« 光事件 元少年の死刑確定へ | トップページ | 「君が代条例」職員全員起立斉唱(大阪府立港高) »

2012年2月22日 (水)

橋下市長 小・中学生に留年検討を指示

 Dscf0004古株ながら1月3日の最初の1輪から、全く散らずに増え続けている

 毎日新聞(2/22)から、
 
《いろいろと話題の多い橋下大阪市長だが、今度は小・中学生対象の留年制度の導入を検討するよう市教委に指示したようだ。》

 大阪市の橋下市長が、小中学生であっても目標の学力レベルに達しない場合は留年させるべきだとして、義務教育課程での留年(落第)を検討するよう市教委に指示していたことが分かった。法的には可能だが、文部科学省は年齢に応じた進級を基本としており、実際の例はほとんどないという。

 橋下市長は、市教委へのメールで「義務教育で本当に必要なのは、きちんと目標レベルに達するまで面倒を見ること」「留年は子どものため」などと指摘。留年について弾力的に考えるよう伝えた。

 文科省によると、学校教育法施行規則は、各学年の終了や卒業は児童生徒の平素の成績を評価して認定するよう定めており、校長の判断次第では留年も可能だという。

《留年制度が実施されるのなら、逆に、ずば抜けて優秀な生徒の飛び級を認める制度があっていいことになってもいいのだが、こちらは小中学生の義務教育では認められていない。》

《法的には可能だとしても、仮に、留年制度が導入されて心配されるのは、それまで上級生としてみていた人間との接し方に、問題が生じることだろう。体力のある生徒の留年の場合、同級生となる下級生であった学友への腹いせのいじめや暴力、逆の場合、下級生だった側からのいじめや暴力など。また、ひ弱など何らかの要因で欠席勝ちな子の留年となるといじめは一層ひどいものになる可能性がある。現在のように教員の力が弱い教育現場では、収拾し切れない荒んだ学級となるだろう。何よりも、「バカ」な子ほど可愛い保護者の思い込みは、事件化する危険性さえ含んで一筋縄で行くものではないだろう。橋下市長の志は認めるが、余程慎重な準備を踏んでからでないと、実現までの道は遠いとみる。》

|

« 光事件 元少年の死刑確定へ | トップページ | 「君が代条例」職員全員起立斉唱(大阪府立港高) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/54039679

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下市長 小・中学生に留年検討を指示:

« 光事件 元少年の死刑確定へ | トップページ | 「君が代条例」職員全員起立斉唱(大阪府立港高) »