« 非正規労働の未婚率、正規の2・5倍 | トップページ | 痩せれば美人に? »

2012年9月 1日 (土)

アップルとサムスンは何を争っているのか

 毎日新聞(9/1)“なるほドリ”から、

 米アップルがスマートフォン(多機能携帯電話)やタブレット端末での特許権を侵害されたなどととして、日本サムスンなどに損害賠償を求めていた訴訟で、東京地裁は31日、アップルの請求を棄却した。アップルは、サムスン側の「GALAXY(ギャラクシー)」シリーズ8機種の販売を差し止める仮処分を求めていたが、これも退けた。アップルが「全面勝訴」した8月24日の米国の評決とは異なる判断だ。今のところ、いずれの訴訟も消費者への直接の影響は限定的だが、年間数億台という巨大市場で、企業間の競争が激化している。

Photo_3

 Photo_2 米アップルと韓国サムスン電子の訴訟は、スマートフォンやタブレット端末に使われている特許を巡り争っているのだ。アップルが自社の技術をサムスンにコピーされて使われていると訴え、サムスン側が訴え返すという構図で、日本以外に米国、韓国、英国、ドイツ、オーストリア、フランスなど世界10カ国で約50件の訴えを起こし国際的な特許紛争になっている。世界のスマホ市場で両社は約50%のシェアを占めているが、この大訴訟の行方を世界中のメーカーが注視している。

 Q どんな技術が問題になっているのか

 A 例えば、指で2度叩くと画面を拡大できる機能などの操作方法。長方形で丸みを帯びたスマホのデザインについても争っている。31日の東京地裁ではパソコンとスマホなどでデータを同一化する機能について争い、アップルは敗訴したが、これ以外にも同地裁ではタッチ画面の操作性などを巡る訴訟が継続中で、両社の法廷闘争は今後も続く

 Q どうして訴訟合戦になった?

 A 背景には世界のスマホ市場での覇権争いがある。伝記によると、アップル創業者の故スティーブ・ジョブズは、サムスンの基本ソフトを「アップルの『アイフォーン』のアイデアを盗んだものだ」とし、「水爆を使ってでも抹殺する」と激怒したという。アップルは「先行者メリットで後発グループの追い上げを阻み、市場での優位性を保つため」(MM総研の横田・通信アナリスト)に訴訟を乱発し、シェア確保に躍起になっているわけだ

 Q 日本メーカーへの影響は?

 A アップル勝訴が世界中で続けば、サムスンと同じ基本ソフトを使っている日本メーカーもスマホの開発で注意が必要になってくるだろう。「両社は簡単には和解せず、訴訟が長期化する可能性が高い」(アナリスト)とみられている。そうなると、トラブルを避けるため、アップルの特許侵害を招いた基本ソフトから別のソフトに変更するメーカーが出てくるとの指摘もある

<基本ソフトの理念に違い>
 文書作成やゲーム、電子メールなど、さまざまなソフトをパソコン上で動かす土台になっているのが、ウィンドウズなどの基本ソフト(OS)。スマートフォンでパソコン同様、さまざまなソフトを楽しめるのも、OSを食い込んでいるからだ。
 スマートフォン向けOSを開発している2大陣営がアップルとグーグル。このうち、アップルは、OS(iOS)と端末(アオフォーン)の両方を自社で開発。ソフトとハードをすべて管理することで、アイフォーン関連の知的財産権が外部に流出するのを防いでいる。音楽や映画の配信サービスなどの事業を自ら手がけることで、収益源を囲い込める利点がある。
 一方、後発のグーグルは自社製OS「アンドロイド」を無料で提供。日本、韓国、台湾などの端末メーカーが相次いで採用し、シェアは急拡大している。グーグルの収益源は、インターネット検索に連動した広告事業なので、アンドロイド端末が普及し、ネット利用者が増えれば、広告収入も増えるとの計算だ。

<今回は「同期」が争点>
 8月24日の米カリフォルニア州連邦地裁の評決はアップル側の全面勝訴だった。日米の裁判所で反対の結論となったのは、争点となる特許技術が違っていたからだ。
 米国で争点となったのは、端末のデザインや画面を軽く叩くと拡大する機能などだった。東京地裁が今回判断したのは、パソコンとスマートフォンで音楽などのデータを同一化して共有する「同期」と呼ばれる技術に関する特許だ。
 I T関連の特許訴訟に詳しい飯田弁護士は「今回の訴訟は米連邦地裁のように、ギャラクシーがアイフォーンを模倣したかどうかが争われたわけではない。各国で係争中の訴訟への影響は限定的だ」と分析する。

|

« 非正規労働の未婚率、正規の2・5倍 | トップページ | 痩せれば美人に? »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アップルとサムスンは何を争っているのか:

« 非正規労働の未婚率、正規の2・5倍 | トップページ | 痩せれば美人に? »