« 東北関東大地震 | トップページ | 原発事故から見えるもの »

2011年3月16日 (水)

原発事故報道

 毎日新聞(3/15)から、
 《事故発生から繰り返される幾重にも輻輳する報道。時系列は無視、こちらの局は昨日あったことを、こちらは今朝のことをと、どうなっているのか迷うばかりだ。それに放射線量の測定をマイクロだ、ミリだと平常聞き慣れていない、見慣れていない原子炉の断面図が画面に写り、数字が繰り返される。》

 《メディアは東京電力を悪者にしようとでもするように、自身が理解できているのかも分からない質問を次々に浴びせかける。そして、国民の不安を煽り立てるように何十倍にもして報道する。連日の専門学者や政府の説明を聞いていても、落ち着いて対応していれば慌てふためく状況でもないと思われるのに、無闇に恐怖心を煽る。報道は海外にも及び、救援団を派遣してくれる国があると当時に、タイのように日本産品の放射能汚染を懸念し、検査態勢を検討しようとする国まで表れる始末だ。日本のメディアは、数年前、教育問題を取り上げたとき、学校を、教師をサンドバッグ宜しく袋だたきにした時のような様相を呈している。》

 《詳しい報道が必要なことまで否定しないが、この世の終わりでも来たかのように恐怖心を煽るような報道は避けることを望みたい。たまたま今日の朝刊に鎮静剤のような1文が載った。》

 『150ミリ・シーベルト以下、急性健康被害なし』
 以下、放射性物質の拡散をどう受け止めればいいのか。核燃料加工会社「JCO」の事故(99年)で被ばく作業員の治療に当たった前川和彦・東京大名誉教授(救急医学)の話。

 原発敷地内で1時間当り400ミリシーボルトという放射線量が観測されたのはゆゆしき事態だ。原爆を除き、これほど高い数値が国内で観測されたことはなく、世界的にもチェルノブイリ原発事故(86年)以来だ。国際原子力機関(IAEA)が出した放射線事故時の初期対応要員のガイドラインは「1時間当り100ミリシーボルト以上の区域には、救命もしくは事態を収束させる作業以外では入ってはいけない」と定めており、その基準を大幅に上回る。

 ただし、一連の事故で放出されたのは、核分裂生成物質(放射性物質)を含む気体で、核燃料そのものが爆発したわけではない。これらは風に乗って運ばれるが、遠方で観測されてもごく微量のため、健康に影響を与える可能性は低いと思われる。被ばく線量が150ミリシーボルト以下なら急性の健康被害が出ることはなく、また、100ミリシーボルト以下なら、将来がんになるなどの長期的な影響もないと考えられている。

 避難や屋内退避の範囲は、ある程度、安全の幅を取って設定されている。30キロより遠い地域の人は特に対策をとる必要はないが、もし心配なら外出を控えることだ。屋内退避圏内やその近くにいて、自分が被ばくしたか心配な人もいるだろう。しかるべき場所でスクリーニング*を受ければ分かるが、そのためにわざわざ外に出るのは避けた方がいい。

  * スクリーニング(screening)・・被ばくしたかどうかを選別

 放射線は目に見えず、味がなく、触れることもできない。五感で感じられないため、不安に思うのは当然だ。しかし、過去の事例をみても、放射能に対する過剰な反応は、風評被害など大きな社会的影響を引き起こす。正しい理解のもとに冷静な判断をし、秩序ある行動をとってほしい、と。

|

« 東北関東大地震 | トップページ | 原発事故から見えるもの »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/51138031

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故報道:

« 東北関東大地震 | トップページ | 原発事故から見えるもの »