« 「天罰」を語る人間は愚か | トップページ | 放射性セシウム汚染の牛は食べられるのか »

2011年7月15日 (金)

中高生、「値段高い」と禁煙

        松葉牡丹(つめきりそう)
P7140615P7140621_3P7140620




 毎日新聞(7/15)から、
 厚生労働省研究班が中高生約10万人を対象に行なった喫煙に関するアンケート調査で、『禁煙』した生徒に理由を聞いたところ、「お金の節約、たばこの値段が高い」と回答した割合が、昨年10月のたばこ値上げ後に急増していたことが分かった。値上げ前に禁煙した生徒では12%だったのに対し、値上げ後は40%と3倍以上に増えていた。


 アンケートは96年から実施し、今回が5回目。昨年10月に学校を通じて用紙を配布し、無記名で回収。170校の9万8867人から回答を得た。

 研究班によると、中高生の喫煙率は男女とも減る傾向にあり、高校男子で「喫煙経験あり」と答えたのは20%で、08年の前回調査から5ポイント減。96年に比べて32ポイント減った。これら喫煙者のうち、喫煙をやめた生徒計4378人に「健康」など複数の選択肢から理由を選んでもらい分析。値上げが禁煙に影響を及ぼしたと推測されるよいう。

 研究代表者で日大医学部の大井田隆教授(公衆衛生学)は「未成年者の喫煙を防ぐには値上げが有効とみられる。また、対面販売の徹底も必要だ」と話す。

《恵まれた家庭でなければ、どこの家にも電話は引かれているものではなかった時代から、各人が携帯を持ち、好きな時好きな時間に何度でも会話することができる現在、通信料を少しでも自己負担していれば、たばこ代の負担は小遣いの目減りを意味する。まして世の中たばこを毛嫌いする風潮が充満してきた。それに仲間で飲むコーヒーや食い物に廻す小遣いも必要だ。たばこを手に入れることに不自由はしないがこう高くなっちゃ、となったものだ。そう、たばこの入手にはタスポ(成人認識カード)を借りれば簡単だった。知人だったり、親(借りたのか、こっそりかは分からないが)だったり、未成年の制約にはなっていない、63%強の者が自動販売機で購入しているのだ。》

《たばこ値上げは良いヒントだ。アルコール類もうんと値上げすればいい。》

|

« 「天罰」を語る人間は愚か | トップページ | 放射性セシウム汚染の牛は食べられるのか »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/52209042

この記事へのトラックバック一覧です: 中高生、「値段高い」と禁煙:

« 「天罰」を語る人間は愚か | トップページ | 放射性セシウム汚染の牛は食べられるのか »