« 自殺対策に関する意識調査(2012年) | トップページ | アウトレットモールって何? »

2012年5月 3日 (木)

携帯代金滞納155万件

 毎日新聞(5/3)から、

Photo 《支払い能力もないやつが、「みんなが持っているから」と付和雷同の群衆心理から手にはしたけれど、無残な結末を迎えることになるのは明らかだ。売る方は買いやすくするために月賦(ゲップが出るからラムネとも言う)で割安感を与える。これなら買えるわい、と無計画にも身の程もわきまえず、懐勘定もできないまま後には積もり積もった残高だけが山と残る。》

 携帯電話端末の分割払いを滞納し、ローン審査などに使われる信用情報が傷つく事例が急増している。携帯各社やカード会社などが加入する信用情報機関「シー・アイ・シー」(CIC)によると、端末料金の3カ月以上の延滞を示す「異動情報」の件数は2月に155万件と、1年半前の6倍に増加。高額なスマートフォン(多機能携帯電話)の普及や、通信料金などの増加が背景にありそうだ。

《自身の収入に見合った支出の計画性もなく、話題性だけは「みんな」に遅れを取るまいとの見栄っ張りの陥る落とし穴だ。》

 携帯端末の割賦販売は、機種代を12〜24カ月払いに分割して支払う。スマホ人気とともに増加し、10年8月に2249万件だった割賦販売件数は、今年2月には4511万件に倍増。異動情報も約25万件から約155万件に急増し、延滞の比率は1・1%から3・4%に悪化した。

 増加ペースが早いのは、スマホの高額化が大きな原因だ。従来の携帯端末は4万〜5万円が主流だったが、スマホは7万〜8万円。「月々の支払い負担が重く、滞納するケースが多い」(割賦業者)。割賦契約者の約3割が20歳代までの若年層で、通信ゲームやネットを使えるスマホに切り替えたことで通信料やゲーム代が急増し、支払い余力が少なくなるケースも多いとみられる。

《同情的にみることは要らない。購入した後に本体価格が高くなったわけではないだろう。最初から高い機種に手を出したのだ。また、滞納者に「20歳代までの若年層」とあるが、少なくても給料収入の手だてがある人間たちか、保護者が買い与えたものか。もしもアホな保護者が与えた結果なら何をか言わんや、だが。》

 CICによると、異動情報はカード会社などが共有。一度登録されると完済しても五年間消えず、自動車や住宅ローン契約ができなくなるケースもある。

 住宅ローンの相談業務を営む「ハウスローンパートナーズ」(東京都新宿区)では、約1年前から、ローン審査が通らなかった相談者に携帯電話の滞納者が増えた。水野社長(42)は「20〜30代前半が大半。携帯端末の割賦が信用情報にかかわる借金という認識が薄い」と指摘する。

《携帯がらみだけではない、どうやら今の日本には滞納が悪いことだとの認識があまりないようだ。年金の保険料、住民税に市民税、家賃、給食費、奨学金、保育料と話題には困らない。家賃滞納には夜逃げという手もある、解約、解約の繰り返し、そのうち時効がくる、時効が過ぎるとまた借金できるんだろう、と。》

|

« 自殺対策に関する意識調査(2012年) | トップページ | アウトレットモールって何? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/54621835

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯代金滞納155万件:

« 自殺対策に関する意識調査(2012年) | トップページ | アウトレットモールって何? »