« 国会70日延長議決へ | トップページ | 小笠原諸島 世界遺産登録が決定 »

2011年6月23日 (木)

沖縄 戦没者慰霊の日

      葉がきれいなハート型のカタバミ
Photo_3 P6200586_3






 毎日新聞(6/23)から、
 《朝刊を手に、広島、長崎は記事になるが沖縄は無視か。国民を守るはずの自国の軍隊から、死ぬことを迫られた多くの民間人を巻き込んだ沖縄の悲劇は、広島,長崎の犠牲者の悲劇以上に大きく取り上げられ、弔われて然るべきではないのか。例年のことながらメディアの両者への比重の置き方にはわだかまりが残る。そう思っていたが、昨日、70日間の国会の会期延長を決めたばかりの菅総理の出席もあり、夕刊でやっと形ばかりの記事になった。今年は米軍基地の飛行場拡張問題や大江健三郎の「沖縄ノート」判決もあり、国民の目は例年以上に沖縄を向いていたのだが。》

 参照 沖縄 「慰霊の日」 2010/06
    沖縄戦 2007/06

 1945年のこの日、激しい地上戦となった沖縄線で、旧日本軍の組織的戦闘が日本軍の投降で終結した。慰霊の日直前の21日、日米両政府は米軍普天間飛行場の移転問題で、沖縄県名護市辺野古のに造る代替施設を滑走路2本のV字形に決定。米軍基地の過重な負担に苦しみ、両政府から普天間の県内移設を迫られ続ける現実を前に沖縄は怒りと不信の声が満ちている。

 同県糸満市摩文仁の平和記念公園ではこの日、県主催の「沖縄全戦没者追悼式」が営まれ、菅首相や遺族ら多数が参列、正午に黙祷を捧げた。仲井眞知事は平和宣言で基地負担軽減が進まない現状を強調。その上で「基地負担の大幅な削減と、危険な普天間飛行場を一日も早く県外に移設することを日米両政府に強く訴えていく」と述べ、追悼式で初めて県外移設要求に言及した。公園内にある平和の礎は、沖縄戦で亡くなったすべての人を対象賭しており、今年、205人の名前が追加刻銘された。総刻銘者数は24万1132人となった。

|

« 国会70日延長議決へ | トップページ | 小笠原諸島 世界遺産登録が決定 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/52013395

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄 戦没者慰霊の日:

« 国会70日延長議決へ | トップページ | 小笠原諸島 世界遺産登録が決定 »