« 吉田秀和死去 | トップページ | 老いのぼやき、『都民はオリンピックを見に来なくていい』 »

2012年5月29日 (火)

失業率3カ月ぶり悪化

 毎日新聞(5/29)から、

 Photo総務省が29日発表した4月の完全失業率(季節調整値)は、前月比0・1ポイント上昇の4・6%で、3カ月ぶりに悪化した。厚生労働省が同日発表した4月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月比0・03ポイント上昇の0・79倍と、11カ月連続で改善した。

 製造業や卸売業、小売業などで就業者数が減少。これらの産業で中高年を中心に職を失う人が増加していることが、失業率上昇につながったと総務省は見ている。

 ただ景気の持ち直し傾向や東日本大震災の復興事業の本格化で、建設業を中心に求人は増加。より条件の良い仕事を探すため、若者らが自分の都合で仕事を辞めたことも、失業率を一時的に悪化させたとみられる。総務省は「雇用情勢は一進一退の情勢が続いている」としている。

 男女別の失業率は、男性が0・1ポイント改善の4・8%
          女性が0・1ポイント悪化の4・2%
 完全失業者数は前年同月比14万人減の315万人だった。

 震災被害が大きかった地域の4月の求人倍率は、
  岩手県で0・14ポイント上昇の0・95倍
  宮城県が0・09ポイント上昇の1・04倍
  福島県が0・10ポイント上昇の0・92倍と、
 いずれも大幅に改善した。

 都道府県別で、最も求人倍率が高かったのは福井県と愛知県の1・18倍。
 最も低かったのは沖縄県の0・38倍だった。

|

« 吉田秀和死去 | トップページ | 老いのぼやき、『都民はオリンピックを見に来なくていい』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/54830457

この記事へのトラックバック一覧です: 失業率3カ月ぶり悪化:

« 吉田秀和死去 | トップページ | 老いのぼやき、『都民はオリンピックを見に来なくていい』 »