« 子宮頸癌ワクチンと副作用 | トップページ | 生活保護法改正案、不正受給の罰則強化 »

2013年5月18日 (土)

大卒就職率93・9%

 毎日新聞(5/17)から、

 1_2 文部科学、厚生労働両省は17日、今春卒業した大学生や高校生の就職率(就職希望者に占める就職者の割合)を発表した。
 大学生は 93・9%で、 2年連続で改善し、前年比0・3ポイント増となり、2008年以来5年ぶりに女子が男子を上回った。
 短大生は 94・7%で、 1997年春の統計開始以来最高となった。
 高校生は 95・8%で、 前年比1・0ポイント増。
東日本大震災で大きな被害を受けた岩手、宮城、福島の被災3県でも0・1〜1・4ポイント上がった。文科省は「明るい景気見通しに支えられ、学生が諦めずに就職活動をしている結果などが理由ではないか」としている。

 大学生は全国の国公私立62校、4770人を抽出して調査し、卒業生の70・3%が就職を希望した。
 就職率は男女別では
  男子  93・2%(前年比1・3ポイント減)
  女子  94・7%(前年比2・1ポイント増)
 国公私立別では
  国公立 95・3%(前年比0・1ポイント減)
  私立  93・4%( 同 0・5ポイント増)
 分離別では
  文系  93・4%( 同 0・1ポイント増)
  理系  96・2%( 同 1・6ポイント増)だった。
推計で2万4000人が就職できていない。

 地域別では
  北海道・東北 91・4%
  関東     95・8%
  中部     95・0%
  近畿     93・2%
  中国・四国  93・8% と各地で上昇したが、
  九州は前年から2・6ポイント減少して90・6%だった。

 高校生は都道府県教委などを通して全員を調査し、17・5%が就職を希望した。就職率が95%を超えたのは94年以来19年ぶりで、男子96・9%(同0・6ポイント増)女子94・2%(同1・4ポイント増)だった。

|

« 子宮頸癌ワクチンと副作用 | トップページ | 生活保護法改正案、不正受給の罰則強化 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/57409806

この記事へのトラックバック一覧です: 大卒就職率93・9%:

« 子宮頸癌ワクチンと副作用 | トップページ | 生活保護法改正案、不正受給の罰則強化 »