« 「告発詐欺」ご注意 | トップページ | 月経中のスポーツ »

2012年6月 5日 (火)

買い物弱者 全国に910万人

 毎日新聞(6/5)から、

 買い物弱者を「車を持たず、500メートル以内にスーパーや生鮮食品店がない」人たちのことをいうのなら、昨年の暮れに車を手放した我が所帯もまさしく当てはまる。結婚を機に移り住んだ当時(1967年)は、近隣の在所を寄せ集めてやっと7万人の市に昇格した町だった。不便を承知で音楽を聴く環境を第1の条件に今の住まいを決めた。前にも触れたがテレビが姦しくこの街の無医村に近い現状を繰り返し取りあげていた頃だった。会社帰りには田んぼで食用蛙が牛のような鳴き声を、オーケストラ宜しく奏でてくれていたものだ。最寄り駅まで約1キロ、毎朝夕歩いての出勤だった。電車の音が聞こえない位置を探して決めた場所がこの場所だった。その後、30万人を超える街になったが、今でも駅の近くまで出ないと商店街がない開発に偏りがあり(音楽環境は昔のまま良好だが)、田んぼは消え、カエルはいなくなったが、生きていくための買いものには歩くかバスを利用して最低限駅近辺までは出なければならない。

 しかし、だからといって私たち夫婦が買い物弱者とは露思っていない。同年齢の妻の足腰は私より若干弱ったが、買い物の都度、両手や背中に背負う荷は、健康のためには隣町へのバスの乗り継ぎも、歩きも逆に必要なことだと考えている。ごく最近、何十年と乗らなかった自転車に久しぶりに乗ったが、2度乗って2度とも転んで怪我もしたが、不便もまた楽しだ。

Photo_5【閑話休題】
 スーパーなどの生鮮食品店が自宅から遠く、徒歩での買い物に不便を感じる「買い物弱者」が全国で910万人に上るとみられることが3日、農林水産省の調べで分かった。最寄りの店まで直線で500メートル以上離れ自動車を持たない人が対象。北海道と長崎県では人口の約1割に達している。

 自動車の有無を問わず、店までの距離が500メートル以上の人に対象を広げると4400万人と推計する。農水省の「農林水産政策研究所」は、こうした人の分布を都道府県ごとに示した「食得用品アクセスマップ」を作成し、ホームページで公開。支援バスの運行など対象の必要性を訴えるとともに、自治体や出店を検討する小売り各社に活用してもらう考えだ。

 同研究所は住民の意識調査の結果、店まで直線で500メートル以上あると、道路状況によって実際に歩く距離は1キロ以上になることもあるため、徒歩での買い物に不便を感じやすいと分析した。


|

« 「告発詐欺」ご注意 | トップページ | 月経中のスポーツ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/54885728

この記事へのトラックバック一覧です: 買い物弱者 全国に910万人:

« 「告発詐欺」ご注意 | トップページ | 月経中のスポーツ »