« ソフトバンク解約金「合法」 | トップページ | 「超小型車」公道OKに »

2012年11月23日 (金)

いじめ急増 半年で14万件

 毎日新聞(11/23)から、

《相変わらずのデータ取りに終始する調査の結果発表だ。その結果は増えた増えたの大声を上げるだけだ。こんな結果になることは、文科省が乗り出した際、根掘り葉掘りの末、当然増えることは予告しておいた。騒ぐほどのことでもない。そして、いじめの本質が理解されていないから、具体的な対策が何一つ提起されないこともいつも通りだ。》

 ”なるほドリ”から
 文部科学省の調査で、今年4月以降の半年間のいじめの認知件数が昨年度1年の約2倍になった。どうしてだ。今回の調査は大津市立中学2年の男子生徒の自殺を受けての実施だ。学校や保護者の間にいじめへの関心が高まり、こfれまでは問題としなかった「仲間はずれ」や「嫌がらせ」もいじめと見なすなど捉え方が変わったのが理由だろう。

 1 Q これまでは?

 A 調査は1985年度から始まった。件数は年々減少したが、94年に愛知県西尾市でいじめを苦にした中学2年の男子(当時13歳)が自殺したことをきっかけに文科省がいじめの定義を見直した。いじめられた子どもの立場で調べるようにした結果、94年度は93年度から2・6倍に増えた。この後、件数はまた減少するが、2006年度に大きな転機があった。05年9月に遺書を残して自殺を図った北海道滝川市の小学6年の女児が06年1月に亡くなり、いじめがまた社会問題化した。文科省はこの時もいじめの定義から「継続的な攻撃」や「深刻な苦痛」を外した。その結果、05年度は2万143件だったのに対し06年度は12万4898件と急増した。現在は「一定の人間関係のある者から心理的、物理的な攻撃を受けたことにより精神的な苦痛を感じているもの」が定義だ

 Q 精神的な苦痛とは?

 A 給食を1人で食べさせたり言葉でからかったりするのもいじめになる。いじめの問題に詳しい国立教育政策研究所の滝・総括研究官はいじめの定義にある「精神的な苦痛」には「不安感」「恥ずかしさ」「惨めな思い」も加えるべきだとしている

 Q いじめを把握するため、毎月生徒アンケートを実施している愛知県一宮市立今伊勢中の森校長は「大きないじめになる前に見つけ、対応することが大切」と言う。子どもは自ら「いじめられた」とは言わない。日常の行動や会話からいじめを発見するとともに、生徒に考えさせる予防教育も必要だ

《ここに見るように、発生したいじめの数を追いかけるだけであることと、10年も15年も前から問題だ問題だと唱え、ああすれば、こうすればの抽象論だけで具体的対策には何一つ手を付けていない。これでいじめがなくなると本当に考えているのか。「大きないじめになる前に」と暢気なことを口走る。いじめを教師の前で公然とやる生徒がいるわけがない。教師が見つけた時にはすでに「時遅し」だ。いじめる側の人間をどうすれば減らせるのか、その対策を講じることができなければ、いじめは「絶対に、絶対に」なくならない。》

1_51_7





いじめ緊急調査の1000人当りの件数の多い府県と少ない県、では鹿児島の159・5件、総数3万877件が最多、2番目に奈良の43・0件、総数6781件と続き、47番目に福岡の1・0件、総数540件となっている。

 国立教育政策研究所の滝充・総括研究者は「鹿児島の3万件は驚かない。全国で30万〜40万件でもおかしくない」。小中高校は全国に約3万7000校あるからだ。滝は「調査は学校が対応を見直すきっかけになる」と評価する。

 また、調査からは、いじめ問題への対応の課題も浮かんだ。

 文科省は、いじめ把握のため児童生徒へのアンケート実施を教育委員会に求めてきた。緊急調査で都道府県と政令市の全教委が「学校に実施を求めた」と回答したが、市町村教委は8%余りが求めていなかった。また、教職員を対象にしたいじめの校内研修は、公立小中高校の12%余りが「実施していない」と回答。文科省は傷害などいじめが犯罪行為の可能性がある場合には警察への通報を求めているが、公立小中高校の11%余りが「通報していない」と答えた。

 文科省は社会福祉などのスクールソーシャルワーカーを現在の1113人〜倍増させ、臨床心理士などのスクールカウンセラーを公立中の全校に、公立小の約65%に配置する計画を立て、予算要求している。毎日紙が実施した現役教師104人へのヒアリング調査からも、支援スタッフを求める意見が目立った。茨城県の50代の中学教師は「担任となかなかつながれない子どもたちもいるので、いろいろな窓口を用意したい」とした。さらに、授業を持たない生徒指導担当教師の配置、警察や児童相談所との日常的な連携に加え「弁護士に相談できるような仕組みを。無理を言う加害者側の保護者に教師が泣き寝入りすることも多い」(大阪・50小学女性教師)など、より多角的な支援策を求める声が相次いだ。

《最後の女性教師の声は悲痛だ。「ひょっとして内の子はいじめの加害者になっていないだろうか」を考えられる保護者ではなく、「うちの子が」「うちの子に限って」といじめを否定するのは加害者側のモンスターペアレント保護者に多く見られる現象だろう。放任状態で何一つ躾けのできない保護者の家庭環境で育てられた子どもたちが学級崩壊の元凶ともなり、いじめの加害者となる可能性が強いのだ。》

|

« ソフトバンク解約金「合法」 | トップページ | 「超小型車」公道OKに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/56174312

この記事へのトラックバック一覧です: いじめ急増 半年で14万件:

« ソフトバンク解約金「合法」 | トップページ | 「超小型車」公道OKに »