« 日本の「草食系」よりも、中国人学生を | トップページ | 携帯フィルタリング 警察庁が覆面調査 »

2010年12月14日 (火)

窃盗癖、背景に過食症

 毎日新聞(12/14)から、
 今日は、徒党を組んだ47人の浪人たちが、吉良邸で上野(こうずけ)を殺してから307年目に当たる。人よんで「赤穂浪士の仇討ち」という。

 《タイトルから気になることが連想される。これから女性の窃盗の言い訳は、「盗人(ぬすっと)にも三分の理」から「病気のせい」として同情的に大目に見られるケースが増えていくことだろう。横文字をカタカナでクレプトマニアという病名まで準備されている。》

 衝動的な万引き行為をやめられない「窃盗癖」(クレプトマニア)と過食症との関係が注目されている。アルコール依存症などを専門に治療する精神科病院「赤城高原ホスピタル」(群馬県渋川市)の調査では、窃盗癖で受診した女性の7割以上が過食症などの摂食障害だった。ホスピタルの竹村道夫院長は「万引きは犯罪に違いないが、こうしたケースでは再犯を防ぐための治療が必要だ」と話している。

 【クレプトマニア】kleptomania
 米国の精神医学会が定めたガイドラインで「他のどこにも分類されない衝動制禦の障害」の章に分類されている疾患。診断基準として「物を盗もうとする衝動に抵抗できなくなることが繰り返される」「窃盗直前の緊張の高まり」「窃盗を犯すときの快感、満足、開放感」など5項目が挙げられている。日本では、「窃盗癖」と訳されるが、金銭目的の単純な常習犯窃盗と区別するため「病的な窃盗癖」と訳すべきだとの考えもある。

 竹村院長らが08年1月〜09年7月にホスピタルと東京都内にある関連の精神科クリニックで診察した窃盗癖のある男女132人を調査したところ、女性92人のうち68人(74%)が摂食障害を患っていた。男性患者で同様のケースは40人中4人(10%)で、女性に顕著な傾向だった。

《昔は女性の窃盗はだいたいが、生理の周期で見られていたものだったが、大変だ。遂に痩せたい癒せたいの流行に乗って好きで勝手に始めた結果の摂食症(過食。拒食)も精神疾患だ。その上にクレプトマニアだって。二重の精神疾患だ、それはそれは女性の方々の窃盗は大目に見てあげなきゃね。》

 神奈川県の女性(21)は高校3年の時、ダイエット感覚で食事制限を始め、拒食症に。大学入学後、飲み会が続き「会費を払っているのにもったいない」と考えているうちに逆に過食症になった。

《欲の皮の打算に釣られた行動が左右する典型的な「皆が、皆が」の付和雷同型日本人だ。》

 食費に困り、スーパーの試食品を大量に食べて紛らわしたが、店員や他の客から白い目で見られていることに気付き、万引きに走った。「食べたい衝動だけが頭を支配して、お金を払うという考えがなくなった。いつも吐いてから我に返るが、繰り返してしまう」という。逮捕は3回。現在、大学を休学して治療に専念している。

《こんなの病気じゃない。同情することでもない、社会性、単なるモラルの欠除だ。》

 関東地方のパートの女性(42)は2人目の子どもを妊娠した29歳の時、ストレスから過食して吐くようになった。節約のために食品を万引きするようになったが、洋服や雑貨まで盗むようになった。「買い物袋がいっぱいになるほど盗まないと機がすまなくなっていた。万引きするときは、いつも意識が飛んでいた」。3度目の刑事裁判で実刑判決を受け、1年間服役。出所後、夫や2人の子どもと別居した。「二度としないと決意しても万引きをやめられなかった。服役までしたのに、今もまたやってしまわないか不安にさいなまれている」という。

 女たちは、入院して医師のカウンセリングを受けたり、患者同士で生い立ちや経験を告白する治療を続けているが、専門的な治療ができる医療機関はほとんどないという。

 治療を受けストレスから解放された結果、窃盗癖や過食症が治ったケースもあるといい、竹村院長は「刑務所より病院で適切な治療を行なう方が有効なケースもある」と話している。

《刑務所と病院、その振り分けの基準はどうする、同情だけではモラルの欠除を補うことはできないだろうに。》

|

« 日本の「草食系」よりも、中国人学生を | トップページ | 携帯フィルタリング 警察庁が覆面調査 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/50300206

この記事へのトラックバック一覧です: 窃盗癖、背景に過食症:

» 過食症の治し方 [治す方法!悩まず今すぐ!]
過食症の治し方について書いてみました。よかったら見てください。 [続きを読む]

受信: 2010年12月18日 (土) 13時11分

» 拒食症は改善できます! [拒食症改善プログラム]
重度の拒食症だった私が完治し、その後25年間一度も再発しなかったという”拒食症改善プログラム”があるとしたら、あなたも試してみたいと思いませんか? [続きを読む]

受信: 2011年1月 6日 (木) 12時25分

« 日本の「草食系」よりも、中国人学生を | トップページ | 携帯フィルタリング 警察庁が覆面調査 »