« ナチス戦犯裁判 | トップページ | 「君が代起立」条例案(大阪府議会) »

2011年5月14日 (土)

前略。原発翼賛文化人殿

 毎日新聞(5/14)『週刊テレビ評』欄から、
 《今回から当該欄を担当することになった金平茂紀が、私たち戦前・戦中世代が、第二次世界大戦の敗戦直後から、しばらく続いた戦争翼賛文化人の二枚舌に感じたと同じ問題を取り上げている。》

 《日中戦争から第二次世界大戦まで、大日本帝国の国是として「八紘一宇*」が叫ばれたが、大東亜共栄圏を建設するための標語となり、その精神に基づき世界平和の確立を招来する、として先ず、「日満支の強固なる結合を根幹とする大東亜の秩序を建設する(Wikipediaより)」ことと定められた。》

 * ・・ 八紘一宇(はっこういちう)、「八紘」は八つの方位を意味する語であり、転じて「世界」を意味する語となった。「一宇」は「一つ」の「家の屋根」を意味する。

《当時の文化人たちは、この大政翼賛の国是に賛同し、マスメディアを筆頭に、学校教育に、文筆に、絵画に、歌謡に、詩歌に、戦意高揚を高らかに謳ったが、1945年の敗戦を機に「総括」をすることもなく、一転して口を噤(つぐ)むか翼賛の行動、行為を否定した。獄に繋がれても最後まで戦争に反対し、抵抗したのは日本では唯一共産党だけであった。勿論、憲兵の拷問に屈し、転向したものは当然いたのだが。昭和の世代を知るものは、今回の原発の事故に伴う金平の指摘には、金平自身に将来、転向の起らないことを願うばかりだ。》

 今回からテレビ評を担当することになった。だが、僕自身がテレビ報道の伝え手の立場にある。伝え手がテレビを批評するするのには危うい点がつきまとう。つまり、そんなに批評をするのなら自分でお手本を示せばいいじゃないか。あるいは、批評する暇があったらあんたが自分で作れよ、と言う声がすぐにも飛んでくることが予想できるからだ。

《批評することは本来無責任であっていいのだ。
   批評とは「物事の善悪・美醜.是非などについて評価し、論じること」(広辞苑)
       「ある事物・事象についての何らかの思想・主張を持つ者による個人的見解の発露」(hatena)

 などとあるように、個人的見解、別の言い方をすれば評者の個人的価値基準について「だったら、お前、書(描)いてみろ、やってみろ、作ってみろ」などと言うのは飛んでもない的外れであり、また、それらができないことを気にすることの必要なものでもない。批評とは「自己の告白である」といわれるのもそのためだ。》

 けれど敢えて言えば、テレビの現場を知っている人間でなければできない批評というものもある。そしてその作業は自分自身に対する問いかけともなってくる。

 それで一回目に取り上げるのは、原子力発電とテレビの関係というしんどいテーマだ。コラムで扱うには大きすぎるが、今回触れておきたいのは、テレビに登場する著名人、タレント、文化人といった人々が、原子力発電や核廃棄物処理といったコントロバーシャル(論争提起的)なテーマについて、一方の側に立って宣伝=プロパガンダに動員されたケースをどう評価するかについてだ。

 こういうことをテレビで正面から言う人はいない。一種のタブーとなっているのだ。テレビに登場している著名人はそのこと自体である種の影響力がある。

 それを見込んで電力会社や原子力関連事業組織は、それらの人々を使って、原子力発電の推進、原発の安全性に関する広報キャンペーンを数多く行なってきた。そういう「原発翼賛文化時人」のリストが一部週刊誌やネット上で出回ったりしている。それらの人々の中には福島原発の事故を目の当たりにして今、当惑し慌てている人もいるかもしれない。〈ほんのアルバイトのつもりで引き受けただけなのに、もともと原子力については大した知識もないし‥‥〉などと呟きながら。

 僕がとりわけ問題だと思うのは、テレビの報道番組や情報系番組の司会者やキャスターをやっていた人が原発推進キャンペーンに積極的に関与していたケースだ。原発推進に心から賛成している人がいて、それはいわば思想信条の自由の範疇だからと言われれば、それ以上のことをとやかく言うつもりはない。だが福島原発の事故の後になって、そのよな自らの過去の発言や行動を意図的に隠したり、なかったことにしたり、あるいは、自分はもともとは逆の立場だったなどと糊塗(こと)を企てたりしている姿を見ると、僕は何だか情けなさと怒りを感じざるを得ないのだ。

《何時の世にも口先だけの世渡りのうまい輩はいくらでも跋扈(ばっこ)しているものだ。》

|

« ナチス戦犯裁判 | トップページ | 「君が代起立」条例案(大阪府議会) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前略。原発翼賛文化人殿:

« ナチス戦犯裁判 | トップページ | 「君が代起立」条例案(大阪府議会) »