« 「安倍氏は国粋主義」 | トップページ | ハーグ条約 »

2013年5月10日 (金)

「お母さんに優しい国」日本31位

 毎日新聞(5/8)から、

 《ここ40〜50年、日本から「お母さん」は消えて行った。残ったのは赤ちゃん言葉のような「ママ」だ。「お母さん」は『死』とつながって戦地で死にゆく兵隊たちの心の中にしまわれて、現在は死語のようになって言葉だけが残ったようだ。現在の家庭環境にはない母の姿だ。》

《言葉もそうだが、日本語の「母」という漢字の象形文字は、女という字に胸の乳房を表す点を二つ加えて出来上がっている、ということを、確か小学生時代「母」という漢字を習う時、先生から教えてもらった記憶がある。長じては「たらちね」や「母なる大河」や母という言葉はいつも傍にいて、子どもを育て、守り、慈しみ包み込む温かい言葉としての印象が強かった。》

 国際的な非政府組織(NGO)セーブ・ザ・チルドレンは7日、世界の176カ国について、「お母さんに優しい国」をランク付けした報告書を発表した。トップはフィンランド。日本は米国に次ぐ31位で、昨年より順位を一つ下げた。

 調査は、今年が14回目。5歳未満の子どもの死亡率や,公教育の在籍年数、女性議員の割合など五つの指標を比べた。2位はスウェーデン、3位はノルウェーで、欧州各国とオーストラリアが上位10カ国を占めた。最下位はコンゴ民主共和国(旧ザイール)だった。日本は、子どもの死亡率の低さや教育年数では上位につけたが、女性議員の比率が北欧の約4割に対し約1割にとどまり、全体のランクに響いた。

 報告書は今回、初めて出生当日の子どもの死亡率を調査。年約100万人が死亡し、ソマリアなどアフリカ諸国で死亡率が高かった。
 

|

« 「安倍氏は国粋主義」 | トップページ | ハーグ条約 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/57356389

この記事へのトラックバック一覧です: 「お母さんに優しい国」日本31位:

« 「安倍氏は国粋主義」 | トップページ | ハーグ条約 »