまざまな癌に適用されて切るが、乳癌は乳房の固定が難しく、導入が遅れていた。

 今回の臨床試験は、60歳以上、大きさが2センチ以下の早期乳癌でリンパ節への転移がなく、癌が局所に限られる「低リスク」の患者が対象。最初の試験では、3グループに分けて異なる照射線量をそれぞれ1週間に4回照射し、適切な線量を決定。次の段階で特定の線量を全員に照射して、癌への有効性を確かめる。

 乳癌は国内で年間約5万人が発症している。このうち今回の対象となるのは推定で約7000人。

 若い患者に比べ、合併症のため手術ができなかったり、患者自身が手術以外の治療を考えたりするケースが多く、負担の少ない治療法の開発が求められている。

 研究代表の唐沢久美子室長(放射線治療学)は「臨床試験を実施して症例を集め、乳癌の重粒子線治療を確立したい」と話す。

 臨床試験に参加するには同研究所による審査があるが、治療に伴う費用負担はない。

《いづれ冒頭のような遺伝性の乳癌の治療にも、重粒子線治療が適応可能になれば、全乳房切除をしないですみ、多くの女性が救われることになるのだが。》

|

« 生活保護法改正案、不正受給の罰則強化 | トップページ | 赤身の肉を多く食べる男性、糖尿病危険4割高く »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/57424625

この記事へのトラックバック一覧です: 乳癌に重粒子線治療:

« 生活保護法改正案、不正受給の罰則強化 | トップページ | 赤身の肉を多く食べる男性、糖尿病危険4割高く »