« 受験生は神様です | トップページ | ピストバイク販売禁止へ(東京都) »

2013年1月11日 (金)

続・首相の伊勢神宮参拝

 毎日新聞(1/11)”なるほドリ”から、<要約>

 参照 首相の伊勢神宮参拝 2010/01/

《虎視眈々と憲法96条の見直しを狙っている安倍晋三が、早速伊勢神宮へ出かけた。願をかけたのは、平和憲法を捨て、戦争ができる軍隊を持つようにすることにある。戦争を知らない世代の多くが時の勢いで憲法改正に同意しているようだが、いずれその先にあるのは一旦緩急あると見た時の徴兵制度に発展し、男性<ゲイ、性同一性障害、ニューハーフに拘わらず>たるもの愛国心の旗のもと、戦場に狩り出される運命にあることまで思い描いているだろうか。》

 1月4日に首相が伊勢神宮に参拝した。上の参照の繰り返しになるが、神宮は天皇家の先祖とされる「天照大神」を祭り、日本の神社の中では最も格の高い神社に位置づけられている。

 Q 伊勢神宮で記者会見するのを見たが、前から?

 A 参拝と併せて、記者会見を行なうのが恒例行事となっている。初詣のあと、国民に向けて1年の抱負を説明するということで、2001年1月に参拝した森・元首相まではしていたが、その後は首相官邸で会見するようになっていた

 Q どうして伊勢神宮で会見しなくなったのか

 A 01年4月に就任した小泉・元首相が02年1月、参拝後に官邸に戻ってから夕方に会見する形に変えた。その方がテレビで生中継しやすいという事情があったようで、紋付袴姿で会見するテレビの映像が話題になった。過去の先例よりも、国民受けする効果を狙った小泉らしい演出だ。03年以降の歴代首相は、午前中に官邸で会見してから、午後に参拝するスタイルが続いていた

 Q 今年からまた戻したのか

 A 伝統を重んじる安倍首相の判断のようだ

 Q 安倍は二度目の首相だよね

 A 小泉の後を継いで06年に就任し、07年1月は官邸で会見してから伊勢神宮に出かけた。翌年から先例に戻すことも考えたようだったが、07年9月に退陣したので、実現しなかった。今回首相に帰り咲いたことで、元に戻したというわけだ

 Q 安倍はほかにも憲法改正や政府の歴史認識などをめぐり、保守色の強い政策を主張してきた。ただ、そういう政策を強硬に進めれば保守層以外の反発を招く可能性もあるので、今夏の参院選まで「安倍カラー」は抑え気味にしたい考えのようだ。これは安倍を応援してきた保守層に不満も燻っているため、伊勢神宮で記者会見する姿を見せることで、伝統重視の姿勢を保守層にアピールする狙いもあったとみられる

|

« 受験生は神様です | トップページ | ピストバイク販売禁止へ(東京都) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/56517950

この記事へのトラックバック一覧です: 続・首相の伊勢神宮参拝:

« 受験生は神様です | トップページ | ピストバイク販売禁止へ(東京都) »