« 4月から適用の食品に含まれるセシウム基準値 | トップページ | 2児餓死 母に懲役30年 »

2012年3月16日 (金)

大学生内定率80・5%

 毎日新聞(3/16)から、《 》内は私見。

 今春卒業予定の大学生の就職内定率(2月1日現在)は80・5%で、前年同期を3・1ポイント上回ったことが16日、文部科学、厚生労働両省の調査で分かった。96年の調査開始以降では前年が最低だったが、今回は過去3番目に悪く「就職氷河期」と呼ばれた00年(81・6%)を下回る水準が続いている。厚労省は「企業業績の回復に加え、個別支援策が功を奏してきたが、依然として厳しい水準だ」と分析。年度末へ向けた支援を強化している。

《記事の数字に水を差すようだが、先の「大学生数学基本調査」に見るように、大学生とは言いながら、企業に入っても役には立ちそうもないレベルの学生もいるようなのだが。加えて海外からの優秀な学生が、日本企業を目指して集まってくる。ゆとり教育でのんびりと育ってきた日本の学生たちは、日本企業の復活があっても、はじかれる懸念さえあるのだ。今後、現状以上に就職率が上がることを望むことも難しい情勢になりつつあると思わなければならないだろう。》

 Photo
 調査は、国公私立大62校の4770人を対象に追跡して実施している。文科省によると、今春の卒業予定者約54万9500人のうち、就職希望者は約40万5900人。内定者は約32万6800人と推計され、2月1日時点での未内定者を約7万9000人と見込んでいる。

 政府は、ハローワークを通じた企業との引き合わせなど未内定の学生らへの集中支援策に取り組んでおり、1〜2月だけで学生8524人が内定を得て、就職内定率に2ポイント程度の押し上げ効果があったという。

 地域別では、東日本大震災で大きな被害を受けた被災3県(岩手、宮城、福島)を含む北海道・東北地区が、前年同期比0・8ポイント増の79・1%。関東の83・3%(同3・4ポイント増)が最も高かったほか、中部79・5%(同8・8ポイント増)、近畿80・5%(同0・2ポイント増)、中国・四国76・9%(同0・6ポイント増)、九州77・3%(同6・8ポイント増)──といずれも増加していた。

 男女別は、男子が80・7%(同1・8ポイント増)、女子は80・3%(同4・6ポイント増)となり、男女差はほとんどない。文理別では、理系が85・6%(同5・3ポイント増)、文系が79・4%(同2・6ポイント増)と、理系優位の状況が続いている。

|

« 4月から適用の食品に含まれるセシウム基準値 | トップページ | 2児餓死 母に懲役30年 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/54237371

この記事へのトラックバック一覧です: 大学生内定率80・5%:

« 4月から適用の食品に含まれるセシウム基準値 | トップページ | 2児餓死 母に懲役30年 »