« 原発事故から見えるもの | トップページ | 流言蜚語 »

2011年3月20日 (日)

原発事故報道 - 2 -

 毎日新聞(3/20)から、
 《なかなか収まらない事故処理から、退避圏内の人たちの不安も増し、徐々に県外に居住地を求めてこれまでの住まいを離れる人たちが増えている。原発に極く近い人たちの不安はたまらないものだろうが、最初の爆発のこの世の終わりが来たような過熱報道に反省したのか、最近のメディアの論調には沈静化を狙った表現を取り戻してきたようだ。》

 《本日の記事では、放射線治療を行なう現場では放射線被害は「皆無である」こと、日常生活でも自然被曝をうけていること、発癌リスクは喫煙以下であること、広島・長崎の原爆被害のデータから、100ミリシーベルト以下では人体への悪影響はないことなどを、丁寧に解説している。》

 【中川恵一・東京大付属病院准教授、緩和ケア診療部長】
 放射線とは、ものを突き抜ける能力が高い光や粒子のことです。そして、放射線を浴びる(=被ばくする)と、遺伝子にダメージが生じ、人体に悪影響を及ぼすことがあります。放射線を出す能力を「放射能」、放射線を持つ物質を「放射性物質」といいます。

 今回の原発事故では、原子炉からヨウ素、セシウムといった放射性物質が漏れ出し、大気中に蒔き散らされています。たとえれば、スギ(杉)から「放射線を出す花粉」が飛散している状態といえます。放射性物質も、そこから出ている放射線も目には見えません。

 窓を閉めて、家の中にいれば、吸い込む花粉の量が大幅に減ります。放射性物質も同様で、屋外と比べ、屋内の被ばくは10分の1程度に減ります。しかし、放射性物質から出る放射線の一部は、窓や壁を突き抜けますから、家にいても、放射線を完全に避けることはできません。

 放射性物質による被ばくには。「外部被ばく」と「内部被ばく」があります。外部被ばくは、衣類や皮膚に付着した放射性物質から放射線を浴びることで起きます。

《やむを得ない外出から帰宅時の心得については、テレビなどでしきりに説明しているが、家に入る前に衣類のホコリをはたき、シャワーを浴びれば問題はない。換気はしない方がよく、洗濯物も外には干さないように心掛ける。そして、雨に濡れない工夫も大事で、雨粒を良く弾く生地の衣類、肌を濡らさないよう心掛けること、などが外部被ばく時の注意点だ。体内に放射性物質が入り、体の中から放射線を浴びる「内部被ばく」は、より危険だ。体内の放射性物質は洗い流せないからで、外出時には濡れたタオルなどで口や鼻を塞ぐと安心だ。》

 ただし、現段階では、避難した原発に近い地域の住民の人たちを含め、一般の人の健康に悪影響が出るとは考えられません。被ばくを心配し、「サーベイメーター」による検査を希望する人が増えていますが、そもそも「被ばくした」「被ばくしていない」という議論はナンセンスです。なぜなら、私たちは、普通に生きているだけで、必ず「被ばくしている」からです。

 《驚いた。ナンセンスだと。普通に生きている人には何でもないことだが、被災地の人たちにとっては気持ちを逆なでされるような表現だ。沈静化を図るにしてもちょっと厳しい言葉だ。》

 大気中には「ラドン」といった放射性物質が含まれますし、宇宙や大地からの放射線による被ばくもあります。ホウレンソウなど食べ物にも放射性物質がが含まれます。世界平均では、年間約2・4ミリシーベルトの放射線を浴びます。この「自然被ばく」の量も、場所によって異なります。例えば、イランのラムサール地方では、年間の自然被ばくが10ミリシーベルトを越えます。日本から、この地方へ引っ越せば、被ばくが増えるわけですが、ラムサール地方でがんが多いというわけではありません。

 耳慣れない「シーベルト」という言葉は、放射線が人体に与える影響の単位です。ミリは1000分の1、マイクロは100万分の1を意味します。
  1シーベルト=1000ミリシーベルト=100万マイクロシーベルト
 となります。

 もう一つ分かりにくいのは、「毎時10マイクロシーベルト」という表現です。これは1時間あたり10マイクロシーベルトの被ばくがあるという意味で、線量率と呼ばれます。毎時10マイクロシーベルトの場所に3時間いれば、30マイクロシーベルトを被ばくするという意味です。線量率は「蛇口から流れ出るお湯の出方」、たまったお湯の量が「何ミリシーベルト」という数字で表されます。

 では、どのくらい放射線を浴びると身体に悪影響があるのでしょうか? 原爆の被害を受けた広島、長崎のデータなどから、100ミリシーベルト以下では、人体への悪影響がないことは分かっています。このレベルの被ばく量は症状が出ないだけではなく、検査でも異常な数字は確認されません。

 100ミリシーベルト以上の被ばく量になると、発癌のリスクが上がり始めます。といっても、100ミリシーベルトを被ばくしても、癌の危険性は0・5%高くなるだけです。そもそも、日本は世界一の癌大国です。2人に1人が、癌になります。つまり、もともとある50%の危険性が、100ミリシーベルトの被ばくによって、50・5%になるということです。たばこを吸う方が、よほど危険といえます。

《安心させるための数字の裏付けとはいえ、原発直近の方々には「そうは言ってもなあ」の心配は残るだろう。》

 現在、文部科学省が、各地の線量率を測定しています。最も値が高い福島県の数値でも、風向きなどで高めの地点もありますが、多くの地点で、毎時数百マイクロシーベルト程度です。測定は屋外で実施していますから、屋内に退避しておれば、線量率は毎時1マイクロシーベルト以下です。東京、埼玉、千葉などは、屋外であっても、その10分の1以下です。

 毎時1マイクロシーベルトの場所にずっといる場合、どのくらいの時間が経つと身体に悪影響が出始める100ミリシーベルトに達するのでしょうか? なんと11年以上の月日が必要です。通常より高いといっても、現在の放射線のレベルは人体に悪影響を及ぼすものではないことが分かります。

 事故の現状では、発癌リスクの上昇を含め、一般の人たちの健康被害は皆無といえるでしょう。安心して、冷静に行動していただきたい、と。

|

« 原発事故から見えるもの | トップページ | 流言蜚語 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/51171411

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故報道 - 2 -:

« 原発事故から見えるもの | トップページ | 流言蜚語 »