« 失業率3カ月ぶり悪化 | トップページ | 労働安全衛生法改正案 »

2012年5月30日 (水)

老いのぼやき、『都民はオリンピックを見に来なくていい』

 毎日新聞(5/26、30)から、要約と《》内は私見

 25日の記者会見で、日本人は「痩せた民族」と口走った石原都知事が、29日には外国人特派員協会で講演した際「都民はぜいたくで、何があっても当たり前になった。東京でのオリンピックが実現したら、都民は来なくてもいい。日本中から国民が来ますから」とぼやいた、という。
 
 昨年の東北を襲った大津波に、「天罰」発言をした爺さんの言葉とも思えない。25日の会見では、20年夏期五輪招致に対する国内支持率が国際オリンピック委員会(IOC)の調査で47%と低かったことについて「一体、日本人は何を望んで、何を実現したら胸がときめくのか。ちまちました自分の我欲の充実で、非常に痩せた民族になった」と不満を示したという。

 IOC調査では、東京(47%)と争う他の立候補地の支持率はマドリード(スペイン)が78%、イスタンブール(トルコ)が73%で、大きく引き離された。

 前回16年招致の敗因も支持率の低さが一因で、支持率のアップが、来年9月の開催都市決定までの課題になっている。知事は「人の心ってまちまちだから。他に比べて低いんだったら上げる努力をするだけ」と言っていたのだが。

《日本人はオリンピクに血道を上げればそれで、褒められる民族といえるのか。大震災の後、苦しい生活を強いられている人たちが多勢いる。世の中には働きたくても職に有りつけず、生活保護を受けなければならない人も増え続けている。スポーツの好きな人や、スポーツの世界で活躍している人たちは待ち望んでいるとしても、スポーツに興味のない人たちも、それに劣らずいることを忘れているのではないか。皆が皆、オリンピックを待ち望んでいるわけではない。「大震災からの復活」は聞こえはいいが、それなら何も東京でやらなくてもいいし、或いは、その予算を復興支援に廻した方が、都民への感謝も含めてその効果は大きいのではないか。人はそれぞれだ、何も招致の支持が低いことをぼやくことはない。》

 ぼやきは続く。「(都民は)うぬぼれてるし、自分のことしか考えなくなった。他の日本人とは違う人種になった」と指摘。

《その考えにはある意味納得できる。震災直後の我れ先の物資の買い占め、買い漁りなどみていると、お説ご尤も、と思えるところもある。》

 記者から「東京の支持が低いのは知事の人柄が理由では」と“挑発”されと「選挙では割と人気があるんですけどね」と会場を笑わせ、「私が辞めたら支持率が上がって、東京にオリンピックが来るのなら明日にでも辞めます」と語った。


 

|

« 失業率3カ月ぶり悪化 | トップページ | 労働安全衛生法改正案 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/54836033

この記事へのトラックバック一覧です: 老いのぼやき、『都民はオリンピックを見に来なくていい』:

« 失業率3カ月ぶり悪化 | トップページ | 労働安全衛生法改正案 »