« 「リーダーズ・ダイジェスト」倒産 | トップページ | 3人の死刑執行 »

2013年2月21日 (木)

いじめ事件2.3倍

 毎日新聞(2/21)から、

《あ、そう。また増えたの、でも、いじめニュースには何の感慨もない。もう、数だけを並べる報道には飽きちゃったよ。ただ数を数えて知らせるだけの調査には何の意味もない。いつまで無駄なことをやっているんだろうか。なぜ、いじめる側の人間がいなくならないのか、どうしたら減らすことができるのか、考えたことあるのだろうか。こんなことだからいじめる人間はいつまでも減らないんだ。》

Th_4_3Th_5《左の表では、皮肉にも「だからいじめられるんだ」、「性格を直しなさい」「態度を直しなさい」と、さもいじめられる方が悪いんだとでもいうようにも受け取れる。このような分類に何か意味があるのだろうか。》

 警察庁は21日、昨年1年間に全国でいじめに起因する少年事件が260件(いじめの仕返し8件を含む)あり、児童・生徒511人を検挙または補導したと発表した。件数・人数とも前年の2・3倍で、約75%が7月以降に集中。昨年は大津市立中学2年の男子生徒が自殺した問題で7月に滋賀県警が学校などを家宅捜索した経緯があり、警察庁は「操作を機にいじめ問題への社会的関心が高まり、警察に対応を求める人が増えた」とみている。

《世の中のいじめへの関心は、誰かが自殺でもしない限り無関心だということなのか。いじめは、昨日、今日始まった問題ではないはずなのに。日本人特有の「熱しやすく冷めやすい」特性のせいなのだろうか。》

 警察庁はいじめが社会問題化していた84年から統計を取っている。過去最多は85年の638件で、1950人が検挙または補導された。翌86年には、東京都の中学2年の男子生徒が「このままじゃ生きジゴクになっちゃうよ」と遺書を残して自殺し、「葬式ごっこ」などのいじめが明らかになった。

 警察が事件化するいじめの件数は社会の関心の高まりを反映する傾向があり、87年以降は200件未満で増減を繰り返し、いじめが原因とみられる自殺が相次いだ06年に233件と急増した。その後は減少傾向が続いていた。

 昨年は増加に転じ、26年ぶりに250件を上回る260件(前年比147件増)に上った。1〜6月の65件に対し、大津の自殺が注目された7月以降は195件に上った。

 主な罪名は、傷害122件▽暴行74件▽恐喝20件⎯⎯⎯など。ブログなどで実名を挙げて誹謗中傷する「ネットいじめ」による侮辱と名誉毀損が3件あったほか、携帯電話で同級生に「死ね」などの嫌がらせメールを複数回送った迷惑防止条例違反もあった。

 検挙または補導された児童・生徒は511人(前年比292人増)で、17年ぶりに500人を超えた。中学生が384人(同223人増)で大半を占め、高校生は91人(同53人増)、小学生は36人(同16人増)。供述などからいじめの原因・動機を分類すると、「力が弱い・無抵抗」が206人、「いい子ぶる・生意気」が94人、「態度・動作が鈍い」が76人と多く、からかいや腹いせから事件に発展するケースが殆どだった。

 一方、被害児童・生徒の相談先は,保護者が188人、教師が88人、警察などが33人、また38人がどこにもs壟断していなかった。

 いじめへの対応について警察庁は1月、学校との連携を強化して早期把握に務めるよう全国に指示。、警察OBらが警察と学校とのつなぎ役を担う「スクールサポーター」(現在43都道府県・620人)の活用などを勧めている。

|

« 「リーダーズ・ダイジェスト」倒産 | トップページ | 3人の死刑執行 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/56811777

この記事へのトラックバック一覧です: いじめ事件2.3倍:

« 「リーダーズ・ダイジェスト」倒産 | トップページ | 3人の死刑執行 »