« 09年度公立校教員 希望降任223人 | トップページ | 公立校の不適切な授業はなぜ多発 »

2010年11月12日 (金)

医療事故報道に相次ぐ抗議

 毎日新聞(11/12)「くらしの明日」から、
 執筆は埼玉県済生会栗橋病院副院長:本田 宏

 先月15日「臨床試験中の癌治療ワクチン『患者が出血』伝えず、東大医科研、提供先に」という見出しが朝日新聞の朝刊1面を飾った。東京大医科研究所が開発したがんペプチドワクチンの臨床試験中に、被験者に起きた消化管出血が「重篤な有害事象」と院内で報告されたのに、医科研が同種のペプチドを提供する他の病院に知らせず、厚生労働省が調査中であるという内容だった。

 即日、医科研は記者会見を開き、医科研病院のホームページにこの問題の「説明文」を掲載した。その後、各方面から声明や意見が相次ぎ、現状では医科研の対応に問題ありとの指摘は影を潜めた。

 あまりにも衝撃的な見出しに驚いた私《筆者》だったが、その後の動きを見て救われた。それは当該の記事に対して、さまざまな立場の方から数多くの意見表明が、文書や記者会見、ブログなどで次々と迅速に繰り出されたからである。

 医療者側では、22日に日本癌学会と日本がん免疫学会理事長が共同で抗議声明を発表した。27日には医師35人が発起人となって「医療報道を考える臨床医の会」を発足し、報道に抗議する署名活動を開始。その後も日本医学会会長の高久史麿氏が両学会の声明を支持し、東京保険医協会や、全国医学部長病院長会議会長の黒岩義之氏らが抗議するなど、善処を求める意見が次々と表明された。

 今回は、これに患者側の動きが加わった。記事掲載の翌日に卵巣がん体験者の会「スマイリー」代表の片木美穂氏が、臨床試験自体が影響を受けて、患者への薬の使用が遅れる「ドラッグラグ」の二の舞にならぬよう報道のあり方に疑問を呈した。20日にはがん患者41団体が「がん臨床研究の適切な推進に関する声明文」を公表し、厚労省内で記者会見した。

 まさに隔世の感だ。過去にも医療事故報道は、初期の段階から「医療過誤」や「隠ぺい」が行なわれているような表現が多く、治療の一番のパートナーである患者と医療者間の溝を深くした歴史があるからだ。だが今回は違う。大手メディアの報道に対して、医療者のみでなく患者側からも迅速に声があがったことは特筆に値する出来事だった。

 医療同様、報道にも不確実性がある。万一今回の報道に問題があるのなら、報道機関は自律的な真相解明を急ぐべきだ。超高齢社会を目前に、日本では医療費や医師等のスタッフ数が先進国最低にある。メディアは社会の木鐸*(ぼくたく)であり、医療者や市民と一緒になって医療体制整備を可能とするような建設的な情報発信をこころから希望したい。

《 *‥‥木鐸・・木製の舌のある鈴。中国で法令などを人民に示すとき鳴らしたもの。
  → <論語> 世人を覚醒させ、教え導く人。 (広辞苑) 》

〖臨床試験での患者の出血を巡る問題〗
 東京大医科学研究所で08年、がんワクチンの臨床試験中に膵臓がん患者の消化管から出血。医科研は「重篤な有害事象」としたが、他の医療機関に伝えなかった。その理由について「単独の医療機関の試験に報告義務はない。以前の別の研究でも同様の症例があり、情報は既に共有されている」と説明している。

《私は本田のようにメディアを社会の水先案内人とは思っていない。先頭切って戦争を讃歌し、日本人民を第2次世界大戦に引っ張り込み、敗戦の憂き目を見させたことに対する総括もしないままだ。その彼らに何事も何ものも教え導く資格などない。以前取り上げたが、朝日新聞社が数寄屋橋にあったころ、印刷インクの真黒な工場廃液を数寄屋川に垂れ流していた。折しも環境問題がかしましく取り上げられ、他社は先行して紙面を飾っていたころだ。朝日は社屋を築地に移転することが決まっていたが、当時の河川汚濁の元凶が、他企業の汚濁を暴くことも出来ず、タイミングを築地移転においていた。移転が完了するや否やそれまでの自社の公害には頬かむりを決め込み、環境問題を大々的に取り上げ、遅れを取り戻すべく書きまくった。また、教育問題でも同様だった。学校を、教師を血祭りに上げることに心血を注いだとしか思えないほどに、攻撃を続けた。医療現場のことを顧みることもなく救急搬送を「たらい回し」と揶揄し、医療への信頼を奪い去った。今回の記事も、そのような調子に乗っただけのものだろう。》

|

« 09年度公立校教員 希望降任223人 | トップページ | 公立校の不適切な授業はなぜ多発 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107998/50009147

この記事へのトラックバック一覧です: 医療事故報道に相次ぐ抗議:

« 09年度公立校教員 希望降任223人 | トップページ | 公立校の不適切な授業はなぜ多発 »