« SNSゲーム規制1年 | トップページ | 動物実験廃止求める声 »

2013年3月24日 (日)

抗うつ薬、18歳未満投与「慎重に」

 毎日新聞(3/23)から、

 1999年以降に国内で承認された抗うつ薬は、18歳未満に投与した際の効果に疑問があるとして、厚生労働省が「投与は慎重に検討すること」との内容を添付文書の「警告」欄に記載するよう、製薬会社に近く指示する方針を固めた。

 海外の試験で、18際未満のうつ病患者に薬の有効性を確認できなかったのが主な理由。

 抗うつ薬には成長期の子どもを中心に、精神状態が不安定になり自殺の衝動が引き起こされる場合があるなど、副作用の問題が指摘されており、安易な処方を防ぐ狙いがある。

【抗うつ薬】
 向精神薬の一種。脳内のセロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質に作用し、主にうつ病患者に使われる。古くから用いられているタイプは口に渇きやふらつきなどの副作用が強い。日本で1999年以降に承認された「新世代」の薬は「SSRI」などと呼ばれ、副作用が比較的弱いとして症状が軽い患者に投与が広がった。しかし、欧米の研究で若年層に対する自殺のリスクが判明。一部の医師による過剰投与も問題となり、厚生労働省や関係学会は適正な使用を呼び掛けている。

 一方で、現場の医師には「薬の効き目には個人差がある」として、投与の必要性を訴える意見もある。患者が急に服用をやめると、症状が悪化する危険もあり、関係学会は、不安がある場合は医師に相談することなどを呼びかける。

 Photo 対象は、99年以降に区内で承認された「新世代」と呼ばれる抗うつ薬7種類のうち6種類。
 これらの薬は製造販売の承認前に、大人を対象にした試験で有効性や安全性を確認。一方で低年齢層に絞った試験はしておらず、投与すべきかどうかは医師の判断に委ねられている。

 厚労省と独立行政法人「医薬品医療機器総合機構」が海外の複数の試験結果を調査。本物と偽物の薬を明かさずに、投与したグループを比較すると、症状の改善度合いにはほとんど差がなかった。偽物の薬を投与したケースでは、薬が本物で効果があると信じ込み、症状が改善する「プラセボ効果」《怠け病とも言われた昔は、薬はポリシーボ効果といい、何でもいい飲ませておけ、と揶揄われることもあった。》が反映されている。

 「新世代」を含む抗うつ薬全般については、24歳以下の患者が自殺衝動を起こすリスクが高まるとの海外の研究データがある。厚労省は06年、注意を促すために、研究内容を薬の添付文書に加えるよう指示した。

|

« SNSゲーム規制1年 | トップページ | 動物実験廃止求める声 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/57021731

この記事へのトラックバック一覧です: 抗うつ薬、18歳未満投与「慎重に」:

« SNSゲーム規制1年 | トップページ | 動物実験廃止求める声 »