« 国民年金第3号、救済策は不公平 | トップページ | 南極海での調査捕鯨中止 »

2011年2月19日 (土)

桐生いじめ訴訟、「自殺の要因さまざま」

 毎日新聞(2/19)から、
 群馬県桐生市で昨年10月に自殺した市立新里東小6年、女子生徒(12)の両親が「担任教師らがいじめを放置したためだ」として、市と県に計3200万円の賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が18日、前橋地裁(西口元裁判長)であった。市と県は「いじめの結果、自殺したとは即断できない」などとして請求棄却を求めた。

《昨年のブログでこの問題を取り上げ、 「群馬小6自殺、両親が県と市を提訴」と題して、本当に訴えなければならないのはいじめた張本人たちと、その両親,保護者たちであることを書いた。》

 市側は答弁書で「自殺にはさまざまな要因があり、原因や経過の究明には相応の時間がかかる」と指摘、いじめと自殺の因果関係を争う姿勢を示した。また、具体的ないじめの内容を明らかにするよう両親側に求めた。

 一方で市側の弁護士は閉廷後、市の第三者委員会が3月末までに出す調査結果で因果関係を認めた場合、訴訟の対応も変わり得ることを示唆した。

《ただ、いじめと自殺に因果関係があったとしても、裁かれなければならないのは市でも県でもない。あくまでも直接的にはいじめ行為を実行した人間たちと、その子どもたちの管理監督責任者の両親、保護者なのだ。この責任の所在を明確化しないと、いつまで経ってもいじめがなくなることは期待できない。》

|

« 国民年金第3号、救済策は不公平 | トップページ | 南極海での調査捕鯨中止 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/50916281

この記事へのトラックバック一覧です: 桐生いじめ訴訟、「自殺の要因さまざま」:

« 国民年金第3号、救済策は不公平 | トップページ | 南極海での調査捕鯨中止 »