« 長寿危うい沖縄 | トップページ | 今後10年、脳卒中の発症確立は? »

2013年3月21日 (木)

幹細胞で乳房再生

 毎日新聞(3/21)から、

 脂肪の組織になる能力がある「脂肪幹細胞」を本人の身体から採り、乳癌の手術で乳房を部分的に切除した部位に移植し、乳房を再生する臨床研究を鳥取大病院(鳥取県米子市)が5人に実施し、成功したことが同病院への取材で分かった。担当の中山敏准教授によると、患者の経過は良好という。

 鳥取大病院によると、移植手術は昨年9〜今年1月、神奈川県や大阪府など5府県の30〜60代の女性に実施した。乳癌で乳房をできるだけ残す温存手術を受けてから1年以上経過し、がんの再発や移転がない人が対象。手術後5年間、安全面など経過を見る。

 手術では、患者の太ももや腹部から吸引した脂肪組織の半分から脂肪幹細胞を分離し、残り半分の脂肪組織と混ぜたものを、乳房が欠損した部位に注入した。

 ほかの手法として、患者本人から採った脂肪組織自体を移植する方法もあるが、移植した組織が残りにくい課題がある。

 今回の方法では、移植した組織に脂肪幹細胞が多く含まれるため、新しい血管が作られやすく、組織が生きた状態で残りやすい。中山は「脂肪そのものを移植するよりも定着しやすい」と話す。

 鳥取大病院は、実施症例を増やし、有効性を確かめる研究をする予定で、今後普及を目指す。

|

« 長寿危うい沖縄 | トップページ | 今後10年、脳卒中の発症確立は? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/57003412

この記事へのトラックバック一覧です: 幹細胞で乳房再生:

« 長寿危うい沖縄 | トップページ | 今後10年、脳卒中の発症確立は? »