« 流言蜚語 | トップページ | エリザベス・テーラー死す »

2011年3月23日 (水)

火事場泥棒

             ムスカリ
P3230413_2

 「火事場泥棒」(②どさくさまぎれに不正な利益を占めるもの)と、広辞苑に出ているくらいだから、今に始まった輩たちの行為ではないが、それこそ他人(ひと)の不幸は蜜の味とでも心得ている連中だろう。大地震に続いて500年か1000年に1度という想像を絶する大津波で立ち直れないほどの打撃を受けた被災地で、国内を始め、世界中から救いの手が差し伸べられているさなか、幾つもの恥ずべき行為が行なわれているという。

 毎日新聞(3/23)から、 
 22日午前9時半ごろ、宮城県気仙沼市松崎片浜の気仙沼信用金庫松岩支店の男性行員から「金庫が荒らされた」と110番があった。地震の津波で店内が浸水し、金庫室の電子ロックが外れており、中の現金約4000万円が、盗まれていた。県警が窃盗事件として捜査している。

 県警捜査3課によると、19日午前には異常がなかったが、22日午前9時半に行員が確認すると紙幣がほぼすべてなくなっていた。店舗は津波で壊滅し、骨組みだけが残っている状態だった。

 県警によると、11日の震災以降、
   出店荒らし     39件
   空き巣       26件
   ガソリン抜き取り  16件
   ATMからの窃盗    2件 など、
災害に便乗した犯罪が多数発生している。県警は被災地の街頭パトロールを強化しているというが、買い占めに走る連中も同じようなものだが、何とも浅ましい同胞がいるものだ。

|

« 流言蜚語 | トップページ | エリザベス・テーラー死す »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/51197730

この記事へのトラックバック一覧です: 火事場泥棒:

« 流言蜚語 | トップページ | エリザベス・テーラー死す »