« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月30日 (火)

不妊治療助成に年齢制限

 毎日新聞(4/30)から、

 Photo 厚生労働省は、不妊治療(生殖補助医療)の費用助成など患者への支援体制を再検討することを決めた。患者の年齢層が上がり、有効性と安全性が疑問視され始めているためで、5月2日、産婦人科医や患者団体代表ら14人で構成する検討会の初会合を開く。助成対象の年齢制限の設定や給付内容などを議論し、年度内に報告をまとめる。

 体外で卵子と精子を受精させて子宮に戻す生殖補助医療は、保険が適用されない。政府は、不妊治療を必要とする人が増えたことなどを理由に、単年度に1回15万円を2回まで、通算5年間を基準に助成している。所得制限はあるが、年齢制限はない。

 しかし厚労省研究班(代表=吉村・慶応大教授)の調査で、40歳以上になると生殖補助医療の成功率は低く、流産率も高いことが分かってきた。また、妊娠する人の大半は早期の治療で妊娠・出産していた。そこで、研究班は3月、「助成対象を39最以下とし、期間も2年間で6回に短縮するのが望ましい」との報告書をまとめた。

 一方、生殖補助医療には1回あたり数十万円かかる。患者らでつくるNPO法人「Fine」(東京)がインターネットで行なった調査では、回答者約2000人のうち、治療費が総額100万円以上かかった人は半数を超えていた。患者の間では「女性の社会進出が推奨される中で、出産年齢も高齢化した」などとして、支援に年齢制限を設けることに反発の声も上がっている。

 検討会ではこのほか、妊娠・出産に関する知識の普及啓発や、不妊に悩む人の相談支援体制の充実、助成の対象となる指定医療機関の人員・設備条件なども議論する。

| | トラックバック (0)

2013年4月29日 (月)

極低出生体重児

 毎日新聞(4/21)から、

Photo_2 体重1500グラム未満で生まれる子ども(極低出生体重児)の数が増え続けている。予定日よりかなり早く、小さく生まれた赤ちゃんは、NICU(新生児集中治療室)などで長期入院し、退院後も成育が追いつくのに時間がかかる。一方、子どもたちの成長を支え、家族の不安を軽くしようというさまざまな取り組みもある。

 東京都大田区のハナウサ(38)=ハンドルネーム=は11年10月、妊娠7カ月(24週)で長男育生を出産した。出生時の体重は799グラム。抱っこできないまま、NICUに入った。

 保育器の外から触れたが「ひな鳥のように細くて、わが子という実感がわかなかった」。不妊治療でようやく授かった子を早産した自分を責めたが、原因は不明だった。

 「後遺症や障害が残るのでは」と不安だったが、出産の3カ月後、やっと授乳ができた。5カ月後の昨年3月に退院。体重は9キロを超えた。夫が「生きろ! 育ってくれ!」という思いを込めてつかた名前の通り、すくすくと育っている。

 極低出生体重児とは、早産などで出生時の体重が1500グラム未満だった子ども。高齢出産の増加や医療技術の進歩に加え、やせていたり、たばこを吸ったりする妊婦の増加が早産につながっているという指摘もある。

《一時期、若年女性の体重減少に影響する間違った栄養指導もなされていた。「小さく生んで大きく育てる」という言葉が何の疑問ももたれずに、専門家からも発せられていた。成人病胎児期発症説が正しいとすると、この言葉は大きな間違いだ。低体重児として生れて、その後たくさんの栄養を与えられて大きく育つ子は成人病の温床とも言える。また、妊娠中の体重増加を押さえることがよいこととされてもいた。厚生省もこの点については新しい見解をガイドラインとして発表している。すなわち、妊娠前やせた女性(BMI18.5以下)では9~12kg、普通の女性(BMI18.5~25)では7~12kg、 肥満女性(BMI25以上)では個別目標を作るというものだ。以前は一律7~8kgがよいとしていた。このように間違った考えが世間で通用していることはしばしばあるのだ。》

 身体の機能が未熟なため、未熟児網膜症や貧血、肺の病気など、NICUを出た後も治療が必要なこともあるが、現在は誕生時に1000グラムあれば9割の子どもが生きられる。熊本市民病院新生児内科の川瀬医長は「体格は3歳程度で他の子に追いつく。落ち着きがない子が多いが、就学時には収まる場合が多い」と語る。

 だが、母親は小さく生んだという自責の念と子育てへの不安を感じがち。「何カ月?」と訊かれるのがつらくて閉じこもりがちになったり、医師に「まだ座れないの?」と言われて傷ついたりしてしまう。入院で長い間母と子が引き離され、子どもに愛情を抱くのに時間がかかる場合もある。

 「こうした子どもにかかわる人々が、成長の特性を理解して親子に接すべきだ」と、川瀬医師は指摘する。不安を煽らないよう「子どもの成長した点に注目して声をかけてあげるといい」という。

 病院や地域が親子を支える取り組みも進みつつある。熊本県は、1500グラム未満で生まれた子の親に独自の母子手帳「リトルエンジェル手帳」を配っている。子どもの成長が確認しやすいよう、出生時の体重500グラムから250グラム刻みで、平均的な身長、体重の伸びを示した。予防接種の受け方や育児のヒント、先輩ママのアドバイスも載せた。

 静岡県立子ども病院で生まれた低出生体重児の親を中心にした育児サークル「ポコアポコ」も「リトルベビーハンドブック」を作成し、親に配っている。

 一般的な母子手帳では「首がすわる」など成長の記録欄が「はい」「いいえ」の二択式なので、発達の遅れた子はすべて「いいえ」になってしまう。ポコアポコ代表の小林さとみは「手帳を開くのも嫌になった」という。ハンドブックでは子どもが何かを「できるようになった時期」を書けるようにした。「NICUで赤ちゃんと対面する母親の心は、ガラスのようにもろい。手帳を渡すことで『一人じゃないよ』と伝えたいと話す。

《痩せ願望の若い女性はまだまだ底辺広く存在している。産めるのに、生涯子どもは産みたくないという多くの女性は好きなだけ痩せればいい。彼女たちには関係ないことだが、将来母親になることを夢見ている女性たちは、ダイエットなどという下らない体裁にかかわらず、普通に食べ、普通に睡眠を取った健康な身体で、母になるその時に備えておくがいい。》

| | トラックバック (0)

2013年4月28日 (日)

抱っこで歩く、赤ちゃん泣きやむ

     スイトピー
P4261004_2 毎日新聞(4/20)から、
親が赤ちゃんを抱っこして歩くと、赤ちゃんが泣きやんでラックスする仕組みを科学的に検証したと、理化学研究所の黒田公美ユニットリーダー(神経科学)の研究チームが発表した。18日付の米科学誌カレントバイオロジー(電子版)に掲載された。

 子が親に運ばれるとき、おとなしく丸くなる反応は、ライオンやリスなどヒト以外の哺乳類にも共通しているが、その仕組みは分かっていなかった。

 チームは、生後6カ月の赤ちゃんを腕に抱いた母親12人に、約30秒ごとに座ったり歩いたりという動作を繰り返してもらい、赤ちゃんの心拍数や泣く時間を調べた。

 その結果、母親が歩き始めた約3秒後に心拍数が低下してリラックスした状態になり、座っている時に比べて泣く時間が約10分の1になった。赤ちゃんのおなかを親の身体につけるように抱いた方がより効果的だった。

 さらに、マウスが首の後を咥えて赤ちゃんを運ぶことに着目。マウスの赤ちゃんの首の後の皮膚を摘んで持ち上げると、心拍数が低下しておとなしくなることも分かった。ヒトもマウスも、皮膚感覚と運ばれる感覚の療法が赤ちゃんのリラックスに関係しているようだ。

《たまたま、過去ブログで、最後に、母親に抱かれて向き合う赤ちゃんのことに触れて書いたものがある。参照 企業内保育所 2006/11/ 》

| | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)

2人死刑

   フレンチラベンダー       サツキ
P4271006_4P4271009_2

 毎日新聞(4/27)から、
 二人の死刑執行を発表した谷垣法相は26日午前の記者会見で「慎重な検討を加えた」と繰り返し強調する一方、執行対象者を選んだ理由は明らかにしなかった。前回(2月21日)から2カ月後という速いペースの執行となった点についても「間隔については特段理由はない」と述べるにとどまった。

 谷垣法相は「日本では法の上で死刑制度が決まっており、裁判所が慎重な審理の上で結論を出した。私としても慎重に判断した上で執行命令を出した」と説明。だが、執行された二人を選んだ理由を問われると「個別の執行をどうしたかのお答えは差し控えたい」と具体的な回答を避けた。

 一方、国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル日本」の若林事務局長は26日午後に記者会見し「政権交替後4カ月で5人の執行は、安倍政権の大量処刑の道を開くもの。死刑廃止という世界の潮流に背を向ければ、日本は国際社会で孤立する」と懸念した。また、「執行対象者の選択基準は不透明。十分な精査もなく機械的に執行が進められているのではないか」と述べた。

 日本弁護士連合会の山岸会長は、未執行の死刑確定者が130人を超える現状を踏まえ、「未執行者数を抑制するために積極的に死刑を執行しているとの疑いを払拭できない。死刑に関する情報を広く国民に公開し、死刑制度の廃止について全社会的議論を直ちに開始するよう求める」との声明を出した。

《法治国家であるにもかかわらず、歴代法相のうち、己の思想信条から死刑執行を行なわなかったものがいる。職務遂行ができないのなら、法相の席になど就くべきではない。》

【絞首刑妥当性検討を】土本筑波大名誉教授(刑事法)の話。
 今回執行された死刑囚のうち1人は確定から1年半未満だが、刑事訴訟法は確定から半年以内の執行を定めており、早すぎることはない。法相が民主党政権で一時設置された死刑の勉強会を設けない意向を表明しているのは、内閣府の世論調査で死刑制度容認が8割に上る現状で勉強会が世論を覆すきっかけにはならないと考えたからだろう。だが、執行対象の選択基準が不透明なことや、絞首刑という執行方法が妥当なのかについては再検討が必要だ。

 参照 死刑について 2012/09/
    死刑執行 2012/03/
    絞首刑は憲法違反 2011/10/
    死刑 2008/11/
 

| | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

欧州に広がる同性婚

 毎日新聞(4/25)から、

   日本シャクナゲ         蓮華
P4220999 P4261001





 同性カップルの結婚を認める動きが欧州各国で広がっている。フランスでは23日、下院が同性婚を認める法案を最終可決し、早ければ6月にも発効する。英国でも2月に下院で法案が可決された。家族の形が変わりつつある。

 1_2 同性婚は2001年にオランダで合法化。ベルギーやスペインばど14カ国に拡大している。米国は州ごとに異なり、マサチューセッツなど9州と首都ワシントンで合法化されている。連邦最高裁では同性婚の是非を争う訴訟が進行中で、6月にも出される判決が注目されている。

 フランスでの同性婚法制定はオランド大統領の公約の一つ。社会党はすでに保革共住政権時代の1999年、結婚しないカップルにも社会保障などで結婚に近い権利を与える「パクス法」を制定。パクス婚する同性カップルは年間9000件を超え、世論調査では国民の53%が同性婚に賛成している。

 しかし、3月24日、パリ・凱旋門近くで行なわれた同性婚法案反対のデモには、主催者発表で140万人(警察発表30万人)が参加した。「この問題の本質は出産や親子関係の話。生物学的に親は男女でなければならない」。そう語るのは、女性タレントのフリジッド・バルジョー(51)。法案反対運動のリーダーだ。

《ブルジッド・バルドーならぬ奇妙な名の女性だ。しかし、頑迷固陋、偏見の塊の私の持論に近い。同性婚を希望し、そのようになって共同生活をするのは勝手なこと。しかし、バルジョーも言う、生物学的には親は男女婚でなければあり得ない。子の親を名乗りたければ養子縁組みしかない。そもそもが、子どもはできないことを知った上での同性同士の結婚で、子どもを作ろう、持とうなど、大それたことを考えることが甘えでしかない。この先間違って、日本で同性婚が認められることがあったとしても、養子縁組み以外で子どもは持たない、作らないことを条件の許可とするべきだ。それに養子縁組みだとしても、動物に血統書があるように、子どもの出自が明解になる系統図を作成することを義務づける必要がある。極端だが、ギリシャ神話の『オイディプス』のように、母と息子(逆に父と娘)との夫婦の悲劇だって起こりうる危険性が存在するからだ。それとも、人類の発生源を辿って、人類皆親子で兄妹とでも考えればいいのか、》

 パクス婚では、養子をとる場合,どちらか一方が独身者として行なう。だが、同性婚が認められると子どもは同性の両親を持つことになる。国民の約7割がカトリック信者のフランスでは、家族など伝統的価値を重視する教会の反発が根強い。

 一方、同性愛者は法案に期待する。09年に女性同士でパクス婚したパリ市の会社員、バネサ・バルバ(33)は、ベルギーの病院で精子バンクを利用して子を出産。パートナーの女性も同じ方法で子を産んだ。同性婚法が発効すれば、4人は法的に完全な家族となり、互いの子どもへ遺産を相続することも可能だ。バルバは「同性婚法ができれば同性愛への偏見も変わるはず」と語る。

《これじゃ好き勝手に子どもを産める。こんなことが認められるフランスって一体どうなってんだ。これで偏見がなくなるなんてよく考えられるもんだ。やはり、子どもを生むことは禁じるべきだ。》

 吉田徹・北海道大学准教授(欧州比較政治)は「日本の団塊世代に相当する欧州の68年世代は学生運動や性の解放運動にかかわり、新しい価値観を持っていた。彼らとその子ども世代が社会の中心となり、同性婚が受け入れられる土壌ができた。また、経済のグローバル化に伴い保守と革新の経済政策に差がつかなくなり、同性婚のような社会・文化政策が選挙で争点化したことが大きい」と説明している。

 日本では、同性愛者らでつくる「特別配偶者法全国ネットワーク」などが、国に法的保護の充実を求めている。だが、法整備へ動き出すほどの盛り上がりはまだない。大阪府議だった05年に同性愛者であることをカミングアウトした尾辻かな子(38)は「日本では同性愛者であることを周囲に打ち明けにくい雰囲気がある。人権問題であり、政治課題として議論することが必要だ」と話している。

 

| | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

続・靖国参拝

     ボタン        ラナンキュラス
P4221000_3 P4190997_2





 毎日新聞(4/25)から、

《昭和の日、29日(昭和天皇誕生の日)がすぐにやって来る。安倍一次内閣の時にも持ち上がったが、今回は国民の半分に遥かに足りない投票獲得数の民意で、議員の数だけはかき集めたものを、国民の総意というトリックのような選挙で、座についてからは、図に乗った個人の見解、歴史認識で好き勝手をやり、言い始めた。靖国問題は韓国、中国がどう言うかではない。そんなことはどうでもいい。日本人自身が先の戦争をどう見、どう解釈するかだ。戦争に突っ走った軍部の独走を止められなかった為政者や知識人たち。そして国が焼け野原になるまで無駄な戦いを続け、無辜の国民に多大な犠牲を強いた指導者(A級戦犯)を神と祀る靖国に、どのような願いをかけて祈り、参拝するのか。昭和天皇は、A級戦犯が合祀されたことを知ったその年から靖国参拝を取りやめ、在位中は二度と靖国に出向かなかった。現天皇も、靖国には一度も参拝していない。これは、父天皇が戦後、戦争中国民を苦しめた苦しい懺悔の心中をそばでずっと見ていたことからと察するのは容易なことだ。この二人の天皇の靖国を参拝しないという行為に、安倍は戦犯を除く多くの死者たちに対する慰霊の気持ちがないと咎めるのか。そうではない、戦争を知る現天皇は誰よりも(そう、安倍や麻生如きよりも)深く、軍人に限らず、塗炭の苦しみを嘗めた多くの国民に対する哀惜の念を深く持たれていることが、これまでもその言動からも察しられるのだ。》

 参照 久間「しょうがない」辞任 2007/07/
    またぞろ きな臭いこと 2007/05/
    「昭和の日」って? 2007/04/
    再び靖国について 2006/07/

 安倍首相は24日の参院予算委員会で、中国や韓国が閣僚の靖国神社参拝に反発していることについて「国のために命を落とした英霊に尊崇の念を表すのは当たり前だ。わが閣僚はどんな脅かしにも屈しない」と述べた。野党からの批判に対しても「(海外からの)批判に痛痒を感じず、おかしいと思わない方がおかしい」と反論した。民主党の徳永エリ氏への答弁。

《己は椅子に座ったまま部下に戦って死ね、死んで帰れ、と命じ、そのとおり部下は死んだ。その結果、国を敗戦へと導いた戦犯も、安倍には英霊と見えるのか。》

 21日に靖国参拝した麻生副総理は参院予算委員会の答弁で「世界中で、祖国のために命を投げ出した人に政府が敬することを禁じる国はない」と答弁した。

《揃いも揃って、なんと白々しい答弁だろうか。》

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

酔っぱらいの路上寝込み交通事故死(埼玉)

 毎日新聞(4/24)から、

《5年ぶりにこれまで続いたワースト1の記録が1人差で破られて2位になったようだ。何れにしても、酒飲みのだらしない成績だ。》

 参照 泥酔酔っぱらい 寝込み事故死4年連続日本一に(埼玉)2012/06

 県内で昨年、路上寝込みによる交通事故死者数が15人に上ったことが、県警のまとめで分かった。5年ぶりに「全国ワースト」の汚名を返上したものの、千葉県(16人)に次いで2番目に多く、県警は「決して誇れる数字ではない。酒を飲んだときは十分に注意してほしい」と呼びかけている。

 県警交通企画課によると、県内の昨年の交通事故死者数は200人。このうち、路上に寝込んで車にはねられて死亡した人は前年に比べて3人減の15人だった。被害者の多くは泥酔状態で寝込んでおり、15人のうち8人は65歳以上だった。また、5人は自宅から500メートル以内で事故に遭っていた。

 同課によると、昨年、道路の寝込みに関する通報は約410件あったという。道路に寝込む行為は、道交通法違反(道路における禁止行為)にあたる。県警は昨年、1人を同法違反容疑で全国で初めて書類送検した。

 事故は深夜から未明にかけ多発していることから、県警は、タクシーや新聞販売店などに、路上で寝込んでいる人を発見した場合はすぐに通報するよう求めている。同課は「これから温かくなり、お酒を飲む機会も増える。自分の身を守るためにも、飲酒はほどほどにしてほしい」と話す。

《いくら言っても、酒飲みには届かない願いだ。眠りを覚まさずそっと寝かせておいてやるのが親切というものだ。》

| | トラックバック (0)

2013年4月23日 (火)

靖国参拝

 毎日新聞(4/23)から、

 「麻生太郎このバカなるもの」が靖国参拝にでかけた。

 参照 麻生太郎、このばかなるもの 06/02/
    続・麻生太郎、このばかなるもの 2007/07
    続々・麻生太郎、このばかなるもの 2008/11/

《不気味な軍靴の足音が響き始めた。学校で日本の近現代史を教えられてこなかった戦争を知らない世代の国会議員たち、安倍晋三が捧持する軍旗のもと、23日朝には付和雷同の169人の有象無象たちが、皆で渡れば怖くないとばかりに足並み揃えて日本を右へ右へと導こうとしている行列の後についた。真っ先に先陣を切って追従したのがあの、歴史認識のないバカなる麻生だ。安倍晋三の「勝者によって裁かれた戦争犯罪人たちは、国内的には犯罪人ではない」という全く歴史認識に乏しい屁理屈に勇気づけられたかのように、靖国に詣でた。確かに東条英機を始め、国民を戦地に駆り立て、天皇陛下のために『最後の1兵になるまで戦え、捕虜になるくらいなら自ら死ね』と海に陸に死地にと急がせ、日本全土に、いや広島や長崎に原爆が落ち、国土を焼け野原にするまでを導いたA級戦争犯罪人が合祀されていなければ、参拝にも意味はあろう。しかし、勝者が裁いたのがいけないとはいいながら、それに代わって日本人の誰一人、日本人の手によって自らが、他国への侵略、植民地政策を裁き、結果、国土を灰燼に帰させた為政者たちの戦争責任を、ドイツ国民のように追及したものがいなかっただけなのだ。靖国にぬくぬくと祀られているA級戦犯たちは、国内的にもまさしく日本を灰燼の地にした全国民に対する戦犯というべきなのだ。メディアを筆頭に戦意高揚を叫んだ従軍記者、作家、画家、音楽家たちさえ、半世紀以上を過ぎた今、懐古的に残された作品が日の目をみるように懐かしがられているが、敗戦後、彼らの多くはひっそりと身を隠すように戦争協力の誹りを逃れていた。さらに開戦と同時に真っ先かけてバンザイ、バンザイの旗を振ったマスメディアに至ってはその総括さえしないままだ。》

【閑話休題】“社説”から、
 国の内外の人がわだかまりなく戦没者を追悼できるようにするには、どうしたらいいか。この重い問題に政治が答えを出せないまま、今年も靖国神社の春季例大祭が巡ってきた。これまでに麻生太郎副総理兼財務相ら3閣僚が参拝し、安倍晋三首相は参拝を見送ったが、供え物の眞榊を奉納した。

 韓国外務省は今回の事態を受けて、今月中に予定していた尹炳世外相の訪日を中止した。

 北朝鮮が弾道ミサイル発射の構えを崩さず、日米中韓が連携して北朝鮮の暴発を食い止めるべき時だ。靖国参拝をすぐに外交問題に発展させる韓国側の対応は冷静さを欠いている。だが、緊迫した状況下で「安倍内閣ナンバー2」の麻生副総理ら閣僚が靖国参拝に踏み切り、首相もこれを容認したことは、北朝鮮問題での中韓との連携を難しくし、結局は日本の国益を損ないかねない。無神経な行動と言わざるを得ず、極めて残念だ。

 第一次安倍内閣で首相は、在任中、靖国に一度も参拝しなかった。前任者の小泉純一郎元首相の参拝で悪化した日中関係を改善するためで、「行くとも行かないとも言わない」という「あいまい戦略」をとった。

 麻生氏も外相、首相として在任中は参拝しなかった。両氏とも自制的に対応したと言える。

 しかし首相は、前回の首相在任中に参拝できなかったことを「痛恨の極み」と語り、後悔しているようだ。今回の内閣では参拝したいという意思表示とも受け取れる。安倍政権を支持する保守層は、終戦記念日よりも、靖国の秋季例大祭での首相参拝を重視し、実現を狙っているようだ。今回の首相の眞榊奉納と麻生副総理の参拝が、夏の参院選対策や、在任中の首相参拝への布石だとしたら、受け入れられるものではない。

 首相や閣僚の靖国参拝の是非について国論が割れてきたのは、
 ① 憲法20条の政教分離原則に抵触する疑いがある
 ② 極東国際軍事裁判(東京裁判)のA級戦犯が合祀された靖国への参拝は中国などから侵略戦争の肯定と受け止められる⎯⎯⎯⎯⎯という主に二つの観点からだ。首相は、日本が東京裁判を受諾した歴史的事実は受け入れる立場を示しているが、東京裁判については「連合国側の勝者の判断によって断罪がなされた」と疑問を投げかけている。

 A級戦犯の分祀論や無宗教の国立追悼施設の建設案にも、首相は慎重とみられている。靖国参拝をどう考え、今後、どう解決していくつもりか。国民への説明を曖昧にしたまま、既成事実を積み重ねるようなやり方は許されない。首相は自らの言葉で語るべきだ。

《勝者による断罪、であっても爆撃に逃げ惑い、家を焼かれ、父や兄弟が戦死していた家族たちには、日本が負けた戦争は、これからは逃げ回らなくても、これ以上死ななずに生きていくことができる世の中が来た幽かな希望に、胸を撫で下ろしたものだった。その後の東京裁判で、戦犯たちが絞首刑になった新聞紙面を、裁かれて当然の思いで眺めたものだ。》

 参照 遂に馬脚を現した 2006/08/
    分祀でなく、出てもらえばよい 2006/08

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

出世?興味な〜い

 毎日新聞(4/22)から、

 日本の高校生約2000人に「将来偉くなりたいと思うか」を尋ねた調査で「全く思わない」「あまり思わない」との回答が計53・8%に上った。

 調査は日本青少年研究所などが昨年9〜11月に実施し、米中韓の3カ国でも1000〜2000人規模で同じ調査をした。偉くなりたいと思わないと回答した生徒の割合は、米国が17・4%、中国9・2%、韓国27・0%で、日本より大幅に低かった。同研究所の担当者は「日本の高校生は現状で満足する傾向がある。長引く不況の影響で、壁を乗り越えていこうという意欲が弱まっているのではないか」と分析している。

 偉くなることへのイメージについては、日本の場合、「責任が重くなる」が69・5%で、4カ国のうち最も高かった。逆に「自分の能力を発揮できる」(37・6%)、「周りに尊敬される」(29・6%)などは、他国より低く、出世することに必ずしも良いイメージを持っていないことがうかがえた。将来就きたい職業についても複数回答で調査。日本では、公務員20・3%、小中高校の教員18・2%、建築家・デザイナー13・8%の順だった。

《同研究所が07年に同じ調査を行った時のデータを参照にしたが、見事に覇気のない内容が揃った。相変わらず不景気のせいにした分析だが、日本の高校生のこの傾向は、大学へ進み、社会人となっても無気力に、『今日もまたかくてありなんこの命なにをあくせく・・・』でただ生きているだけのようだ。》
  
 参照 新入社員「役職興味なし」2010/03/
    新入社員の意識調査 2008/04/
    「出世したい」日米中韓高校生比較 2007/04/

| | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

育休3年の掛け声

 毎日新聞(4/20)から、

Photo 安倍首相は成長戦略の軸に「子育て」と「医療」を据えた。しかし、「掛け声先行」の面は否めない。

 「財源はしっかり確保しています」。首相は保育所待機児童(昨年4月時点で約2万5000人)を5年で解消すると胸を張った。無認可でも自治体が認めた保育所には補助金を投入するなどし、13、14年度で約20万人分を用意するとしている。だが、現状で確保できているのは7万人分、約1600億円だけ、計画達成にはさらに最大で約2000億円が必要だ。自治体も別途負担するため、自治体の取り組み次第という不安も残る。

 また、育児・介護休業法で最長1年半となっている育児休業について、「3年間抱っこし放題での職場復帰支援」と語り、取得期間を子どもが3歳になるまで延長する考えを表明。これは伝統的家族観を持つ首相の意向が反映されたようで、修正前の当初の案では「3年間育児に専念するのは女性」だったという。法律で義務づけることはせず、企業に自主的な対応を促して、「政府も新たな助成金をつくるなどして応援する」と語った。

 だが、現在育休は女性の早期の社会復帰に向けて短縮傾向にあり、3歳までの育休制度がある企業でも「1歳で復帰する人が大半」という。大手金融機関の人事担当は「3年の要望があるとは思えない。職場復帰できなくなる」と指摘する。法改正を伴わない要望に過ぎず、浸透度も不透明だ。

《女性の職場復帰を子育てよりも優先する考えに立てば、金融機関の人事担当者の言うような状況だろうが、子育てはあくまでも子どもを中心に考えなければならない問題だ。安倍の右傾化には「ノー」だが、こと子育てに関しては、「社会が育てる」のような他人任せの現在のありようよりは、「3年間抱っこし放題の育児に専念するのは母親」《これは私がこれまで繰り返し取りあげてきた育児の根本と合致するものだ。》に軍配を挙げざるを得ない。それに問題があるのなら、3年間の育児期間を完全法制化するなり、例えば企業内託児所、保育所などの併設を義務づけるなどして、それを修正していくのが政治の役目だろう。》

| | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

“天の耳”白川道の人生相談

 毎日新聞(4/20)から、

 日々の生活に迷ったら、相談を、というコーナーがある。今日の相談は、公立中学の40代女性教師からの「生活指導としつけ」についてだ。『生徒の生活指導に限界を感じています。架空のネットカンパニーをつくり友だちに「出資」させた子がいました。家庭の躾けの問題としか思えないのに、「学校のせい」といわれました。生活指導に追われて、教科を教える時間がないというのが現状です』というものだ。

《これまでもさんざん取りあげてきたが、中学生になってからではもう手遅れだ、『三つ子の魂百まで』という言葉がある。人格形成は3歳までに培われた環境でほぼ決まるということを言う。昨日も書いたが、小学生になる前の、行儀作法の家庭内教育も、学級崩壊やいじめなどを発生させないための、初歩の簡単なルールを身につけるための訓練だ。今の世は、親は子どもは生むだけ。育てるのは託児所や保育園。親は働かなければならないから、子どものしつけは学校や社会がするもの、ということになっているようだ。》

【閑話休題】白川の話を聞いてみよう。
 最近の未成年者たちが起こす事件や出来ごとを目にする度に、なぜこんなふうになってしまったのかと胸を痛めます。私見ですが、その理由は大きく分けて、二つあるように思います。

 ひとつは、昔と今とでは、時間の流れと人間の成長の速度が明らかに噛み合なくなってしまったということ。小生が生きていた中学生のころまでは、いたるところに自然が息づいていて、遊びも、その自然と密着していた。トンボや蝶や虫と戯れたり、川や海で魚捕りをしていたりと。つまり生命というものを肌で感じながら、すこしずつ大人へと育っていたわけです。虫や魚の命を傷つけることによって、命の大切さや痛みを学んだとも言える。しかし今や自然が失われたばかりか、物心ついた時には、やれスマホだの、やれインターネットだのという無機質なツールに取り囲まれている。遊びにしても、自然ではなく、そうした類いを相手にするようになってしまった。かつての勉強というのは、分からないことがあれば、本で調べたり、親や学校の先生に訊いたものです。しかし今では、指先の操作一つで、いとも簡単に答えを得てしまう。勉強というのは本来、答えを得るための過程が大切なのに、その過程というものが欠落してしまった。つまり、人間としての成長が未熟なのに、圧倒的に時間だけが短縮してしまったのです。ナビゲーターを使って車の運転をすると道を覚えないといいますが、まさにそれと同じでしょう。親と子、先生と生徒、そうした人間関係よりも、スマホやインターネットの方を大切にしていれば、短絡的な思考を持つ子どもが多くなって当然です。

 もう一つの理由は、日本が豊かになって、個の欲望が強くなってしまったということ。子どものしつけまで学校に押し付けて、自分の欲望を優先する親など、言語道断。「金で買えないものはない」あるいは「「金儲けって悪いことですか?」などとほざいたITバブルの面々、彼らもまた、ある意味で被害者なのかもしれません。こんな時代になってしまったが、もう時計の針は戻せない。いささか悲観的になりますが、教育現場でこの流れを正すことはもう不可能なことでしょう。しかし、この流れは最小限に押しとどめなくてはなりません。その重要な役目を担っているのは、真剣に悩まれている貴方のような先生方なのです。どうか頑張っていただきたい、とこたえている。

| | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

道徳に教科書導入へ

 毎日新聞(4/18)から、

《昭和一桁世代には、道徳「ドウトク」の言葉の響きは懐かしい。小学校に入るまでの成長期、両親から小学入学前に教室に入ったら、先生の言うことはしっかりと聞くこととか、おしゃべりはしないこと、歩き回らないことなど厳しく話して聞かされ、どこの家庭でも行儀作法の一通りは身につけて新入生になったものだった。
 そのような家庭内教育の行儀作法の段階から、系統だった道徳を学ぶのに役立ったのが、当時から現在でも広く見られる小学校を入るとすぐに眼につく二宮尊徳(金次郎)の銅像が象徴する修身の授業だった。
 ”芝刈り縄綯(なわな)い 草鞋を作り 親の手助け 弟を世話し、兄弟仲良く 孝行を尽くす 手本は二宮金次郎”と歌われたが、今どきの屁理屈を言う人には、寝る時間もないほど子どもを働かせて黙って見ているのは、親の子への完全ないじめか、虐待ではないか、と問われそうな金次郎の行動だ。
 併せて教育勅語にある、「親ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ・・・」と続くものだった。敗戦後、教育勅語の言う親孝行も、家族や夫婦愛も、隣人愛も、この一旦緩急(国家の一大事)の時には、(天皇のために)命を惜しまず捧げます、という考えが否定され、道徳の根幹を失うこととなった。》

 政府が推進する「道徳の教科化」について、文部科学省の検討案が17日、判明した。来年度は、現在使われている副教材を同省が全面改定し「教材」として利用。文科相の諮問機関〔中央教育審議会」での議論を経て、15年度以降は、民間が参入した検定教科書を作成、学校で使用できるようにする方針だ。特定の教員免許は創設せず、研修を受けた上でどの教員も教えられるようにする。検討案は今後、有識者による懇談会で審議される。下村文科相が社の取材に明らかにした。

 現在、道徳は学習指導要領の中で「総合的な学習の時間」などと同じ「教科外活動」に位置づけられている。小中学校で週に1時間設けられているが、算数など教科の補修時間に充てられることもあり、教える時間が確保されていない点が指摘されている。

 07年の第一次安倍内閣でも、道徳の教科化が打出されたが、中教審の中では慎重な意見が多く、見送られた経緯がある。

 下村文科相によると、新教科「道徳」は現在と同じ週1時間とし、当面は文科省が作成した副教材「心のノート」を全面改定した教材を用いることとするが、地元教委などが作成した副読本の追加利用も認める。2年目以降について下村文科相は「他教科の教科書と同じように民間が参入する検定教科書も考えられる」と述べ、教科書会社に「道徳の教科書」の作成を促した。

 下村文科相は「特定の価値を押しつけるのではなく、学習指導要領のコンセプトに合った偉人伝等を入れて、親も読みたくなるような教材を作り、家庭でも学べる環境を作りたい」とした。

 また、「道徳の教員養成をやるとすると、大学のカリキュラムも必要となり、10年かかる」と道徳の教員免許創設には否定的な見解を示し「(道徳の)免許が亡くても、研修を受ければ教えられるようにしたい」と話した。

《国歌、国旗の受け入れが浸透していない教員の存在もある中、安倍右傾内閣の狙う「国家」像が、どのように理解されるのか、教育現場に注目だ。》

| | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

米銃規制、廃案に(「恥ずべき日」とオバマ大統領)

 毎日新聞(4/18)から、

《期待どおりと言うべきか、やっぱりと言うべきか、アメリカにはまだまだ成熟した民主主義は定着していない。》

 参照 懲りないアメリカ 2012/12/
    市民の銃所持禁止は違憲 2008/07/
    拳銃所有 2008/05/
    銃規制 無理だろう 2007/04/
    銃社会の民主主義 2006/10/

 米上院(定数100)本会議は17日、現在は登録業者だけに義務づけられている銃購入者への犯罪歴などの身元調査をインターネットを通じた販売や銃の展示即売会にも広げる銃規制強化法案を裁決した。賛成は可決に必要な60票を下回る54票で法案は否決・廃案となった。オバマ大統領が2期目の中心課題の一つに掲げる銃規制強化が事実上頓挫し、政権への大きなダメージになりそうだ。

 法案は民主、共和両党の有力議員がまとめた。上院で民主党は55議席(無所属2議員を含む)を保持するが、大統領が強く主張してきた殺傷能力の高い銃器の販売を禁止する法案は可決ラインに遠く及ばないと判断。米国民の9割が支持する身元調査強化の法案について、共和党を巻き込んで可決を目指した。しかし、足元の民主党で5人が反対した。

 米国では犯罪歴のある人の銃所持を禁じており、登録販売業者は購入希望者の身元調査を連邦政府に照会することが義務づけられている。ただ、インターネットや展示即売会は対象外で、銃販売の約4割が,身元調査なしに行なわれている。こうした販売を規制し、危険な人物が銃を入手しにくくするのが法案の狙いだった。

 米連邦議会で包括的な銃規制法案が審議されるのは1994年以来約20年ぶり。昨年12月に児童ら26人が殺害された米東部コネティカット州のサンディフック小乱射事件を受け、オバマ大統領は殺傷能力の高い銃器の販売規制などに取り組む姿勢を鮮明にした。

 しかし、米国憲法修正第2条は武器保有の権利を明記しており、全米ライフル協会は規制の動きは銃を持つ権利への無用な侵害だと反発していた。反対の共和党に加え民主党でも14年の中間選挙を意識した慎重論が出ていた。今回反対した民主党5人のうち3人は中間選挙でいずれも苦しい戦いが予想されている。

 オバマ大統領は17日、上院が銃規制強化法案を否決したことを受けてホワイトハウスで記者会見し、「ワシントンにとって非常に恥ずべき日だ」と述べ、拒否票を投じた上院議員らを非難した。そのうえで「この取り組みは終わらない。これは1回戦に過ぎない」と語り、引き続き銃規制強化を目指す考えを強調した。ともに会見した米東部コネティカット州のサンディフック小乱射事件で7歳の息子を失ったバーデンは「私たちは失望して家に帰るだろう。しかし、我々はくじけていない」と語った。

《1776年の独立宣言から間もない1791年に、憲法の修正第2条として「人民(民兵)の武装権*」が認められたことで、21世紀の今日にも、この黴の生えたような条文がある限り、アメリカ社会から銃による暴力がなくなることはないだろう。 *・・ 「拳銃所有」を参照。》

| | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

危険アプリ3万5000種(スマホの個人情報悪用)

 毎日新聞(4/17)から、

 情報セキュリティー会社「ネットエージェント」(東京)が、スマートフォン(多機能携帯電話)の個人情報が悪用されたなどとして「危険」と判定したアプリが、約3万5000種類あることが17日、分かった。調査したアプリの10分の1に上るという。

 いずれも米グーグルが提供する基本ソフト(OS)アンドロイド用。スマホから抜き出されたメールアドレス宛に出会い系サイトに誘導する迷惑メールが大量に届いたり、インターネットに接続するたびに特定の広告を表示するよう遠隔操作で設定が強制的に変更されたりしていたケースも確認された。

  ネットエイジェントはリスクの高い順に「危険」「高」「中」「低」「安全」の5段階でアプリを格付けし、専用ホームページ(HP)で公表、注意を呼びかけている。

 同社はアプリの用途や機能を調べるシステムを開発。昨年10月〜今年3月、主に日本人向けの約34万8000種類を調べた。

 「危険」と判定したのは
  ①抜き出した情報の悪用を確認
  ②遠隔操作が可能
  ③正規アプリの海賊版⎯⎯⎯⎯などの条件に該当するもの。

 スマホのほぼ全ての操作が可能で、通常は制限されている「ルート権限」と呼ばれる状態で実行されるアプリも「危険」に分類した。3月20時点で「危険」は3万5352種類あり、「安全」は5万7481種類あった。

 スマホ内の情報を外部に送信する機能はあるが、悪用が悪用が確認されなかった場合は「高」〜「低」とした。作者側の意図が分からないこともあり、同社は「必ずしも危険なアプリとは言えない」としている。

 ネットエージェントの杉浦社長は「アプリは製品としての規格がなく、危険なものが多く出回っている。HPを参考に安全なアプリを見極めて使ってほしい」と話している。<HPはhttp://secroid.jp/>

《ここまで大量の「危険」なアプリが出回っていては、使用する側は、余程守らなければならない個人情報があれば「危険」なアプリの使用は避け、多少のリスクは承知の上でダウンロードすることだ。あとは自己責任で対処するしかないだろう。》

| | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

今どきの常識、離乳食

 毎日新聞(4/14)から、

Photo_3

 少子化や働く母親の増加で、孫の育児に深くかかわる人が増えている。でも、時代とともに変わる子育て観に戸惑う祖父母世代も少なくない。孫と上手に関わりつつ、わが子とも孫を通してより良い関係を築く「ツボ」は。

 参照 遅くなる離乳期 2009/09

 祖父母世代がよく戸惑うのが、乳児の世話に関する今どきの常識だ。医学の進歩や社会の変化で、かつての「常識」が「非常識」に変わっていることもあり、これが新米ママとのいさかいのタネにもなりがちだ。まずはこの「常識の変化」を押さえたい。

 日本助産師会などが5年前から開いている「楽しい子育て・孫育て講座」では、プログラムに「育児の違い 今・昔」を組み入れている。

 一番よく尋ねられるのは「離乳食」。死父母の時代は、乳児に果汁やスープを与えるのは「生後2カ月から」というのが常識だったが、今は違う。アレルギーを起こす子どもが増えたため「ある程度赤ちゃんの消化機能が育ってから始める」のが今どきの常識だ。6カ月くらいまでは、焦らずに母乳やミルクだけで育てればいい。

 離乳食が始まったら、自分が口に入れた食べ物を上げるのは避けた方がいい。自分の虫歯菌が赤ちゃんにうつるのを避けるためだ。箸も別にして、自分の使っている箸を共有するのは避けた方がいい。

 「抱き癖」も。祖父母をまよわせるポイントだ。以前は「抱き癖がつくからあまり抱かないように」と言われたものだが、、今はスキンシップは子どもの成長を促すと言われている。抱きたいだけ、赤ちゃんが抱いてほしいだけ、抱っこしてあげよう。

 首がすわった子の場合は、昔のようにおんぶでも構わない。抱っこは赤ちゃんと顔を見合わせることができるし、おんぶは赤ちゃんと同じ視線でものが見える。どちらにも長所がある。抱っこ紐やおんぶも紐を使うと便利だ。

《【教えてくれる人】として日本助産師会会長、武蔵野大学看護学科教授の岡本喜代子は言うが、スキンシップもやはり母親に勝る肌はない。スキンシップにそれ以上はない母の乳房から、仕事を優先する母親の代わりに、乳房の温もりや心臓の鼓動の遠い祖父母の衣服の上からでは、スキンシップにはならない。また、おんぶも推奨するが、おんぶする人の背中からおんぶする人と同じ景色は見えないし、よほど頑健な老人でなければおんぶは大変だ。おんぶより乳母車を押す方がおんぶ以上に同じ視線でものは見える。》

 こうした「常識」の変化は、より良い孫育てのために知っていた方が良いが、だからと言って、躾や愛情の掛け方など、子育ての根本は昔も今も変わらない。自信を持って孫に接しよう。

 子育ての主役はあくまで親であることは忘れずに。わが子の子育てぶりがいくら未熟に見えても、祖父母はサポーターに徹して、口出ししたい気持ちをぐっと抑えよう。

 父親、母親へ
 よく考えれば、今の常識を知らなくても、命にかかわるようなことは殆どない。育児は多少アバウトでも大丈夫。乳児健診で問題を指摘されなければ心配無用だ。

 ただ、どうしても祖父母にやってほしくないことは、理由とともにはっきり伝えよう。思っているだけでは伝わらない。

 1時間でも孫の面倒を見てもらったら、感謝することを忘れずに。「孫を連れてきたのだから喜んでいるだろう」と安易に思うなかれ。特に、實の娘は遠慮が足りなくなりがちなので要注意だ。

 祖父母世代は、やっと自分の時間を持てるようになり、もしかしたら「孫と会うのは月1回でいい」と思っているかもしれない。親ばかりに頼むのではなく、他の保育方法も探しておこう。

《どうしても祖父母にやってほしくないことが、子育て未経験の親の誰かの聞きかじりのあやふやの知恵かもしれない。特に最近問題の多い食物アレルギーは、母親さえ気がついていない或いは知らないことがある。一方、赤ちゃんへの注意事項については、祖父母の側からの経験値からの言い分もあるだろう。それこそよく話し合うことだ。その結果、祖父母が責任を持って赤ちゃんの面倒を見たくない場合だってあろう。祖父母全員が赤ちゃんの面倒を見たいと思っているとは限らないからだ。》

| | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

「イッキ飲み」今年も既に3人死亡

 毎日新聞(4/14)から、

 Photo大学では4月上中旬、未成年を含んだ新入生の歓迎会が開かれ、飲酒の機会が増える。昨年は無謀な飲酒による事故が相次ぎ、民間団体のまとめでは5人の学生が犠牲になった。飲酒に関する嫌がらせを表す「アルコールハラスメント」の考え方も広がり、この時期、大学やメーカー側も注意を呼びかける啓蒙活動に本腰を入れている。

 新年度最初の週末だった今月6日、東京都渋谷区のクラブでは東京大を中心としたダンスサークル「WISH(ウイッシュ)」の新歓イベントが開かれた。司会役が「ノー、イッキ。こんなことで命を落としたらダメ」と大きな声で呼びかけた。

 WISHは「未成年に飲酒をさせない。メンバーに飲酒を強要しない」と決めており、メンバーの立教大3年、内田奈々保(20)は「皆、ダンスが好きだから、お酒がなくても仲良くなれます」と話す。「新歓はたくさん飲むというイメージだったのでホッとしました」と入学したばかりの女子学生(18)はジュースを片手に笑顔を見せた。

 飲酒事故で子どもを亡くした親らが1992年に設立した「イッキ飲み防止連絡協議会」(石谷師子代表)が10年度から続けているインターネットのアンケート(13年2月末までに375人が回答)によると、飲酒の強要や場の雰囲気で飲まされたと答えた学生は203人。大半が、サークルなどの飲み会を挙げた。

《企業などでも同様だが、「俺は偉いんだ」の威張りたがり屋のバカが、権威の力を借りて無理強いすることがある。》

 協議会によると、昨年はサークルなどの懇親会の飲酒事故で5人の学生が死亡。今年も既に3人が亡くなっているという。事務局の今成は「学生は勢いに任せて短時間に大量に飲むので危険」という。

《特に新歓では、受験勉強からの開放感も手伝って、羽目を外した飲み方も目立つようだ。》

 大学側も啓発に躍起だ。昨年3月にサークルの合宿で飲酒した男子学生(20)が亡くなった立教大は今春、初めて注意喚起のはがきを全学生に郵送した。新入生オリエンテーションで同じものを配布したという。東京大も12日の入学式で、石井教養学部長が「節度を踏み外すことのないように」と新入生にクギ。洋酒メーカーのペルノ・リカール・ジャパン(文京区)は京都大、早稲田大などの学生食堂に啓発のチラシを置いた。学生側の自主的な規制もあった。アメリカンフットボール部の男子学生(19)
が入学直後の昨年5月に急性アルコール中毒で死亡した事故のあった小樽商科大は学生自治会が今春、新歓コンパで飲酒を禁じるルールを決定。違反した団体は勧誘が禁じられ、自治会からサークルへの配分金も停止される。

《大学入学を成人になったような感覚でとらえ、19歳でありながら大人に仲間入り、飲酒も許されると錯覚する。》

 公益社団法人「アルコール健康医学協会」は「若者はアルコールを分解する酵素の働きが未発達。過度な飲酒で急性中毒になる危険性が高い。血中アルコール濃度が急激に上昇するイッキ飲みは絶対にしてはいけない」と呼びかけている。

| | トラックバック (0)

2013年4月12日 (金)

悪質運転に厳罰、新法案

 毎日新聞(4/12)から、

 祗園暴走事故から1年、悪質運転によって死傷事故を起こした運転手を処罰する新法案が12日に閣議決定され「現行法の刑は軽すぎる」と訴えてきた遺族からは評価する声が上がった。一方で「まだ十分でない」「厳罰化では事故はなくせない」と異論も出ている。

《事故発生から都度、ブログで取りあげてきた。》
 参照 危険運転致死傷罪とは 2013/01
    癲癇など症状虚偽申告に罰則 2012/10
    祗園・車暴走 2012/04

 「悪質な事故の抑止効果が高まると思う」、栃木県鹿沼市で11年4月、てんかん発作を起こした運転手のクレーン車が暴走した事故で長男(当時9歳)を亡くした伊原高弘(41)は新法案に期待した。特定の病気の影響で死傷事故を起こした運転手を危険運転致死傷罪で処罰する規定が設けられ、伊原は「癲癇を申告せずに免許を取って事故を起こすような悪質なケースをなくしてほしい」と訴えた。

 従来は危険運転致死傷罪にならないレベルの飲酒にも同罪を適用できるようになり、無免許で死傷事故を起こすと刑を重くする規定も新設された。

 飲酒事故の遺族で」「関東交通犯罪遺族の会」(通称・あいの会)代表の小沢樹里(32)は「飲酒を含む悪質事故に対する刑罰の幅が広がったことは高く評価したい。今後は、悪質運転を促したり黙認したりした同乗者に対する刑罰の整備も求めたい」と話した。

 京都府亀岡市で12年4月に起きた無免許暴走事故で、次女(当時7歳)を亡くした小谷真樹(30)は「無免許事故を過失犯ではなく、危険運転致死傷罪に含めるよう求めてきたが、そうならず納得できない。国会審議で、悪質運転の被害者や遺族が理不尽な思いをしないような法律にしてほしい」と要望した。

 一方、交通事故遺族を含む被害者支援団体「被害者と司法を考える会」代表の片山徒有(56)は「交通犯罪は他の犯罪より再犯性が低く、厳罰化で臨んでも抑止効果に限界がある。運転手の刑事責任を追及するより、アルコールを検知したらエンジンがかからない車の開発、事故が起きにくい道路のデザイン、子どもの頃からの交通ルール教育の徹底など抜本的対策に力を入れるべきだ」と語った。

《厳罰とは言葉の上だけの話だ。死亡事故を起こしても、運転免許は再取得可能だ。これでは厳罰とはいえまい。このようなヤカラ達には、生涯二度と運転させない罰則を科してこそ、道路の安全は確保されるのではないか。そうでないから、厳罰化で臨んでも「抑止効果に限界がある」などと暢気なことが言えるのだ。》

 精神科医の学術団体「日本精神神経学会」の三野理事は「病気を原因とする死傷事故は統計的にも極めて少なく、特定の病気と危険運転を結びつける医学的な根拠もない。特定の病気を挙げて刑罰の対象とする法律は諸外国にも例がなく、患者に対する差別や偏見を助長する」と批判した。

《三野の言い分では、極めて少ない死傷事故だから、或いは罰する法も諸外国にはないから、目を瞑れ、ということか。また、差別や偏見を口にするが、彼のような過庇護こそ偏見や差別そのものなのだ。》

| | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

雇用法改正で、60歳以上賃金見直し6割(埼玉)

 毎日新聞(4/10)から、《》内は私見。

 今月施行の改正高年齢者雇用安定法に伴い、民間信用調査会社・帝国データバンク大宮支店が発表した県内企業の意識調査によると、6割の企業が60歳以上の従業員の賃金を見直すことが分かった。一方で、3割が正社員採用を抑えると回答した。高齢者と若年層の雇用バランスを図る難しさが浮き彫りになった格好で、同支店は「両者を満遍なく雇用できるほど余裕のある企業はまだない」と分析している。

 同法は、企業に対し、希望者全員を65歳まで継続雇用対象とすることを義務づけている。調査は2月下旬、県内779社を対象に実施し、351社から回答を得た。

 調査結果によると、改正法の対応(複数回答)は、
  賃金見直し58・4%(205社)
  勤務日数・時間など労働条件の見直し50・4%(177社)
  新卒・中途採用の抑制27・1%(95社)⎯⎯⎯⎯の順で多かった。

 また、「賃金面を配慮しつつ、能力があり健康なら60歳以後でも働いてもらうべきだ」(卸売業)などと答えた企業がある一方、「高齢者を雇用し続けると、若年層の雇用機会が減る」(製造業)や「若年層の雇用確保により力を入れるべきだ」(サービス業)などの意見も上がった。

《言葉は悪いが、心太(トコロテン)式に高齢者の退職が続かないと新陳代謝がにぶり、企業は糞詰まり状態になり、停滞化が始まる。企業はその対策として、抱えなければならない人件費の小刻みな細分化を広く浅くするしかない。希望すれば全員の雇用を義務づけるというが、60〜65歳とは元気そうに見えても、肉体的にも思考力にも急激な衰えが見える年齢だ。企業側は継続雇用希望者の、年次ごとの業務の適正を問う出来高審査程度のことはする必要はあろう。》

 同支店は、安倍政権の経済政策「アベノミクス」への期待から、企業心理の好転ムードが先行していると指摘した上で、「多少の景気回復の向きはあるが、県内企業の足元はそれほど良くない。景気浮揚で大幅に雇用増へ転じるまで、新卒者など若年層の採用に影響が出ざるを得ない」としている。

| | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

歓迎会 ノンアルで乾杯

 毎日新聞(4/8)から、

 今日は灌仏会の日。灌仏会とは、4月8日に生まれた釈迦の誕生を祝い、釈迦が生まれるとすぐに数歩あゆんで発したとされる「天上天下唯我独尊」のポーズを象った小さな立像に、甘茶をかける祝いごとをする日。

Photo_2Photo_3






 花御堂(左)の中に飾られている像(この像は東大寺のもの。)Wikipediaより

【閑話休題】
 入社や人事異動などで大きく環境が変わる春。歓迎会や懇親会の場でノンアルコールのビールが広がっているという。最近の「乾杯!」事情は?

 酔って、打ち解ける歓迎会が一般的だったが・・・・。「今の若い人はそもそもあまりお酒を飲みません。それに上司が部下に飲酒を強要することはありませんので、飲めない人がノンアルコールで乾杯することは普通ですね」。社内の歓迎会についてそう語るのは全日本空輸の広報担当者だ。

 ビールテイスト飲料「オールフリー」を販売するサントリー酒類の水谷・ビール事業部ブランド戦略部長は「アルコールはゼロでも、ビールに近い味と色なので宴席に溶け込めるようだ」と話す。また「ランチタイムに職場の歓迎会や懇親会を開くケースが増え、仕事に支障が出ないビールテイスト飲料が乾杯ドリンクの役目を果たしている」とも。

 同社の調査では、ビールテイスト飲料市場は、12年が前年比35・5%増の1600万ケース(1ケースは大瓶20本換算)と右肩上がりで成長。市場を開拓したとされるのは、キリンビールが09年に発売した「キリンフリー」だ。車を運転したり、健康を気遣う人向けだったが「このごろは1日の中でオン・オフを切り替えるスイッチとして飲むという声が増えています」(同社マーケティング部商品担当の増田氏)。

 昼の勤務時間にも広がりつつあり、総合事務機器メーカーは昨夏、オフィスで来客に出す飲料にオールフリーを加えた。「驚かれる方もいたが、話を弾ませるのに一役買った」(広報担当)。

 酒の消費に詳しい「酒文化研究所」の狩野社長は「ノンアルコールはワイワイやるツールの一つ。リラックスできれば新たな発想がでて、自分と違う意見に耳を傾けやすくなる」と話す。

| | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

カラーコンタクト増えて目の障害も増える

 毎日新聞(4/3)から、

《昭和一桁には、「髪はカラスの濡れ羽色」や「黒い瞳」など、日本女性の美しさを表現することばに馴染みがある。今風の茶髪や色を付けた瞳に、真っ黒なイソギンチャクのようなまつ毛には、ゾッとすることはあってもとても綺麗だとか、美しいなど、そのかけらも見出せない。何から何まで白人への劣等感から、誰かが始めれば、付和雷同の日本人、烏合の衆よろしく真似をし、その結果、タイトルのような事実があるとすれば、それこそいい気味、と笑っちゃう。》

 参照 悪趣味、カラーコンタクト 2008/07

 「目が大きく見える」と若い女性に人気のカラーコンタクトレンズ。普及に伴って、目の障害も増えている。学会の昨夏の調査では重症例も報告され、専門医らは「医師の診察を受けて適切に使ってほしい」と注意を呼びかけている。

 インターネットでは、カラーコンタクトレンズを販売するサイトがさまざまあり、「激安」「かわいく盛れる」「モデル愛用」などの文字が踊る。色やデザインも驚くほど抱負で、レンズがリング状に着色され瞳をくっきりと大きく見せたり、茶や青、グレーなどに変えたりできる。「度」があるものやないもの、1日使い捨てから「1年使用で経済的」とうたうものも。東京都の量販店では、つけまつげと同じ売り場に並べられ、女性たちが次々に購入していった。

 「髪や爪に色をつけるのと同じ感覚で、目の色を変えようとおしゃれ目的のレンズが普及してきた」。日本コンタクトレンズ学会の植田常任理事は説明する。厚生労働省の承諾を受けたから^コンタクトレンズは09年は10品目以下だったが、13年1月時点で19社258品目と急増している。

《かくして日本の若い女性は烏合の衆の集まりとして、殆どの女性からそれぞれの個性や特徴が消え、皆が皆、判で押してような似たり寄ったりの薄っぺらな顔立ちになった。》

 使用者が増えていることを受けて、同学会の小委員会は昨年7月から3カ月間、会員の眼科医から報告を求めたところ、全国から395件の目の障害事例が上がった。角膜(黒目)の表面に細かい傷が付く「点状表層角膜症」(36%)が最も多く、傷が深くなり重症な「角膜浸潤」’17%)、「角膜潰瘍」(5%)もあった。結膜(白目)から出血する、カラーレンズ特有の障害もみられた。視力障害が残る可能性のある人が2・8%いた。

 女性が圧倒的に多く、29歳以下が全体の88%を占めた。特に15〜19歳が40%で、中高校生から装着する人が多いと推測された。自覚症状は「充血」「痛み」「異物感」「目やに」が大かった。

 レンズ自体に問題があるものもあった。比較的安全なレンズは、色素をサンドイッチのように挟んだ構造で、色素が直接目に触れない。しかし、調査では、レンズン内面や外面に着色している製品もあった。調査を担当したワタナベ眼科(大阪市)の渡辺院長は「ひどい製品では、綿棒でこすると色が取れるものもある。内面に色が印刷されている場合、色素が角膜をサンドペーパーのようにこする可能性がある」と指摘する。酸素透過性の低い素材も多く、角膜が酸素不足になると目のトラブルも起こしやすい。

 395件のうち、インターネットなどの通販で買った人が52%で、雑貨店や大型ディスカウント店で購入した人が28%。購入時に眼科を受診した人はわずか13%で、15歳以下に限ると受診した人はいなかった。消毒やこすり洗いなどの正しいレンズケアをしていない人も多く、渡辺院長は「医師の説明や指導を受けていないため、正しいケアを知らずに使用していると考えられる」と話す。

 おしゃれ用の度なしカラーコンタクトレンズは09年、薬事法施行令の改正で、高度管理医療機器に指定され、規制の対象になった。しかし、コンタクトレンズ自体は、医師の処方は義務づけられていない。

 学会では「適切に使用しなければ、失明などの重篤な障害を引き起こす」として、
 ▽購入時は眼科医の診察を受ける
 ▽使用方法や期間を守る
 ▽定期検査を必ず受ける
 ▽すこしでも異常を感じたらすぐに眼科医の診察を受ける
ことを呼びかけている。

| | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

銃規制強化法が成立(米、州レベル初)

 毎日新聞(4/5)から、

《さすが、あれだけの惨事があった後だ。何もできないじゃ民主主義の国アメリカの名折れだろう。今後、何年かかるか分からないが、1州にとどまらず全米に広がって行くことを期待しよう。》

 児童ら26人が犠牲となる小学校銃乱射事件があった米東部コネチカット州で4日、包括的な銃規制強化法が成立した。事件の遺族らが立ち会う中で法案に署名したマロイ州知事は「極めて感慨深い日だ」と語った。

 新州法では、銃犯罪の経歴がある人物の登録制度が導入された。州レベルでは全米初で、捜査当局による「危険人物」の監視が強化される。また、販売禁止の対象となる殺傷能力の高い攻撃用銃器が100種類以上増えたほか、10発以上の弾薬を装填できる弾倉の販売も禁止される。

 銃乱射事件のアダム・ランザ容疑者(20)=自殺=は母親が所有する銃器を持ち出しており、銃の所有者による保管義務の内容も厳格化された。

 知事の署名に先立ち、州議会上院と下院で3〜4日にかけて法案が可決された。両院とも民主党が多数派だが銃規制に慎重な議員もおり、上院では22人中2人、下院では98人中13人の民主党議員が法案に反対した。また、州議会周辺には銃の権利擁護団体のメンバーらが終結。米国での銃規制の難しさを浮かび上がらせていた。

| | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

若者の性行動「全体的に不活発」

 毎日新聞(4/3)から、

 現代っ子は性行動より学業優先?——。財団法人「日本性教育協会」(東京都文京区)は11〜12年にかけて行なった「第7回青少年の性行動調査」から見えてきた若者の姿を、東京都内でこのほど開かれた研修セミナーで発表した。

 参照 性関係急ぐ必要ない 2006/10

《参照は、300日問題が毎日紙に取りあげられるほぼ2カ月前に書いたものだ。すでにこの頃には日本の性モラルは崩れ去り、不義不倫は日常茶飯事のことになっていた。法は守らなくても、「子どもが可哀相」の論調が新聞紙上に踊っていた。それにつれ、世情はますます性に関する束縛が解き放たれ、結婚前の出産は授かり婚などと飾り立て、それに伴って性の乱れはますます低年齢化していった。》

Th_2460_2

Th_f1_3Th_3_f8






 前回調査では、性行動の「活発」「不活発」の二極化が指摘されたが、今回は「全体的に不活発化」という分析結果となった。

《不活発とはいえ、男女ともにほぼ50%の大学生に性交経験があるなど、やはり昭和生まれには想像を絶する現実だ。女子も「草食化」、と書いたメディアもあるが、あながちそうとは思えないふしもある。20歳を過ぎた女子に急激に増える(これまた驚きだが、2人に1人)マスタベーションを草食化というのだろうか。》

 駿河台大学経済学部教授の渡辺裕子によると、恋人がいても性交をしない人が全体的に増えているという「性や恋愛より、学業を優先する傾向が強くなってきている。経済状態の悪化などから、キャリア志向を優先させる若者が増えてきている」と背景を分析する。

 また、山口大学人文学部教授の高橋征仁は「恋愛市場の中で自分の位置づけが分かる時代のため、傷つくのを恐れ、何も選ばない人が増えている」と分析していた。

 性行動と結婚意識、性教育、家族関係などとの関係を詳しく分析した報告書は、8月に発効される予定という。

| | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

同性婚の是非、判断に慎重(米連邦最高裁)

 毎日新聞(3/29)から、

 米連邦最高裁は26日、27日の両日、同性婚の是非を争う二つの訴訟に関する進路を行なった。今後の審理日程はなく、今夏にも結論が出る。2日間の審理では、連邦レベルの司法判断を下すことに慎重意見が目立ち、州の判断に委ねる可能性も出ている。国論を二分するテーマだけに裁判所前には賛成、反対の数千人が集まった。

 同性婚の制度は州ごとに異なり、マサチューセッツなど9州と首都ワシントンDCでは合法化されている。審理されたのは、1996年に成立した連邦法の婚姻擁護法と、2008年のカリフォルニア州憲法修正条項。いずれも婚姻を男女間に限定する内容で、下級審では同性婚の禁止が違憲と判断され、反対派が上告していた。

 米メディアによると、最高裁判事9人の賛否は4対4に分かれ、残る1人のアンソニー・ケネディ判事の判断がカギを握るとみられている。ケネディ判事は、婚姻擁護法を扱った27日の審理で「問題は連邦政府が判断する権限があるかどうかだ」と述べた。

 カリフォルニア州法を巡る26日の審理でも「カリフォルニアでは4万人の子どもが同性婚の家庭で育っている」と発言、子の人権を重視する姿勢を見せた。

 ABCテレビが26日に発表した世論調査によると、同性婚合法化に賛成と答えたのは58%で反対は36%。03年調査の賛成37%、反対55%と比べ賛否が逆転している。

 裁判所前に集まった同性婚賛成派は「平等な結婚」と書いた虹色の旗を振って気勢を上げた。反対派は「男1人+女1人=結婚」と書いたプラカードを掲げる姿が目立った。

 参照 同性同士の挙式 TDL認める 2012/05/
    セサミストリートの人気キャラに同性婚させてと署名活況 2011/08
    同性婚禁止は「合憲」 2006/10
   
《アメリカの同性婚の家庭の4万人の子の詳しい出自が不明だが、男同士にしろ、女同士にしろ、生まれる筈のない2人の間の子との関係が、養子縁組みで家族として成り立っているのか、誰かの腹を借りて生まれたのか、誰かの精子を貰って生まれたのか、どのように構成されているのだろうか。》

| | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

子宮頸癌ワクチンと重い副反応

 毎日新聞(3/31)“なるほドリ”から、

 参照 性感染症 正しく予防を 2012/07
    緊急避妊薬の特徴は? 2011/04
    「4月9日」は子宮(49)頸癌予防の日 2010/04

 先ずは子宮頸癌発症の【病因 】について
 子宮頸部扁平上皮癌はヒトパピローマウイルス (HPV) というウイルス感染が原因で引き起こされる。HPVには100以上もの種類があり、皮膚感染型と粘膜感染型の2種類に大別される。子宮頸癌は粘膜感染型HPVの中でも高リスク型HPVと呼ばれている性交渉によって感染する一部のHPVが長期間感染することによって引き起こされる。
HPVは性交渉により感染するウイルスであり、性交経験のある女性は、感染の可能性がある。HPVに感染しても多くの場合は、免疫力によってHPVが体内から排除される。HPV感染の大半は2年以内に自然消失するが、約10%の人では感染が長期化(持続感染化)する。HPVが持続感染化するとその一部で子宮頸部の細胞に異常(異形成)を生じ、さらに平均で10年以上の歳月の後、ごく一部(感染者の1%以下)が異形成から子宮頸癌に進行する。(Wikipediaより)

《昭和一桁にとっては、性交渉による感染ということの予防に、自治体が10〜15,16歳を対象に助成金を出してまで実施することが理解不可能なことだが、14歳や15歳の少女が母になるドラマが、テレビでもてはやされる現在のように性モラルなど無いに等しい無軌道ぶりでは、止むを得ないこととして受け入れなければならないことなのだろう。それにしても、2011年3月11日直後、鳴りを潜めたコマーシャル界に、しばらくの間、母子で出ずっぱりだった子宮頸癌の画面には、いい加減うんざりしたものだった。》

【閑話休題】
 子宮頸癌のワクチンを予防接種した中学生や高校生に、重い副反応が出たというニュースを聞いた。お母さんたちが被害者連絡会をつくったそうだが、心配だ。まずは事実を冷静に見てみよう。

 Q どういうこと?

 A 中学生たちに出た副反応は、複合性局所疼痛症候群という。手足や肩などに痛みが生じ、歩けなくなるのが特徴だ

 Q そう

 A こうした副反応が出たら、医療機関や製薬会社は国に事実を報告する。これを「有害事象報告」と呼ぶが、すべてが薬との因果関係があるとは限らない。偶発的に生じた症状も含まれる

 Q どれくらいの報告があるのか

 A 日本で現在受けられる子宮頸癌のワクチンは「サーバリックス」「ガーダシル」の2種類。サーバリックスは09年12月の発売から昨年末まで約684万回接種され、88例(0・0013%)の重い副反応が、ガーダシルは11年8月の発売から約145万回接種され、13例(0・0009%)の重い副反応が報告された。この中には因果関係が分からないものも含まれている

 Q 歩けなくなったこととワクチン接種は因果関係があるのか

 A 分かっていない。厚生労働省安全対策課によると、この症候群はインフルエンザのワクチン接種の後や、献血、ペースメーカーの施術などでも起きている。発生率は100万〜150万人に1人くらいだそうだ。自治医科大学付属さいたま医療センターの今野教授のように「ワクチンの成分との因果関係はない」と強く主張する声も多く、解明は難しいのが実情だ

 Q 皮下の国では?

 A 英国や米国など他の先進国でも、同じくらいの副反応報告がある。ただ、どの国も接種を駐止してはいない

 Q そうは言っても、被害者の救済は必要じゃないか

 A 国による救済制度はあるが、因果関係がはっきりしないと、申請しても認められない例が多いようだ

 Q 子宮頸癌ワクチンの予防接種は、国の定期接種になるんだよな、大丈夫か?

 A 今国会で関連法が成立し、定期接種になって無料で接種を受けられるようになる。被害者を救済する仕組みをどうするかが今後の課題だ。国は被害者の症状をよく調べ、国民に詳しく説明する必要がある。被害者の中にはワクチンの効果を疑問視する声もあるので、こうした疑問にもしっかり答えることが必要だ

| | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »