« 海外ネット課税強化 | トップページ | 評価割れる「義足の挑戦」 »

2012年7月18日 (水)

自転車の事故 歩道上が増加

 毎日新聞(7/18)から、

 ここ10年間で自転車の車道上事故が大幅に減ったのに対し、歩道上事故は逆に増加し、昨年は車道上事故を件数で上回ったことが、民間研究機関の分析から分かった。歩道上事故の相手は74%が車だったことも判明。研究機関の担当者は「行政が長年、自転車の歩道走行を誘導してきた結果」と指摘している。

 旧建設省OBで自転車政策が専門の古倉宗治・三井住友トラスト基礎研究所研究理事が、警察庁の事故統計と、公益財団法人「交通事故総合分析センター」に委託した調査を基に分析した。

 それによると、自転車事故は01年に全国で17万5223件だったが、11年は14万4018件で18%減少した。発生場所は、最多の交差点内が12万4574件から9万7976件へと21%の減。歩道と車道が分けられた道路では、車道上の事故が2万2035件から1万3236件になり40%の大幅減だった、これに対し、歩道上の事故は1万2531件から1万3626件へと9%増加し、11年は車道上事故を逆転していた。歩道と車道の区分がないところも1万3117件から1万5156件に16%増えていた。

 11年の歩道上事故の相手は、車が1万135件で74%。内訳は、隣接の駐車場や住宅などから出てくる車相手が5595件で最も多く、車道から右左折して駐車場などに入る車相手が2222件で続く。対歩行者は、対車の9分の1の1127件(8%)だった。

 日本は自転車の走行路として、自転車歩行者道(自歩道=自転車が通行できる幅広の歩道)の整備を進めてきた。10年4月時点で8万キロ余に上り、車と分離した走行路のほとんどを占める。国土交通省と警察庁が08年から始めた自転車走行路整備のモデル地区事業でも、11年3月までに整備された273・6キロのうち、8割近い213・4キロは自歩道だ。

 歩道上の事故増加について古倉は「行政が自転車の走行路を歩道に設置してきた結果が顕著に表れている。歩道上の事故相手は歩行者が注目されてきたが、車のため自転車側が負傷する確率が高い。身を守る面からも歩道走行は避けるべきだ」と指摘する。一方で車道上の事故減少について「欧米の例が示すように車道を走る自転車が増えれば、車のドライバーが注意し安全性が高まる」と話す。警察庁は昨年10月、歩行者の危険などから、自転車の車道走行の徹底を打ち出している。

|

« 海外ネット課税強化 | トップページ | 評価割れる「義足の挑戦」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/55226545

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車の事故 歩道上が増加:

« 海外ネット課税強化 | トップページ | 評価割れる「義足の挑戦」 »