« 動物実験廃止求める声 | トップページ | 日本人長寿でも、「腰痛」健康に脅威 »

2013年3月27日 (水)

奨学金問題で全国組織

 毎日新聞(3/27)から、

 参照 高校奨学金 回収率想定以下 2011/09
    奨学金延滞に回収強化 2010/02
    地に堕ちたモラル延滞増える奨学金 - 3 - 2009/10

2 不況や就職難で奨学金が返済できず、厳しい取り立てを受けたり、自己破産したりする若者が急増しているとして、全国の学者や弁護士らが「奨学金問題対策全国会議」を31日に発足させる。背景には、学費高騰や学生支援組織の独立行政法人化などがあり、支援者らは「本人の努力だけでは解決できない社会問題だ」と訴えている。奨学金問題で全国組織が結成されるのは初めて。

 独立行政法人・日本学生支援機構(旧日本育英会)によると、2011年度の同機構の奨学金利用者は128万9000人。大学や専門学校に通う学生の3人に1人が利用している。同機構の奨学金に給付型はなく、卒業後に返済が必要だが、就職難や非正規雇用の増加で返済が遅れる利用者が続出。延滞者は03年度末から11万人増え、11年度末で33万人にのぼる。

 追い打ちをかけたのが、独立行政法人化による回収の厳格化だ。同機構は10年度から、3カ月滞納した利用者を銀行の個人情報信用機関に登録(いわゆるブラックリスト化)し、4カ月目から民間の債権回収会社サービサー)に委託している。その後は裁判をし、11年度だけで給料差し押さえなど強制執行は135件にも及ぶ。

《回収強制執行を制度化しなければ、参照でも取りあげたが、マスコミの槍玉に挙がるのは、催促しなかった支援機構側に向かう。「催促しなかったのが悪い」と、主客転倒の論理にすり替えられてしまうのだ。》

 全国44の弁護士会が2月に実施した奨学金に関する初の電話相談には計453件が寄せられ「生活苦で返済できない」が42%で最多だった。対策会議設立の母体は80年代から多重債務者を救済してきた全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会。対策会議事務局長(予定)の岩重弁護士は「学生の将来をひらくための奨学金が、将来を潰すことになっている。学生支援のあり方を含め、社会全体で取り組む必要がある」と話す。

|

« 動物実験廃止求める声 | トップページ | 日本人長寿でも、「腰痛」健康に脅威 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/57044963

この記事へのトラックバック一覧です: 奨学金問題で全国組織:

« 動物実験廃止求める声 | トップページ | 日本人長寿でも、「腰痛」健康に脅威 »