« 携帯フィルタリング 警察庁が覆面調査 | トップページ | 硫黄島遺骨収集 »

2010年12月16日 (木)

バカ親がやりそうなことだ

 毎日新聞(12/16)から、
 大阪府の事業で、グラウンドを全面芝生にした岸和田市松原町の市立春木中学校(高天裕博校長)で、野球部やソフトボール部の生徒の保護者が学校の許可なく芝生の一部を剥がしたことがわかった。

 保護者は「でこぼこがあり練習ができない」と抗議をしていたという。学校は「住民からの寄付も受けて芝生化した。保護者側に復旧を求める」としている。

 春木中は昨年6月、グラウンド9000平方メートルを全面芝生にした。今年11月5日、野球部の生徒の保護者から「自然に剥がれたりしてでこぼこしており、練習しやすいようすべて剥がしてほしい」と講義を受け、同12日の話し合いで「学校としてできることはやるが、芝生は剥がせない」と説明。同27日に学校側が費用を負担し、土砂を16トン購入して整備した。

 しかし、保護者から「今月4日にグラウンドを整備する。更に土を用意してほしい」と要求を受け、18トンを追加購入。4日朝に野球部やソフトボール部の生徒保護者数十人が訪れ、パワーショベルなどを使って両部が練習で使っている3000平方メートル分の芝生を剥がしたという。

 グラウンドの芝生化は府の補助金300万円の他、地域住民からの寄付約500万円で賄っており、元の状態に戻すよう保護者側に弁護士を通じて通告する方針。被害者届けの提出などは見送るという。高間校長は「なぜこんなことをするのか分からない。地域の方や他の生徒にも申し訳ない」と話した。

《とかくスポーツに熱を上げる生徒たちは、運動場が生徒全員のものであることを失念し、スポーツに優先権でもあるかのように思い勝ちで、その生徒の保護者たちも子ども同様に熱中しやすい。たしかに、冷静に周りを見る目もない保護者にしてみれば、わが子が名が知られる選手にでも成長してくれれば、金のなる木を手にした気分にもなれるのだろう。後先も考えることもできず、わが子可愛さに目がくらみ、迷惑をこうむる人がいることに配慮できず、我が侭勝手な行動をすることになる。それにしても、よくもまあここまで親ばかちゃんりんになれるものだ。》

|

« 携帯フィルタリング 警察庁が覆面調査 | トップページ | 硫黄島遺骨収集 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/50318174

この記事へのトラックバック一覧です: バカ親がやりそうなことだ:

« 携帯フィルタリング 警察庁が覆面調査 | トップページ | 硫黄島遺骨収集 »