« 企業が新卒者に求める資質 | トップページ | 飼い犬に免許制導入(スイス) »

2011年1月 8日 (土)

「中国」親元訪問を義務化

 毎日新聞(1/8)から、 《 》内は私見。
 「一人っ子」政策によって急速な高齢化が進む中国で、《記事(北京・浦松丈二)の表現は変だ,「一人っ子」が原因で高齢化が進んでいるような文章だ。》高齢の親と別居する子どもに対して、日常的に親元を訪問することが法律で義務づけられる見込みになった。5日付けの中国各紙が、所管する民政省幹部の話として伝えた。

 中国では96年に施行された「高齢者権益保障法」の改正作業が進められており、民政省がまとめた改正案が近く全国人民代表大会(国会)に提案される見通しだ。

 改正案では、高齢者の「精神慰謝」という1章が追加され、そこに「高齢者と別居している扶養者は日常的に高齢者を訪れなければならない」と規定されている。「日常的」の定義や頻度などは実施細則で定める方向だ。

 義務化する背景には、1人暮しなどで孤立する高齢者の急増がある。中国で同法の対象となる60歳以上人口は約1億6700万人。うち半数以上が子どもと別居している。

 親孝行は中国で最も尊重される道徳の一つ。だが、双方の親4人を扶養する「一人っ子」夫婦にとっては、遠い親元を頻繁に訪れることが難しいという事情もある。しかし、法律改正が実現した場合、違反した子どもたちを親が訴えることも可能になるという。

《中国の夫婦が親と離れる距離は日本の何倍も遠いだろと想像できる。日本のような小さな国でさえ家庭を持てば盆、正月ぐらいしか親元に戻らないのが当たり前のようになった。まして、広大な土地を持つ中国の生活だ。これを法律で日常的に子は親元に戻れ、ということだ。日常の規定はこれからということだが、孫のお年玉や小遣い目当ての顔見せではとても足りる頻度ではないだろう。》

《最も尊重される道徳の親孝行は、ひとり中国だけのものではなかった。現在、しばしば取り上げられる二宮(金次郎)尊徳は戦前の日本人には親孝行の鑑(かがみ)として小学生でも知る人物だった。しかし、教育勅語でも、『爾(なんじ)臣民父母ニ孝ニ兄弟(けいてい)ニ友(ゆう)ニ・・・』と真っ先に親への孝行を説いていたが、勅語全体の皇国史観、天皇中心の国体思想が敗戦を境に否定され、その考えにつられるように尊徳の親孝行の道徳の精神も次第に忘れられていった。》

《その結果はどうなっただろうか。家族に看取られずにひっそりと死ぬ親が増え、身元が判明しても子は遺骨や位牌の引き取りを拒否し、親は無縁仏同様になり果てる。酷い例では漬け物樽に入れた親の遺骨を寺に運び、後で取りにくると言ったきり、梨の礫の遺族までおり、寺が引き取って供養してやがては土に帰すこととなる。》

《中国の法制化は、家庭や家族を考える上で日本でも参考になることが多いのではないだろうか。》

|

« 企業が新卒者に求める資質 | トップページ | 飼い犬に免許制導入(スイス) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「中国」親元訪問を義務化:

« 企業が新卒者に求める資質 | トップページ | 飼い犬に免許制導入(スイス) »