« 信号機認識 | トップページ | 大阪・教育条例修正案 決定 »

2012年2月 8日 (水)

有機ELテレビって何?

 毎日新聞(2/7)“なるほドリ”から、

《地デジ騒ぎが一段落して、薄型テレビの売行きがガタ落ちし日本の電機産業の大手の決算が出、大手8社のうち、パナソニック、ソニー、NEC、シャープの4社が9月期の最終損益で赤字となった。作れば作るほど赤字になるとさえ言える経営状況の中起死回生といくのか不明のまま、今や日本を先行する勢いの韓国サムスン電子と従来機以上の薄型テレビ、パネルの技術開発競争に突入することになるのだろうか。》

 1月に米国で開かれた家電見本市で話題になった「有機テレビ」ってどんなものなのか。有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)パネルを搭載した次世代のテレビだ。電圧をかけると基盤に塗った有機化合物が自ら発光する仕組みだ。液晶パネルは背面からライトで照らして画像を表示するが、有機ELパネルはバックライトが要らず、より薄くできる。韓国・LG電子が家電見本市に出展した55型の試作品は、厚さ4ミリ、重さは液晶テレビの約半分の7・5キロだった。

 Q 薄くて軽いだけ?

 A 液晶テレビより画像が鮮明で、消費電力が少ないことも特徴だ。LG電子のほか、韓国大手のサムスン電子も55型の試作品を見本市で披露し、両社は年内に世界各国で発売する計画だ。米調査会社ディスプレイサーチは、15年の世界の有機ELテレビ出荷台数は、市場全体の1%程度に当たる280万台に伸びると予想している

 Q 急速に普及は進むのか

 A 課題は価格だ。サムスンとLGは価格をまだ発表していないが、同型の液晶テレビの数倍の40万〜60万円台になるとの見方もある。有機ELパネルの製造コストはまだ高く、安く量産できるようになるかが鍵となる

1

 Q 日本のメーカーは作っていないの?

 A 且つては日本企業が開発で先行していたが、現在一般向けは作っていない。ソニーは07年に世界に先駆けて11型を発売したが、10年に国内販売を終了し、現在は放送局などで使うモニターを作っている

 Q テレビ以外でも有機ELパネルは使われているのか

 A サムスン電子が自社製のスマートフォン(多機能携帯電話)に搭載しているおり、ディスプレイサーチによると、サムスンの中小型有機ELパネル世界シェアは9割近い。東芝、日立製作所、ソニーが中小型パネル事業を統合して今春発足する新会社が開発に力を入れる方針のようだ。調査会社アイサプライ・ジャパンの増田淳三は「日本企業が巻き返すには、安定的なパネルの販売先を確保することが条件になる」と指摘している

|

« 信号機認識 | トップページ | 大阪・教育条例修正案 決定 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有機ELテレビって何?:

« 信号機認識 | トップページ | 大阪・教育条例修正案 決定 »