« スポーツ振興 | トップページ | 首都直下地震 »

2012年3月 5日 (月)

サプリメントには注意して

 毎日新聞(3/5)から、

 ビタミンEを取りすぎると骨粗鬆症を起こす危険があることを、竹田秀・慶応大特任准教授の研究チームが突き止めた。ビタミンEは、老化防止に有効とされる抗酸化作用があり、最も人気のあるサプリメント(栄養機能食品)の一つ。4日付の米科学誌ネイチャーメディシン(電子版)に発表した。

《皆保険制度ではないアメリカでは、病気になると日本と比べて高額な医療費が必要となるため、日頃から病気にならないよう健康維持には特別の関心があり、薬よりも安価なものが多いサプリメントが広く普及している。》

 健康な骨は、骨を作る細胞と壊す細胞「破骨細胞」がバランスよく働いて維持される。ビタミンは骨の強度に関わり、特にビタミンDは骨粗鬆症の治療に活用されている。しかし、ビタミンEの働きは謎だった。

 チームがビタミンEを取り込めないマウスを作って調べたところ、破骨細胞を培養し、ビタミンEを加えると、破骨細胞が巨大化することを発見。解析すると、ビタミンEが破骨細胞の巨大化に必要な蛋白質の合成を促していることを突き止めた。

 さらに、正常なラットに毎日10mgのビタミンEを含んだ餌を8週間与えると、骨を壊す細胞の活動が高まり、骨粗鬆症になった。10mgは、人が1000mg摂取するのに相当し、主に海外で同量程度含んだサプリメントが流通しているという。

 厚生労働省が定めるビタミンEの摂取上限は年代、性別で異なるが、最大は30〜49歳の男性で1日当り900mg。食品では魚卵や植物油、ナッツ類に豊富だが、例えばアーモンドでも100グラム当り約30mgで日常の食生活では問題ない。

 竹田は「サプリメントの量ならば、骨がもろくなる可能性はある」と話す。

《日本はアメリカから市場開放問題で責められ、1996年、規制緩和によりサプリメントが発売されるようになったが、健康補助食品としての宣伝に煽られ、日本人の薬好きと重なって瞬くうちに広く蔓延した。「過ぎたるは及ばざるが如し」ということもある。程々にしておくことだ。》

|

« スポーツ振興 | トップページ | 首都直下地震 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/54150994

この記事へのトラックバック一覧です: サプリメントには注意して:

« スポーツ振興 | トップページ | 首都直下地震 »