« 道交法改正案を閣議決定 | トップページ | 4月28日、祝う日より考える日に »

2013年3月30日 (土)

イオン、ダイエーを子会社化

 毎日新聞(3/28)から、

 流通最大手のイオンは27日、株式の公開買い付け(TOB)を実施し、ダイエーを子会社にすると発表した。イオンの連結売上高は単純合計で6兆円超と、2位以下を大きく上回る巨大流通グループとなる。イオンはダイエーの不採算店の閉鎖やプライベートブランド(PB)商品の一元化など、大胆なリストラを加速。スーパー市場が縮小する中、大規模化と効率化で生き残りを図る。

 Photo 「(イオン主導で)物流や商品調達、電子マネーの共通性を高め、コスト競争力を確保する」。27日、東京都内で記者会見した岡田イオン社長は、子会社化の異議を強調した。岡田はダイエー従業員の雇用はイオンへの出向などで維持する一方、老朽化した店舗は積極的に統廃合する意向を表明。両社がそれぞれ展開しているPBも、イオン側に統一する。子会社化を機に、規模の拡大と効率化を急ぐ。

 多角化の失敗で90年代後半に経営が悪化したダイエーは、04年に産業再生機構の支援を受け入れた。06年に丸紅が44・6%の株を取得して子会社化。07年にはイオンが丸紅からダイエー株を買って第2位株主となった。

《わが町にもダイエー(1979年6月オープン)があるが、中内巧が「主婦の店」からスタートし、日本最大のスーパーに膨れ上がってきたダイエーに、昔日の面影はない。半年ほど前から4(家電、スポーツ用品、趣味など)、5階(ゲーム、食堂、旅行案内など)フロアは閉館、エレベーターも止まらずに通過、以前は子どもたちの笑い声が響いていた屋上の遊園スペースは、フットサルとかいう連中の貸し切り状態で、一般客は屋上へ上がれず、街の展望(晴れた日には遠く富士山も遠望できた)も禁止されている。地下の食料品売り場と1階フロアを刷新したが、いつ、ダイエーそのものが閉館になってもおかしくない現状だ。》

 だが、店舗の運営をイオン、商品調達を丸紅が分担する態勢が却って、ダイエー全体の戦略立案能力を弱めた。リーマン・ショック後の消費低迷の直撃を受け、09年2月期以降、4期連続で最終赤字を計上。13年2月期も37億円の赤字となる見通しだ。コンビニの急成長の他、専門店、量販店、通信販売との価格競争の激化が響いた。老朽化した店舗を改装するお金も足りない。岡田社長は「(丸紅とイオンのうち)誰が責任者なのかをはっきりしなかったことで(再建が)長引いた」と認めた。

 ダイエー株を29%持つ丸紅は、公正取引委員会の審査終了後の4月にも始まるTOBで、24%をイオンに売却。イオンは保有比率を約20%から44%以上に引き上げる。TOBには上限を設けず、他の株主からの応募分を含め、5割超の取得を目指す。ダイエーの上場は維持する。

 買い付け価格は直近3カ月のダイエーの平均株価に、約20%上乗せした1株270円。ただ、27日の終値(286円)を下回っているため、イオンの出資比率が5割に届かない可能性もある。その場合は、5月に開催予定のダイエーの株主総会で取締役の過半数をイオンから送り込む議案を提出。可決されば、ダイエーの経営権をイオンが握るので、子会社化の条件を満たすことになる。

 イオンは、ヤオハンヤやマイカルなど経営破綻したスーパーを支援し、これの店舗をイオンに切り替えて規模を拡大してきた。ダイエーの子会社化で都市部のシェアをさらに高め、高付加価値商品の展開と価格競争力強化の両立を目指す。

 ◎ 一方で、スーパー業界の不振が続いている。
 日本チェーンストア協会によると、全国のスーパーの売上高の合計は今年2月に9140億円で、12カ月連続で前年実績を下回った。年間ベースで見ても97年の16兆8635億円をピークに減少傾向は止まらない。コンビニエンスストアや「ユニクロ」のような医療専門店の他、家電量販店、インターネット通信販売などの躍進が響いている。消費者の節約志向で定価格競争があ激しくなっていることも経営環境を悪化させてきた。

 昨年のスーパー全体の売上高は12兆5340億円で、ピークから25%超、落ち込んだ。スーパー単独の集客力には限界があるとの判断から、多数の専門店が入る郊外型ショッピングセンターに、テナントの一つとして入居する形態も増えている。

|

« 道交法改正案を閣議決定 | トップページ | 4月28日、祝う日より考える日に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/57067968

この記事へのトラックバック一覧です: イオン、ダイエーを子会社化:

« 道交法改正案を閣議決定 | トップページ | 4月28日、祝う日より考える日に »