« 君が代起立命令は合憲 | トップページ | 「君が代起立」条例成立(大阪府議会) »

2011年6月 1日 (水)

携帯電話の電磁波、癌発症の限定的危険性を指摘

 毎日新聞(6/1)から、
 携帯電話の電磁波と癌発症の関連性について、世界保健機構(WHO)の専門組織、国際癌研究機構(本部フランス・リヨン)は31日、「聴神経腫瘍や(脳腫瘍の一種である)神経膠腫の危険性が限定的ながら認められる」との調査結果を発表した。WHOの組織が携帯電話に関して発癌性を指摘したのは初めて。

《これまで携帯電話の使用環境について、心臓ペースメーカーへの影響から乗物の中での電源オフ、病院などでは医療機器への影響から使用禁止、或いは飛行機の無線への影響など、携帯電話から発する電波の問題が取り沙汰されてきたが、遂に使用者本人へ影響が問題となった。携帯からの電磁波の発癌性が指摘されることになったのだ。》

 国際癌研究機関は危険性の数値化はしておらず、「(最終的な結果を得るためには)今後、携帯電話の長時間使用について調査を続ける必要がある」としている。

 当面の対策としては「(耳に触れずに)携帯電話のメールを使うなど直接電磁波に触れないような使用方法が重要だ」と指摘。なるべく携帯電話本体に触れる時間を短くするよう提案した。

《時にアンケートでも見られるように、若年層の極端な携帯依存には危惧される要因を多く含んでいる。また、耳から離しても聞き取れる音量では、勢いお互いの話し声も大きくなったり、携帯から漏れる音量も大きくならざるを得なくなり、今以上に周りへの迷惑が増えるだろう。》

 国際癌研究機関は、1日30分間、10年以上続けている場合、神経膠腫の発症危険性が1・4倍になるとした過去の研究結果を紹介。

 発癌性の評価については
 ①臨床的に十分な実証がある
 ②臨床的には限定的な実証しかないが、動物実験では十分な実証がある
 ③動物実験でも実証が十分とはいえない
といった段階分けをしており、今回は③に分類されるという。

 国際癌研究機関は昨年5月にも、日米欧など世界13カ国で脳腫瘍患者と健康な人、計約1万3000人を対象とした最大規模の調査結果を発表。この時点では「携帯電話の使用が脳腫瘍の発症の危険を増やすとは認められない」としていた。

 調査は、過去の欧米での研究や動物実験などを14カ国31人の研究グループが検証した結果をまとめたもので、近く医学専門誌に掲載されるという。

|

« 君が代起立命令は合憲 | トップページ | 「君が代起立」条例成立(大阪府議会) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/51829617

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話の電磁波、癌発症の限定的危険性を指摘:

« 君が代起立命令は合憲 | トップページ | 「君が代起立」条例成立(大阪府議会) »