« 同性同士の挙式 TDL認める | トップページ | 裁判員裁判3年、性犯罪 厳罰化の傾向 »

2012年5月15日 (火)

今春大卒就職率93・6%、 離職も高率

 毎日新聞(5/15)から、

 Photo文部科学、厚生労働両省は15日、今春卒業した大学生と高校生の就職率を公表した。大学生は過去最低だった前年度から2・6ポイント増の93・6%で96年度の調査開始以来、最高の伸び率となり東日本大震災やリーマン・ショック前の水準に回復した。高校生は前年度から1・6ポイント増の94・8%となったが、宮城県と福島県で県外への就職希望者が大幅に増加するなど震災の影響もうかがわせた。文科省は「まだ状況は厳しく底を打ったかどうかは分からない」としている。

 調査は大学が、国公私立62校の4770人を抽出、高校は全国の都道府県教委を通じて卒業生全員を調べた。

 大学生は就職を希望した約37万9000人のうち約35万5000人が就職したと推計。男女別に見ると、
  男子  94・5%(前年度比3・4ポイント増)
  女子  92・6%(  同 1・7ポイント増)
地域別では
 北海道・東北の90・0%(同 0・8ポイント増)最も低く、
     関東の95・1%(同 2・4ポイント増)が最高
 その他 中部 94・9%(同 5・9ポイント増)
     九州 96・2%(同 5・0ポイント増)
     近畿 93・0%(同 1・6ポイント増)
  中国・四国 91・7%(同 0・2ポイント増)だった。
全体では最も高かったのが07年度の96・9%で、今春は6番目。

 就職率上昇について厚労省は、大学生と大学卒業から3年以内を対象に就職相談や中小企業の求人情報を提供する「新卒応援ハローワーク」を10年に設立したことを挙げ、「中小企業を選択する学生が増えたため」と説明している。

 高校生は就職を希望した約18万4000人のうち約17万5000人が就職。就職希望者のうち「県外」を希望した割合を震災前(10年3月末)と比べると、福島が4・7ポイント増の28・7%、宮城が6・5ポイント増の22・8%だった。岩手は1・1ポイント減の40・3%。福島県教委の担当者は「震災で地元企業の経営が悪化し、高校生が仕方なく県外を希望した」と見ている。
   
 大幅に回復した大学就職率について、その要因の一つに厚生労働省が挙げるのが、中堅・中小企業の求人情報に強い「新卒応募ハローワーク」と大学の連携強化だ。学生の大企業志向と実際の求人状況とのミスマッチが指摘されて久しいが、就職情報会社によると、厳しい就職事情を背景に若者の中堅・中小志向は年々高まっているという。改善の背景には学生の「堅実路線」があるように見える。

 新卒応援ハローワークは10年9月、全都道府県に設置された。民間企業の人事部などを経験した「ジョブサポーター」が個別の相談に乗るほか、大学への中小企業の求人情報の紹介、出張相談を実施して関係強化を進めている。新卒と既卒3年以内が主な対象で、高校生や短大生も利用できる。11年度の利用者は約58万人。大学が3年生の就職支援で忙しい1〜3月に4年生の個別対応に力を入れてきた。今年の同時期に内定を得た4年生のうち、何らかの支援をしたのは約1万5500人で、内定先のほとんどは中小企業。「大学による誘導で利用が進み、中小企業の求人情報と学生との接点ができた」(厚労省)という。

 一方、就職情報サイト「マイナビ」の来春卒業予定者への調査によると、大手志向の割合は前年比7・2%減の36・1%となり、01年卒への調査以降で最低だったが、中堅・中小企業も視野に入れる学生は前年より8%増え、最も多かった。望月編集長は「中小企業に問い合わせて求人を掘り起こす大学もあるが、人手やノウハウが足りない大学も多い。ハローワークで代わりにやるニーズはあるだろう」と分析する。

 【一方、3年以内の離職も3〜4割の高率だった。
 就職しても、直ぐに離職する若者も多い。厚労省と文部科学省の07〜09年度の調査では、3年以内に離職した大卒者は19万9000人で就職者(56万9000人)の35%を占める。高校生は7万5000人で就職者(18万6000人)の40%だ。

 離職者の追跡調査はないため、どの程度の数の若者が再就職できたのかは不明だ。一方、再就職を目指す若者の受け皿の一つとなっているのが、全国に115あるサポートステーションだ。厚労省が民間に経営を委託し、10年度は述べ22万4000件の相談を受けた。

 水戸市のサポートステーション「すだち」には、離職者を始め卒業時に就職できなかった若者ら年約2500人が相談に訪れる。須田理事長は「家庭や学校で、働くことへの動機づけを育てたり、辞める前に職場などで支えることが必要」と訴える。「すだち」では職業・心理カウンセラーが相談に当たるが、短期間で就職できるのは2〜3割という。

《子どもの頃から甘やかされ過ぎるだけで、我慢しなければならないことや辛抱しなければならないことなど、家庭内の教育も不足がち、学校でも叱られることもなく、望めば殆どのことは叶う我が侭放題状態で成長してきては、企業内の厳しい制約などについて行けない若者がいても、当たり前と言えば当り前の話だ。社会に出てくるまでの期間、日本ほど子どもを甘やかす国はないだろう。》

|

« 同性同士の挙式 TDL認める | トップページ | 裁判員裁判3年、性犯罪 厳罰化の傾向 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/54720790

この記事へのトラックバック一覧です: 今春大卒就職率93・6%、 離職も高率:

« 同性同士の挙式 TDL認める | トップページ | 裁判員裁判3年、性犯罪 厳罰化の傾向 »