« エリザベス・テーラー死す | トップページ | 秋葉原無差別殺傷の加藤被告に死刑 »

2011年3月24日 (木)

原発事故報道 - 3 -

 風評が風評を呼び、浮き足立った都市圏住民が、スーパーにコンビニに狂奔している有様だ。ここにきて、ミネラル水がなければ乳児が飲んでも構わない、という水道水で溶いたミルクまでが危ない、と火に油を注ぎ、大きな団扇で風を送り不安をかき立てた。まるでメディアや都知事までもが流言蜚語を流しているようなものだ。原発直近で事故の収束のために命を賭して働いている関係者こそ被ばくは心配だが、下の資料で見る限り、何の心配も要らない一般都民や市民たちが、右往左往して慌てふためいている。見てみるがいい、ミネラルウォーターは最早どこに行っても手に入らないまでの狂気の沙汰だ。

 毎日新聞(3/24)から、
1_6Hibaku_8






 食品の暫定規制値をヨーロッパやアメリカと比べてみればいい。ヨウ素に関してアメリカは異常に厳しいが、ヨローッパの規制値と比べても日本が甘いというものではない。また、身体に影響する被ばく量の目安では、大騒ぎしているホウレンソウなど本当に微々たるものだ。どれだけ食べても何の影響もないほどだ。これは他の野菜とておなじことだ。

 現地の生産者からは、返品される野菜の山を眺め、「何のために育てているのか」と落胆を隠さない。それに、早速東京都の金町浄水場の検体からは、規制値を下回ったからと「安全」の旗が振られた。これほど付和雷同する消費者を惑わす報道を流して何とするのか。

 海外旅行以外は飲むことのないミネラル水は、関東圏に住んでいる我が家には1本の買い置きもないし、これからも買う予定はない。もう半世紀近く飲んでいる水道水で十分だ。

|

« エリザベス・テーラー死す | トップページ | 秋葉原無差別殺傷の加藤被告に死刑 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/51206296

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故報道 - 3 -:

« エリザベス・テーラー死す | トップページ | 秋葉原無差別殺傷の加藤被告に死刑 »