« 富士山に登山鉄道を | トップページ | 夫婦別姓 原告敗訴 »

2013年5月27日 (月)

外来トカゲ 自然遺産食う(小笠原諸島)

 毎日新聞(5/27)から、《》内は私見

 Photo 世界自然遺産の小笠原諸島(東京都)の無人島・兄島で、外来種のトカゲ『グリーンアノール」の侵入が初めて確認された。このトカゲは繁殖力が強く、島固有の島固有の昆虫を食い荒らし、世界遺産としての価値を傷つける恐れがある。事態が悪化すれば「危機遺産」に指定されかねず、専門家でつくる国の科学委員会は、国内の自然遺産で初の「非常事態」を宣言。環境省などが緊急駆除対策に乗り出した。


〖小笠原諸島〗
 東京都心から約1000キロ南の太平洋情にあり、南北約400キロの及ぶ大小30の島々で構成される。2011年6月に国内4カ所目の世界自然遺産に登録。過去に大陸と地続きになったことのない「海洋島」で、動植物が独自の進化を遂げたことから「東洋のガラパゴス」と呼ばれる。

 グリーンアノールは鮮やかな緑色で体長約15センチの北米産トカゲ。米軍占領下の1960年代に貨物に紛れ込んだか、ペットとして持ち込まれて野生化し、有人の父島と母島では数百万匹が生息すると推測される。90年代に小笠原にしか生息しかない貴重なチョウやトンボなどが姿を消した際の「主犯格」とみられる。両島では駆除が進められているが、根絶はできていない。

 父島から約800メートル離れた兄島(面積約8平方キロ)では今年3月末、東京都などによる外来植物の駆除作業中に4匹見つかり、科学委員会が直後に非常事態を宣言した。その後の調査で、島南部に広がっていることが確認された。NPO法人「小笠原自然文化研究所」によると、生息数は万単位の可能性が高いという。

 兄島北部には、小笠原の乾燥した気候で独自に進化した背の低い原生林(乾性低木林)が広がり、遺産の中核として、世界的価値がある固有の生態系が高く評価された。グリーンアノールの侵入域が広がれば乾性低木林を支える昆虫類が減り、島全体の生態系に大きなダメージを与えかねない。事態が悪化すれば、国連教育科学文化機構(ユネスコ)から「危機にさらされている世界遺産」に指定される恐れさえある。国の科学委員会委員長の大河内・森林総合研究所理事(森林動物学)は「時間がない。人的資源を集中し、何にも優先して対策を行なうべきだ」と訴える。

 小笠原が2011年6月に自然遺産に登録された際、「新たな外来種の侵入に対して継続的な注意が必要」と注文がついた。グリーンアノールの兄島への侵入経路は、流木などの自然現象とも観光など人の往来に伴うものとも考えられる。グリーンアノールを食べるクマネズミも外来種で、駆除を進めた結果、グリーンアノールが増えてしまったとの見方もある。一度侵入した外来種を根絶するのは容易ではなく、環境省は拡大を防ぐフェンスの設置や、ゴキブリ捕獲用の粘着シートなどの「わな」を仕掛けるなどして集中的に駆除に取り組む。

《1960年代から侵入の推測もあるということは、遺産登録の半世紀も前から住み着いていたことになる。登録の申請に当たって、外来種問題は問題としての認識はなかったのか。今更ながらのことと思う。それにこれまで外来種問題が話題になるたびに私見を述べてきたが、当面の50年100年の短いスパーンではなく、100万年1000万年でみれば、固有種、外来種を論ずることは殆どナンセンスとなっていることだろう。現在、この流れはすでに止められないところまで来ているとみていい。》

《動物や昆虫、魚類、植物でも全く同じことだ。例えば「動物」である人間で考えてみればいい。漂流や冒険で、小舟から大型船になり、飛行機になり、或いは戦争や植民で、或いは奴隷制度で駆り集めた黒人種の大陸をまたいでの白人種との混血が起きている。最近でも国際結婚と呼ばれる進んで外来種となり種の混合、混血に走る人間もいるくらいだ。人間だけに許されていい問題ではないだろう。》

 参照 生者必滅会者定離 2006/10/

|

« 富士山に登山鉄道を | トップページ | 夫婦別姓 原告敗訴 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外来トカゲ 自然遺産食う(小笠原諸島):

« 富士山に登山鉄道を | トップページ | 夫婦別姓 原告敗訴 »